こむぎちゃん、ご縁解消〜猫と、どんな暮らしがしたいか

猫友さんが保護し、私が代理募集していたこむぎちゃん

約8ヶ月、保護生活を送った後、お問い合わせを頂き、5月3日にトライアルを開始。
こむぎちゃん えぇ感じやん
5月27日に、ご縁を解消して、我が家へ迎えました。


こむぎちゃんの里親さんご一家は、本当によく頑張ってくれた。
その様子は、こむぎちゃんのお届け記事に書いた通り。


こむぎちゃんが毎夜、大きな声で夜鳴きをしても気になさらず、こむぎちゃんの気持ちを汲み取ろうと
努力してくれはった。

トイレ掃除等でケージを開けると、威嚇やキツイ猫パンチをお見舞いされても、怒ることはなかった。
なんしか、こむぎちゃんが嫌がること全てをせず、穏やかに優しく見守るのみ。
私からも、保護主さんからも、そうアドバイスを受け、言う通りにしてくれてはった。


一番上のお姉さんには、心を許すようになり、お姉さんが撮影した写真では、こむぎちゃんの穏やかな姿が見れた。
こむぎちゃん 初爆睡
すぐ下のお姉さんも、辛抱強くこむぎちゃんを観てくれはった。
しかし、下のお姉さんと一番下の弟くんには、全く慣れないどころか、近寄れない状況のまま。


慣れてくれるまで頑張ろう!!という気持ちと、思い描いていた猫との暮らしと違う…と
落胆する気持ちの、せめぎ合い。

頂く近況報告の様子から、時間はもう少しかかるけど、必ず慣れてくれると確信していましたが
結局は「お返ししたい」となりました。




里親さんは、子供達みんなでお世話をして、猫ちゃん中心でなごんでいるという暮らしを望んではった。
こむぎちゃんに慣れたお姉さんだけがお世話をして、構ってというのは、飼う目的が違ったのだ。

猫カフェのように、みんなが触れて家族みんなが癒される猫ちゃんをと考えてはったのでした。

そうわかった以上、もう頑張ってもらう必要はない。速攻迎えに行きました。




意外にもこむぎちゃんは、安心しきった表情で寝ていた。

ホッとした様子のお母さん、憮然とした表情の長女さん、遠巻きに観ている下のお子さん達。
残念やね。 もう少し時間が経てば、きっと様子は変わったろう。でも仕方ない。

諦めるかどうか決めるのは私でなく、こむぎちゃんでもなく、里親さんなのだ。


2回お見合いをして、家族で色々話し合い、他の猫さんも観に行って、でもやっぱりこむぎちゃんが可愛い
家族として迎えたい・頑張ろう!と、思って下さった里親さんでした。

こむぎちゃんをキライになる前に、猫との暮らしに幻滅しない為に、引き取りました。
どうかまた、これに懲りず、家族の一員となる猫さんを探して欲しい。心底、そう思いました。
それぐらい頑張ってくれはった。


特に、長女さん。
こむぎちゃんを手放すのは、どんなに辛かったか。
愛情と責任を持って、大切に向い合ってくれてことは、こむぎちゃんの良い財産になった筈。
どうか近い将来、自分の思う通りの飼育環境・飼育意識で、猫と暮らせるよう、おばちゃんは祈ってるよ…。



猫とどんな暮らしがしたいか。
望む暮らしが叶わないとわかった後、どう対応するのか。
そーゆーコトも、迎える前に・迎えてからも、よくよく考えて、猫との心豊かな暮らしを楽しんで欲しい。

全ての猫の心身の幸せを望んでいる保護主としては、心から、そう思います。



☆我が家に来てからのこむぎちゃんは「なんやねん、ココ!どういうこっちゃワレ!!」な感じです。ゴメンやで〜☆

近況ご報告〜ラスクくん 8歳になりました

ラスクくんの里親さんから「ラスクくん、8歳になりました」と近況ご報告を頂きました。


さ〜では、可愛い可愛いラスクくんを、ご覧頂きましょう!!

おぉ…相変わらず、王子様然としておるね。
ラスクくん レースの王子様
前々から思ってたんやけど、お顔可愛いな〜!!!


こんな真剣に見つめられたら、たまりまへんな…。
ラスクくん どっか行くの?
キュッと結んだお口の何と可愛いことか…。


最近、カーペットの下に潜り込む遊びを覚えてしまったそうな。
ラスクくん カーペットが秘密基地

ラスクくん 隠れ場所は沢山ある
隠れ場所の開拓は、飼い猫のお仕事のひとつやもんな。


ウトウトしてる様子を観てると、こちらまでほっこりしますな。
ラスクくん そろそろ膝に乗る

ラスクくん アゴ乗せバッチリ


もちろん、起きてる時も可愛いですよ!
ラスクくん 先に寝るよ

ラスクくん そろそろ寝ようよ


ふとしたしぐさに、子猫時代を感じますわー。
ラスクくん 一緒に遊びたい


ラスクくん、8歳おめでとう。これからも里親さんと、楽しくゴキゲンで過ごしてな。
ラスクくん 良い朝だよ
ほんでまた、可愛い様子を教えてね〜!!!



☆とても8歳とは思えない可愛らしさのラスクくん。兄猫ダジャンくんは大人っぽくて子猫の雰囲気あまりないです☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
ウチは今、猫ベッドの取り合い合戦が勃発してます。なぜみな同じベッドで寝たがる?

近況ご報告〜ひのき&ラウム、ケヤキ&トニー

ひのき君&ラウム君ケヤキ君&トニー君の近況ご報告です♪

本当は5月最初に頂いてたのです。めっさ遅くなって、ゴメンやっしゃ!!


ケヤキ君と、ひのき君「おばちゃん、オレらの報告やっとすんのかいな」
ケヤキくんとひのきくん 兄弟揃い踏み
ゴメンゴメン、堪忍してな! 両手を伸ばしてるのがケヤキ君、箱座りしてるのがひのき君です。
美男子兄弟やな〜!!


アンタ達、相変わらず仲良しね。
ひのきくん、ラウムくん、トニーくん 昼寝隊
ん? ひのき君だけ別んトコに居てるんか?

ひのき君「ボク、ココ。特等席やで」
ややこしいトコで寝る、ひのきくん
ソファーの背もたれですか。ややこしい…いやいや、猫はこーゆートコ好きですよね。

これは、トニー君とひのき君かな。…ケヤキ君かな?
ひのきくんとトニーくん くっつき寝

…これは、ケヤキ君やな! いや、ひのき君かも…ワカラン!!
ケヤキくん 寝起きドッキリ

ケヤキ君「おばちゃん、オレとひのきの区別つかへんの。ふーん」
ケヤキくん 柊そっくり
ムム! わかりますよ、たま〜に難しいだけやさかいに!!


しかし、ケヤキ君とウチの保護猫・柊くん、似てるわ〜。毛色が違うだけやな。
柊くん お役目に懸命
時期は違えど、保護場所は同じ。兄弟の可能性高いね。
柊もケヤキ君みたいに良縁掴もうな。



トニーくんの、この後ろ姿は、里親さんのお気に入りだそうな。
トニーくんの後ろ姿

もちろん、真正面からの姿も、可愛いよ!
トニーくん カメラにビックリ
トニー君が4匹のパイプ役になってるそうで、納得&安心。


これからも、里親さんご夫婦と楽しく面白く過ごしてや〜。


☆我が家で仲良く暮らしていた4匹が、これからも里親さんとずっと一緒に過ごせることが、本当に嬉しい。
里親さん、ホンマにおおきにです☆

        

近況ご報告〜フレアちゃん

自動車修理工のおっさん宅で産まれ育った、真っ黒子猫の兄弟妹のフレアちゃん。
可愛い様子をお知らせ頂きました〜♪

フレアちゃん「オヤツ、早く頂戴!!」
フレアちゃん オヤツちょうだい
ツヤツヤ真っ黒の毛並みに、緑の瞳、白いヒゲと歯、赤い舌がほんのちょっと見えて、何て可愛いのでしょうか!!!

そらーこんな美しい猫に催促されたら、素早くお出ししまんがな。な!


送って頂いた写真は、どれもこれも、我が家に居た頃とは全く違う表情。
フレアちゃん 寝るわよ
出勤する里親さんを「仕事なんか行かんとアタシと寝てたらえーのに」顔で、お布団から見送ってるような。


この、意志の強い姿勢と眼力。美しい…!
フレアちゃん アピール中
アタシの言いたい事、わかってるでしょ?とでも、言ってそうな。


かと思えば、この儚げな様子。
フレアちゃん 集中して寝る
絶対、里親さん「…守ってあげたい!!!」とか、思ってるはず。
ワタクシめは、キュンとしました。ハイ。


こーゆー態度悪めの表情も、ステキ。
フレアちゃん 充電終了してます
里親さんが全てを受け入れてくれているのを、完全に理解してますな。




里親さんは、今年のGWに、フレアちゃんを連れて帰省されました。
もちろん迷子札付きの首輪を装着、道中もしっかりと気を配り、万全の体制を準備済み。
フレアちゃん 迷子札装着姿
よう似合てますわ〜。美人さん!!


今はともかく、いずれ親御さんの介護等で実家へ戻るかも知れない。
自分が仕事を辞めることも、あるかも知れない。
なんしか、今後の人生を歩む上で、フレアちゃんは大事な家族で、ずっと一緒になのだ。
その為に、移動や実家にも慣れてもらうことにしたのでした。

年いってからぶっつけ本番で望むのではなく、若い内から経験を積めば、負担は軽くなるはず。
そう決心してトライされました。



無事、一緒の帰省を体験出来、里親さんの実家やご家族・妹さんの猫さんとも対面出来ましたとご報告頂きました。
フレアちゃん まずは隠れてみた
まずは隠れてみたフレアちゃん。 観察しやすい場所取り確保やね。

フレアちゃん イタズラ発覚後
君、食べ物物色したらしいな…お里が知れるやないの!

里親さんの実家では、隠れて引きこもるかと思いきや、意外にもリラックスし、あまつさえイタズラまで。

初めて行ったお家が、里親さんの実家やと、すぐわかったからだろうな。
だから、すぐリラックス出来て、里親さんのご家族や猫さんとケンカもなく、穏やかに過ごせたんだろう。


フレアちゃん 2段ベッドで先輩と
猫の観察眼は、人が思ってるよりスゴイ。瞬時にわかることもあれば、観察を続けて理解することも多い。
もっと人は、猫に甘えてえーんかも知れんね。





そういえば、フレアちゃんの里親さんは「もう自分なんて、この世からいなくてもいいのかも」と
思ったことがあったらしい。

そんなこと考えちゃイケナイ! 
じゃあ、どうする?となった時、ペットが居れば「自分が死んだら、この子どうなるの?」と思うだろうから
ペットを迎えようと思ったそうな。

いや〜その話を聞いた時、私ゃビックリしましたわ。

自分の弱さを責めたり、何かにすがったり、八つ当たりしたりせず、か弱い存在を守るという方法を
見いだして、本当に猫を迎えはったんやもん。

どうりで、お問い合わせの時、静かで熱い意志を感じたワケだ〜。


フレアちゃん、ありがとうね。フっちゃんは知らず知らず、里親さんの命を救ってたんやな。おおきにな。

フレアちゃん「感謝してくれてえぇで。なんや知らんけど」
フレアちゃん 冷たかったわ
知らんのかーい!!  そら知らんわな。 それがまたヨロシイな。うんうん!


猫を幸せにするつもりで、実は人が幸せにしてもらってる。
そんなモンですな。 せいぜい猫さんに、恩返しせなーね。

おおきに、おおきにやで、猫の皆さん。これからもヨロシクやで。



☆しっかりした里親さんに迎えてもらって良かったね。生涯、相棒として楽しく暮らしてや☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ようこそ我が家へ〜おーちゃん&トラくん

4月25日。
勤務しているガソリンスタンドに併設している計量証明所で、本日の集計をしていると
近所の市営住宅に住むHくんが来た。

Hくんは、2010年に発覚した、多頭飼い崩壊した市営住宅の住人で、猫達の飼い主だ。
Hくん宅の猫達
同じ市営住宅に住むオバアはんから「メス同士やから増えへん」と、産まれた子猫2匹を押し付けられたのが
きっかけで(子猫はオスとメスだった)、多頭飼い崩壊に至った。

それまで動物を飼ったことはなく、猫の飼い方どころかトイレが必要な事も知らなかったHくん。
オバアはんに教えを乞いに行ったところ「知るか!!」と、一蹴された。
Hくん宅の猫2
社会に上手く適応出来ずに生活をしていたのも相まって、誰にも相談出来ずに、増えて行く猫達と荒れて行く部屋に
なす術もなく、呆然とするのみだった。


発覚後、市内の不妊手術を推進する会の協力を得て、全頭の不妊手術を行い、私達夫婦が8匹を引き取り
里親募集をすることに。
イチコ&ニキ
川西へ2匹一緒にお嫁入りした、イチコちゃんとニキちゃん。

サツキ
ミキ
大阪淀川区に一緒に嫁いだ、ミキちゃん&サツキちゃん。

8匹中、4匹が良縁に恵まれ、3匹は我が家で看取り、1匹は現在も我が家で良縁待ち。
私が里親募集に励んでいる間、ウチの旦那さんはHくんの生活のフォローをしていた。

当時、全くお金がなく健康状態も悪く、職もなかったHくん。
旦那さんがサポートして生活保護を受給する手続きをし、やっと生活を立て直すことが出来た。
そして今も、付き合いが続いている。 


現在も、15匹の猫と暮らしているHくん。
で、そのHくんが「今から、2匹連れて来ていいですか? いいですよね?」
そういえば、ウチの保護猫が嫁いだら、君ん家の猫さんを引き取るワ言うたな。よっしゃ、連れておいでやす!

ほどなくして、自転車で来たHくんの右腕には、若干小さめのキャリーがぶら下がっていた。

「ミチミチですわ」 え?コレに2匹はさすがに入らないでしょうに…。入ってたわ!!
トラ&おー ミッチミチ
しかも2匹共、ちょいポチャ体型やないか。

う! 持ってみたら重い!!!ようこんなん、自転車で片腕にぶら下げて来たな〜。
Hくんは、見た目ガテン系のガッシリした体型。これぐらい、軽々なんやな。


Hくんから、2匹の性格や日々の様子、健康状態を聞く。
聞いてないのに、Hくんが自身の近況も報告してくれるので、それも色々と聞く。おう、頑張っとるんやな。

今住んでる市営住宅は、家主が尼崎市からURに変わるので、引っ越さなければならない。
もう新しい住居も決まっていて、引っ越しの準備を進めている。もちろん次の住居もペット禁止。
とはいえ、置いていくワケには行かないので、みな連れて行くが、そんな事情なので我が家で引き取ることに。


ウチにこの2匹を引き上げることで、Hくん宅の猫数は、13匹になる。
猫の飼い方は教えて実践してるけど、Hくんには動物と暮らす楽しさを感じ取ろうとする気が、あまりない。
寄って来る猫は可愛がるけど、そうでない猫には、扱いがとても乱暴で雑だ。

そんな彼がよく言うのは「早よ死んだらえぇのに」「中々死によりませんわ」
こーゆー人に、猫を飼わせてはいけない。 さ、2匹共我が家においでよし。


キジ白の女の子、おーちゃん。
おーちゃん 初日
さっきから可愛い色っぽい声で鳴いてたのは、君やな。

キジトラの男の子、トラくん。
トラちゃん 初日
驚いた。 以前に同じ家から引き取って、我が家で看取ったネネくんにソックリやないか…。

ネネくん「オレとトラごときを、一緒にすなよ」
ネネくん 何か文句ある?
ふ、言うてくれんのー。


しかし似ている。兄弟で同じ環境で産まれ育ったので似てて当然やねんけど、ゾッとした。


トラくんもネネと同じく、てんかんの発作があったり神経が高ぶったりする質か?
ネネ 病院イヤっちゅとろぅが!!
明らかに異常と思えるのに、血液検査したら何の異常も出ず、FIPで亡くなったりするのか?

ヨキちゃんのように、何の兆候もなかったのに腎臓病にいつの間にかなってたりするのか?
ヨキちゃん お尻痛いの

ナツキちゃんのように、遺伝性の障害がある日突然発症するのか?
ナツキちゃん また写真?


いや。悪いことだけ考えたらアカン。
良縁を掴んで、今も幸せに元気で過ごしている子も居るやないか。


チャコちゃん お父さんはアタシのものよ
イチコは川西でチャコちゃんとなって、お父さんっ子になってる。

ワカメちゃん フミフミ
ニキちゃんはワカメちゃんと名を変えて、チャコちゃんと同じく、本来の甘えん坊ぶりを発揮出来ている。




正直、とても怖くて不安だ。
でもこの子達が産まれた時から受けるべきだった幸せを、今から少しでも感じさせてあげたい。
私達が出来るのは、きっとそれしかない。

ムギちゃん「前の家よりは、遥かにえーわな。ご飯もっと大盛りやったら尚更や」
ムギちゃん キリ!
例え短い生涯になろうと、人との、猫との暮らしが、楽しかったと思って欲しい。
旅立つ時に、心安らかであって欲しい。

保護した子達が、心身共に幸せを感じてくれるよう、全てを受け入れよう。それしかナイ!!!




怖くても不安でも、大丈夫。
今まで保護した子達が、一緒に暮らした子達が、私達夫婦を支えてくれる。教えてくれてるモン!


よ〜し、頑張るゾー!


早速、撫でられて喜ぶ2匹。
おーちゃんとトラくん 撫でられるの大好き!
目を細めて嬉しそう。 おーちゃんなんて、お尻上げちゃってるぞい!


これから我が家でアンタ達の魅力を、沢山観せておくれやす〜。



☆悪いことも念頭に置きながら、良いことも心に留め置いて、猫達の成長を見守ってくぞー!!!☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
ちゃんとしたキャリーバッグ、必要やな!
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる