猫との暮らしを楽しむ

一年前。エミーナちゃんに里親希望者さんが数名現れました。
エミーナ ご縁なかった
複数回、それぞれの方とやり取りをし、結局はご縁には繋がらず。しゃーないっすな。


その中でお一人、とても印象の良い方が居ました。

猫と暮らすことをずっとずっと切望してはって、やっと迎える準備が整い、ウキウキしてはるのが、お問い合わせのメールから、よ〜く伝わった。
誠実で明るい文章に、是非お会いしたいなぁ…と思いつつ、他の募集猫さんを迎えることにしましたと連絡を頂き
残念ながらも、このご家族に迎えられることになった保護猫さんと募集主さんに、祝福したのを覚えている。


なんと、その方から近況ご報告が届いたのです!!

あの時迎えた子猫ちゃんとの暮らしが一年経ったこと、念願の猫との暮らしを満喫していること
エミーナちゃんとはご縁がなかったけど、ずっとウチのブログを観て下さってエミーナを気にかけて下さっていること
そしてなんと! 拙ブログを参考にして迷い子猫さんを保護し、2匹目の子として迎えたことをお知らせしてくれはった。


コレって、中々無いことだっせ? 嬉しいな〜!
頂いたメールには、一年前に迎えた猫さんと、新たに迎えた子猫さんの可愛い写真が添付されていた。
飼い主さんの許可を頂いたので、ご紹介しまーす。 その可愛らしさにビックリ仰天必至間違いなしっすよ?お覚悟!



ルナちゃん…安心し切って寝てるのね。お股全開やん。おんにゃのこやのに!
ルナちゃん 安心しきってます
エミーナと同じく、飼い主さんには甘えるのに、お客さんが来はると隠れちゃうシャイっ子だそうな。たまらんね!


まあ! …な!   んて!!可愛いのでしょうか?
ルナちゃん 子猫感満載

ルナちゃん 構って欲しいな〜
ウチから里子に出たハンサムくんのような、優しく柔らかい印象やね〜。穏やかな性格がお顔やしぐさに出てますな。


そして、こちらの別嬪さんが、新しく家族になった「わさびちゃん」です!!
わさびちゃん 別嬪さん
オウノウ…なんて美しいサビ柄猫さんでしょうか…。
この写真でバタ…!と倒れた、全国のサビ柄猫ファンが多いことであろうよ。


3ヶ月前ぐらいにご自宅前でしきりに鳴いて寄って来たのが、わさびちゃん。
「2匹飼うことにずっと反対だった主人が不思議なことに、渋々ですが了承してくれて、本当にうまく事が運んだ感じで、新たに迎え入れることができました。新入り猫のアピールがきっと上手だったんだと思います」

ふむふむ、なるほど〜。そらーこんな可愛い子猫ちゃんが鳴いて寄って来たら、了承するよねー!!

本当は渋々やなかったんかもね。 内心「ハアん!!なんて可愛い子猫ちゃん!!!」と思ってはったかも知れん。
いや、きっとそうや。 今まで2匹以上飼うことをずっと禁じて来た手前、渋々な態度を取ったに違いない。
な〜んて可愛い旦那さまでしょうか! ウフフアハハ♪ 



保護された時は、横隔膜ヘルニアだったルナちゃん。
飼い主さんに迎えてもらえる頃には、健康で安定した状態だったそうな。
ルナちゃん&わさびちゃん ルナグルーミング

1人ぼっちになって、頑張って鳴いて助けを求めたわさびちゃん。
お姉さん猫にも恵まれ、心優しい飼い主さん一家でノビノビ過ごす様子は、関係のナイ私まで嬉しい。
ルナちゃん&わさびちゃん 一緒寝



私のヤタゲタなブログが、こうやって誰かのお役に立て、猫さんと飼い主さんが幸せに過ごしているなんて
ホンマに嬉しいことですわ〜。


しっかし、サビ柄のわさびちゃん、将来が楽しみでんな! 
黒猫のルナちゃんの甲斐甲斐しさは、飼い主さんゆずりだろうな。
猫と幸せに暮らす様子は、昨今の猫ブームと関係なく、広がって欲しいものよ…。




☆前にお問い合わせ下さって話が流れたものの、お付き合いしたかったな〜と思った方からのご連絡。いやもう嬉しかったですわー。おおきにです!!☆
ベルメゾンネット

しおちゃん 記憶鮮明

3ヶ月程前の話ですが、8月15日にしおちゃんの保護主さんと、猫友さんが遊びに来て下さいました。
お二人とも、しおちゃんがお嫁に行く前に会いに来てくれはったのです。


午前中にしおちゃんの保護主のYさんが、午後からミナミとドロシー&プレスの里親さんでもある猫友さんがお見え。
さて、しおちゃんの反応や如何に?

しおちゃん「アレ? お客さんってヨシオカさんなん?」
しおちゃん ひょっとしてヨシオカさん?
お、わかったかい? しおちゃんの保護主のヨシオカさんやで〜。


しおちゃん「あ、ヨシオカさんだー!いらっしゃい〜!!」
しおちゃん ヨシオカさんだー!!
しおちゃんは保護主のヨシオカさんが入ってくるなり、飛ぶように走って玄関に行き、熱烈歓迎。

しおちゃん 熱烈歓迎
ずっとヨシオカさんの周りをクルクル回ってスリスリ。 …この子、覚えてるんや。


しおちゃんの保護主のヨシオカさんは、私達にしおちゃんを託してからも、ずっと気にかけて下さり
しおちゃんの保護生活費に、保護猫さん達の病院代にと、お志を下さったり、良縁を願ってくれていた。
我が家にも数回遊びに来て下さった事があった。


前回来て頂いたのは、一年前だったか、今年の頭だったか…。何しか、随分前です。
なのに、しおちゃんはバッチリ覚えていて、ヨシオカさんヨシオカさーん♪と、寄って来てずっと離れない。

しおちゃん「覚えてるに決まってるやん」
しおちゃん 覚えてるに決まってるやん

ヨシオカさんがリビングに移動してからも、ずっと続く熱烈歓迎ぶり。
しおちゃん スリスリ止まらない

しおちゃん 撫でて撫でて〜

ヨシオカさん モテモテ
明らかに、他のお客さんとは対応が違う。 スゴいな〜…。


ふつう、数年暮らした猫さんでも、里親さんにお渡しした後は、私達保護主のことなんかケロっと忘れてしまう。
どんなに心通わせた子でも、久々に訪れると「 ! 誰? 知らんオバハンとオッサン来たぁ!!」と逃げたり
「誰か知らんけど、いらっしゃーい♪」と歓迎してくれつつも、思い出しはしない。



では、前に我が家に遊びに来てくれはった、里親さんでもある猫友さんには、どう反応する?しおちゃん!!

しおちゃん「あー、前にも遊びに来はったお姉さんやん。プレスちゃん元気?」
しおちゃん Fさんちゃう?
…ちょっとアンタ、態度違い過ぎやない? あっさりしたこと。 でも覚えてるんやね。

しおちゃん「あ〜気持ち良いー。ぷっちゃん、毎日こんな風に撫でてもらってるんやー」
Fさんに撫でてもらうしおちゃん
ホンマ、気持ち良さそう。 ワシも撫でてもらいたいぐらいやでー。


里親さんから、こんなステキグッズを頂きましたよ〜。
ペーパーホルダー 猫型
サウスちゃん、興味津々みたいやね。 コレね、トイレットペーパー入れとくんやって。いいねえ!!

こんなんも頂きました。
Fさんのお土産 マタタビとおもちゃ
みんな大好き、またたび!! と、ラックが大好きなレーザーポインターのオモチャ。


ウチではあまり買わない(買えないが正解)、美味しいカリカリ。
Fさんのお土産 美味しいカリカリ
たくさん、ありがとうございますー!!


さ、みんな。お礼に猫ハーレムを、おし!!!
モテモテのFさん 猫ハーレム
よしよし、えぇぞえぇぞ〜。


先日、しおちゃん・ニニちゃんの里親さんと動物病院でバッタリ会ったウチの旦那さん。
来て居たのはニニちゃん。 

良かった〜、もし来てたのがしおちゃんなら、絶対「あ、元お父ちゃんやん!」とか言われそう。
そしたらウチの旦那さん、泣いて帰ってきたやろうな。へっへっへ!


里子に出てから、私達保護主のことを覚えていたのは、めっちゃとしおちゃんだけやね。
そーゆー特異な子も居てるんやな〜。不思議なことですわ。



☆記憶鮮明なしおちゃんにビックリしつつも、本人はきっとフツーやし。と思ってそうな。
ちなみに、病院で会ったしおちゃん・ニニちゃんの里親さんから、その幸せな暮らしぶりを沢山聞かせて頂きました。
里親さんのイキイキとした様子が、またいと嬉し☆

フェリシモ「コレクション」

ペット食育士2級認定講座を受けてきました

11月1日、3日。 ペット食育士2級認定講座を受けてきました。

前に入門講座を受けたんですが、全く物足りん!
っちゅーか、2級を受けたくなるような内容でしてね。 う~ん、商売上手。

知りたいことがあって、教えてくれはる講座があって、受けられる日程がある。 よし!受けまひょ。



普段、家と職場の往復で、電車に乗ることが全くナイ私。
切符買うだけでモタモタ、電車内の他の乗客を観ては驚き、街並みを観てはホ~…の繰り返し。

世の女性はもう冬の装いで、年齢問わず、まつげは分厚いヒサシだ。タカラジェンヌか?!って感じですデ。
そんなに盛らんでえぇんちゃう?…なーんて思ってる内に会場到着。


ん?見たことがあるお顔の人が二人…あ!猫の手作りご飯で有名な人ちゃう? ブログ拝見したことあったわ!
わ〜有名人に会った気分♪


このお二人以外の受講生は、全員犬と暮らしてはる人達で、既に全員が手作り食を実践してはった。
「炊飯器で、おじや炊いちゃうの!」「ウチの子が病気で何を出しても食べてくれなくて…」
「年末の犬ちゃんのお節作りのイベントに参加するんです♪」「歯磨きは週に1回ぐらいですね〜」等々
手作り食のご苦労や楽しさを語ってはって、それもまた面白かったですな〜。


栄養素や犬・猫の食性の違い、欲求エネルギーの算出の仕方。どれも知りたかったことばかり。
一日に必要なエネルギー量=ご飯の量ね…。ターフちゃんなら210kcal、子猫のトニーなら294kcal。
里子に出たふうちゃんは体重6キロ。なら、一日に必要なフードは375.7kcalぐらいなのね。ふむふむ…。



特に、糖質についての話は、本当に面白かった!

私の妹は若い頃からポッチャリしてましてね。
それがこの一年ぐらいで、推定25キロ以上のダイエットに成功。

最初は栄養バランスの良い食事にし、ウォーキングやゆるランをしつつ、食べ順ダイエットも実践。
これで確か19キロ痩せてましたわ。 その後、糖質制限ダイエットをするも、むくみや体調不順が出て来た。

妹は今まで実践してきたダイエットをもう一度勉強し直し、今はMEC食を実践している。
これが効果を奏して、妹は体調が整い、健康的に痩せ始めた。 今はちょいポッチャリの私と同じぐらいの体型ですわ。

で、その妹が「面白いよ、読んでん」と貸してくれたのが、この本ですわ。

へー。わかりやすいね。でも絵ぇ雑やし、言葉遣いキレイとは言えんな。
はっ!! ぶれまくりの写真・ベッタベタの汚い関西弁、私の方がヒドいやん!すんまへん〜!

何しか、この本で糖質や栄養素のことを学んで、妹からも色々話を聞いて、興味はわいてたんですな。
でも、もひとつ納得出来ないというか、ワカラン感じやったんです。
それが、講座を受けて「はー、そうやったんか!」と、よーくわかりました。後は身につけなーね。

ガリ痩せの子にはタンパク質を摂取させるのが一番やけど、衰弱した子にはまず糖質・そしてタンパク質なのね。了解!
今までのお世話の仕方は、概ね合ってたんだ。
獣医さんのアドバイスを受けていたとはいえ、合ってて良かった。嬉しいな♪




猫のブリーダーしてはる方が居てはって、お家に居るニャンコちゃん全員の歯磨きを毎日してるんですって!
全員にキチンと歯磨きをするのに、6時間かかるそうな。50匹近く居てるそうで、色々スゴイな〜。

ウチで一番頭数が多かった時で、瞬間やけど61匹やったなぁ。あん時、自分は何で頑張れたんだろう?
おっと脱線。

そのブリーダーさんもペット食育指導士で、猫専門で講座をしてはるそうな。
しかも、尼崎のお隣の西宮。あら〜嬉しい♪
歯磨き講座も開催してはって、10月にあったんですって。いや〜受けたかったぁ。残念!


その方のブログが猫の手作りごはん、入門講座の受付もこちらから出来るようなので、興味が有る方どうぞ〜。
日曜開催嬉しいなあ。 あぁ!!今日、猫の健康管理セミナーをお昼過ぎからしてはる!!
うわ〜なんでチェックせんかった自分ー!! 次回の12月6日に用事なかったら行くぞー!



もう1人、猫の手作りご飯してはる人からも、色んな話をお聞き出来た。
この方も指導士さんでオレ飯〜手作りごはんというブログをしてはります。 そら詳しい筈ですわ。

細かく切って軽く茹でた具材を出汁に一晩漬けておくと、具材に出汁が染み込んでよく食べてくれることや
室内環境についてアドバイスくれはって、他にも動物病院との付き合い方等々、教えてくれはった。

今回の講師のこばやし先生とオレ飯の西山先生て、タイプが違うものの相当面白い方々でした。
なんちゅーか、コレするゾ!!と信念持ってはる人は強いなぁ。 と、思いましたわー。

私ももっとしっかりせなーね。って、毎度そない言うてる気がする…。
うどん屋の釜やあるまいし、湯だけ(言うだけ)やったらアカン! 頑張るゾー!!!



☆頭数多い我が家、手作り食メインは難しいので(特に財布が)トッピングやお汁を増やして行きますわ☆

ペット食育講座入門編を受講してきました

ペット食育入門講座を受講してきました。


ウチの保護猫のエミーナちゃんは、人の食べ物に興味津々で、日常的に「アタシも頂きますので」と
必ず私達が食べる時は、横に鎮座している。
エミーナちゃん 悪い顔
…なんちゅー悪い顔!


晩ご飯時は、来ない。
晩は、猫達の晩ご飯であるウェットフードを、満足するまで食べているので、私達の晩ご飯時は既に寝ている。

エミーナちゃん「ふう、お腹一杯。寝ようかな」
エミーナ 超可愛い!
…なんって、可愛いんでしょうか?!!!


朝はドライフードだけなので、私達の朝ご飯時は、それはもう大変。

特にシリアルで朝ご飯の時は、お皿に手を入れて自分の方へ引き寄せるわ、ヒドい時は、体を突っ込んで来る。
エミーナちゃん 悪い顔2
な…っんちゅー悪い顔!! 上のお腹一杯〜♪の写真の猫さんと同じ子だと思えないぐらい!!

私達はお皿を持ったまま、アッチ向きぃの、ソッチ向きぃの、エミーナの催促を交わしつつ食事している。



牛乳が大好きで、何としても頂こうと必死のパッチな様子は恐ろしい程。
幸い、牛乳を飲んでもお腹を壊さない体質なので、エミーナには牛乳をワケワケしている。

ラックくんも、かつてはエミーナと同じように、人の食べ物をくれくれ言うてたけど、最近は一切それはナイ。
ラックくん いやしぃコト卒業したもん
たまに「それ、美味しそうやん。頂戴や!」と催促される事はあるけど、基本的に猫用フードのみで落ち着いている。


エミーナが、牛乳だけでなく他の食べ物にも目をキラキラさせて「アタシの分もあるよね?!」と見つめてくるので
人の食べ物を猫に与えるのって、どこまでOKで、どこがアカンのか、知っときたい。そう思ったんですわ。


それと、ウチに来る保護猫は、状態が悪い子が多い。
多頭飼い崩壊現場から来た子や、雨に濡れて衰弱した子、何日も食べていなかった子も居る。
そういった子は、ウチで過ごして多少は良くなっても、持病があったり、ストレスで新たに良くない事が起こる。
そういったことに食べ物で良い影響があるなら、多少の改善が出来るかも知れない。

過剰グルーミングでハゲ散らかしているネネくんは、てんかん持ちでもある。
ネネくん 何か文句ある?
あいにく投薬を受け付けてくれず、もしフードで改善出来たらと、浅はかな期待もあった。



講師の先生がめっちゃ面白い人で、ズバズバ・サクサク話が進む。
テーマは「かんたん!愛犬・愛猫の手作りごはん」で、人が食を楽しむように、愛犬・愛猫も食を楽しんで
何でも食べられる、元気な子にしょーやないかという話。

フードに何を期待するかで、選んだらどうさ? ペットフードも手作り食も両方アリやん!
気負わず、おおらかに、でも「何か知らんけどアカン言われたから」と自分で考えもせずに選択肢を狭めたりせんと
動物のこと、フードのことをキチンと知って、ベースとなる体質をしっかり作って適応力を高めるのがベストちゃう?
そんな講座でした。


お話を進めつつ、先生が5キロのワンコさんが食べる一食分の手作り食を、目の前でサッサと作りはった。
あらかじめ刻んであった野菜4種と椎茸、鶏肉を煮て、最後にご飯を入れ、仕上げに白ごまを降り
ごま油をひとたらし。はい、出来上がりでーす。

教室には煮始めてすぐから、良い匂いが漂っていた。

「はい、みなさん一口どうぞ〜」 ちょうどデパートの試食みたいに、全員に配られた。美味し♪
塩やお醤油を入れたら、人も美味しく食べられますねと先生はおっしゃったけど、このままでも充分美味しい。


昔実家で犬を飼っていた頃、よくこんなん母が作ってたな〜。
美味しそうな匂いで、犬にあげる前に「味見したるからな」と一口食べた事があったっけ。



何だか思ってた以上に色々考えさせられ、思ってた以上に手作り食は簡単でとっつきやすいと感じましたわ。
しかし、入門編は掴みは楽しく面白いけど、もっと色々知りたい欲を思いっきり掻き立てられてましたな。
2級講座も受けたいけど、日程が合わんので参加は無理だな〜。残念!


もっと残念なのは、口内ケアーの講座も参加出来ないこと。
こちらでは、口内ケア教室も開催していて、口内細菌について勉強出来る。

口内炎・歯肉炎の猫は多い。ウチにも、口内に炎症がある子が多い。
自宅で出来るケアがあるなら身に付けたかったな。
口内ケア製品も取り扱ってはるので、いっぺん観てみようっと。



エミーナが頂戴頂戴言う食べ物で、大丈夫なモノは結構ある。
明日から、エミーナと相談しながらアレコレ一緒に食べてみよう。楽しみやな〜!
もちろん、人が食べるような味付けのんやなくって、猫が食べるのんを一緒に食べよっちゅーコトですんで。
ご安心下され〜。



☆ペットフードでも人の食べ物でも、楽しんで美味しく食べて、心身が健康になるのがえぇわいな☆
リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座
ほ〜、こーゆーのもあるのね!

愛する猫を守る

先日、子猫を保護・里親さんに無事お渡しされた、猫友のYさん。

そのYさんから、当ブログに鍵コメントを頂いたのですが、コメントの内容に感嘆しましてね。
許可を頂きましたので、ご紹介します。


こんにちは。私たちのこと載せてくださって感激です。

向こうのご家族が見えたときに赤ツナギさんから教えて頂いたことを少しでも伝えればと思い
「猫って不妊手術しないとすごい増えるの。野良猫は赤ちゃんのうちに死んじゃったり殺処分になったり。」
「でもあなたが子猫のお世話したいいうてくれて、この子猫ちゃんだけやなくてこの子が外でほったっらかしになってたら産まれてきたであろうこの子の子供も救ったようなもんやから猫一匹救ったやなくて25匹くらい救ったと思ってね。」

と言うと女の子の顔がパアッっと輝きました。

子猫はハルくんと名付けられ元気にやってるそうです。




Yさんご一家に、あけみといくこの里親さんが保護した子猫を連れてお見合いに行った時のこと。

世の中には、危険な外で生活する野良猫が多いことや、不妊手術を怠ったせいで産まれた子猫が
愛護センターへ連れていかれて殺処分される事が多いこと、無責任な飼い主や餌やりする人の多さを話した。

興味深く聞いてくれはったご一家は、その後色々と深く考え行動に移した。
そしてつい最近、保護した子猫を里親募集し、良縁をたぐり寄せた上に、新しく猫を迎えるご家族に
自分の言葉で、わかりやすくお伝えしてくれた。


これって、とても素晴らしいことで、出来そうで中々出来ないことだ。

Yさん宅にもお子さんが2人居てはって、感受性の強い成長期に動物を家族として迎える場面を経験したので
より相手さんに言葉が響いたのかも知れない。
タイミングも合ったんだろうけど、やっぱり小さい子供さんのうちから、こーゆー事を知ってもらわんとアカン。

愛情と責任がないと動物を守れないという正しい知識を持ってくれ、本当にありがとうございます。嬉しい!!




翻って、猫好きの大人はどうだろうか。
「可哀想だから」と餌だけあげて不妊手術をしないどころか、餌を地面に直置きして掃除もしない人が居る。
怪我をしたり病気になっても「飼い猫とちゃうし」と知らんぷり。
いよいよ状態が悪くなって見るのが辛くなってから「ボランティアさんやろ、何とかしたってーや」と丸投げ。


飼い猫を外にも出し、ご近所さん宅でトイレをしたり、花壇を荒らすわ、車におしっこをひっかけても
「それってウチの猫ちゃんやなくて野良猫ですわ。ウチの子がしたって証拠ナイやろ?」と開き直り。


子猫が産まれたら、最初は楽しく見守って大きくなり始めると「金かかるし邪魔や」と愛護センターへ行き
「家の近くで野良猫が産みよりましてん」と引き渡す。


地域猫活動という名目で、地域の野良猫を一斉に不妊手術するものの、以後全くケアもフォローもしない団体。


尼崎は野良猫の不妊手術に助成金が出ているが、その助成金を使って、どの地域がどれぐらい野良猫に不妊手術を行い
以後、地域の野良猫の数がどう変化したのかは、わからない。

前に愛護センターの職員さんに、地域ごとにその後の変化を定期的に報告する仕組みが必要やないかと尋ねると
「え?それって必要ありますか? もしするなら誰がそれをせなーアカンのですか?」とキョトンとされた。
直後、衛生課の課長さんにも同じ質問をしたら、5年計画なので時期が来たらお知らせするとおっしゃったけど
あれから何年経ったっけ? 




なんしか本当に猫を守りたいと思うなら、保護して飼い猫にするか、里親募集して責任持って良縁を結ぶしかない。
とはいえ、闇雲に保護を推奨するワケでは、もちろんナイですよ。

でもでもさ、猫が可愛いからって上に書いたような無責任なこと、せんとって欲しいですわ。
それって単に自己満足したくて猫をオモチャにしてるだけやん。


ホンマに猫が可愛くて守ってあげたいなら、2つしか方法はナイ。
保護するか、責任持って地域の方々に説明と報告キチンとしつつ活動する。
コレしかナイ。


コレが出来ひんと言うなら、アンタは単に可愛い猫をオモチャにしてるだけや。
もっと根性決めて、見捨てる覚悟つけるか、保護するか、責任持って地域猫活動したってやー。



私は、外暮らしの猫の面倒は一切見ない。見捨てる覚悟をつけた。
この子は何としても守ろう、そう思った子は迷わず保護して里親募集をする。そう決めた。

1人の人間が出来る事なんて、たかが知れてる。
私が出来ることを、出来る間だけでもやって行く。そう決めたんだもーん!


出来れば、Yさんのようにグットタイミングで、心に響くお話が出来たらなあ。
いやいや、欲張ってはイカン。自分の出来ることを一生懸命やっていこう。
それが愛する猫を守ることやもん。


☆Yさんのようなご一家が徐々にでも増えていきますように。
愛する猫をしっかり守っているYさん一家に拍手お願いしまっす☆

フェリシモ「コレクション」
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる