赤ツナギ宅の飼育環境

最近の拙ブログをご覧になった方から、我が家の保護方法について、ご指摘とアドバイスを頂きました。
保護してすぐ先住さん達と一緒にさせるのは、いかがなものかというご意見で、その他にも色々とご意見頂きました。
ありがとうございます。


そやね、我が家の飼育環境や保護の仕方等を、常にお知らせしとかな!!
沢山保護猫居るけど、ちゃんとしてんのかいなと思うよね。
特に、里親希望さんは、保護猫の飼育環境を知っておきたいとお思いの筈。

自分では「ちゃんとしてるもーん!」と思ってても、同じく保護・里親募集している人からみたら
「それ、アカンで!!」という事もあろう。
ホンマにちゃんとしていく為に、今後も是非、ご意見・アドバイス等、宜しくお願い申し上げます。



我が家の飼育環境ですが、当家はペット飼育可のマンションです。
人間は私と旦那さんの二人のみ。飼い猫は黒猫のロナと、ロナの娘猫の三毛猫のたぬ美ちゃんです。
飼い猫の ロナちゃん
飼い猫の たぬ美ちゃん

ブログタイトルの「ヨイチ」は、去年亡くなりました。
ヨイチと再会

「ブーケちゃん」「シロタン」も飼い猫でしたが、それぞれ亡くなっています。
ブーケ

シロタン おう呼んだか


里親募集中に亡くなった保護猫さん達は、我が家の飼い猫として看取った後、ヨイチ達と同じく
ずっと我が家に(お骨ですが)居ます。


保護猫の扱いですが、飼い猫と一緒です。
里親募集中の保護猫なので、距離を置く・飼い猫より扱いが下という事は、ありません。
一切が同じです。私達夫婦にとって、全員が大事な子達です。


トイレの数は19個です。そのうち、システムトイレが2個です。
リビングのトイレ
小部屋のトイレ
洗面所のトイレ
システムトイレはランニングコストが高くつくのですが、好む子(アキコちゃん、飼い猫ロナ)が居るので設置しています。

「猫の数に比べて、トイレ少ないやん!」と思われるでしょうが、これ以上置き場所が取れないのです。
私は日中仕事で留守にしてますが、旦那さんは在宅しています。
日中は旦那さんが猫達のお世話をしてますので、トイレの数も今のままで事足りてます。
写真には出ていませんが、4つあるケージ内にそれぞれトイレがあり、玄関にも1つあります。



次に保護以後について。 まずは子猫の保護の場合。

どの子も我が家に迎える時は、ノミ駆除薬のフロントラインスプレーを全身に噴霧し、動物病院へ。
多頭飼い崩壊現場からの子や、外に居た子にはノミが付いている事が多いので、病院へ入る前に手持ちの
ノミ駆除剤のフロントラインスプレーを使います。

かつてノミだらけの子猫レミちゃんを保護した時、そのまま病院へ行って院内をノミだらけにするという
ご迷惑をおかけしてしまった。
レミちゃん 我が家での初ご飯 完食
以後、自宅と私の職場には、いつでも使えるようにフロントラインスプレーを常備してます。


保護した時間帯によっては、すぐに動物病院に行けない場合もある。
その場合も、まずはノミ駆除。 沢山の猫が居る我が家にノミを持ち込まない為です。
ノミが蔓延したら、えらいこっちゃ!! フロントラインプラスを頭数分用意するだけでも、どえらい金額に。
触れない猫は2匹だけ(おまさちゃんとナツキちゃん)ですが、全員に投与すんの、大変でっせ。
なので、ノミ駆除は必須です。


保護当日から最低一ヶ月はケージで過ごしてもらいます。
食事量・水分摂取量・便の様子・落ち着き具合を観察しながら、治療が必要な子は治療を開始し
健康状態が良い子は、ワクチン接種やウイルス検査を行います。便検査も数回行っています。


基本的にワクチン接種の効果が出てくる、接種後2週間してから、ケージフリーです。
最近は接種前でも、日に数回ケージから出して、先住保護猫達と遊ばせています。
ノミ駆除がしっかり済んで、便検査に異常がない子に限ってます。




大人猫の場合は、フロントラインプラスが手元にあれば先に投与しますが、捕獲器で捕獲した場合や
パニックを起こしそうな子は、病院へ行って投与してもらいます。
子猫同様、ノミ駆除薬投与・健康診断&治療が必要な子は治療を、元気な様子の子はウイルス検査と
ワクチン接種、もしくは不妊手術をします。

健康状態や捕獲状況によって、ワクチン接種や不妊手術の時期は前後しますが、必ず受けさせます。
大人猫も病院が済んだら我が家に。もちろんケージで管理です。


新しい環境に知らんおっさんとおばはん(私達夫婦)、沢山の猫が居る我が家ですので、ケージという自分の居場所から
室内やおっさん&おばはん、猫達の様子を思う存分観てもらいます。
そうこうしている内に、私達夫婦や環境に慣れ、落ち着いてくれて、便や健康状態が良くなれば、ケージフリーです。

大人猫はおおむね1ヶ月ぐらい、ケージ生活です。
それぞれの猫さんの健康状態と性格によって、ケージフリーにする時期を考えます。
早くフリーになる子も入れば、ずっとケージもしくはケージをベースキャンプ的に使い
出たり入ったりを繰り返しながら、ケージフリーになる子も居ます。

ウチに来る大人猫は、ベースキャンプ的に使ってフリーになる子が多いです。
なんしか、猫達に負担がかからないよう、猫達が自分のペースで暮らせるように試行錯誤しています。

こんな感じの赤ツナギ家です。




最近はケージ暮らしの子猫達を出してる時間が、ちょっと長かったな…。

爪切って顔やお尻拭いたり、お薬あげたりして撫でてる内に私が先に寝てしまって、は!と飛び起きて
ケージインすることがしばしば。

「ケージから出すのが早すぎませんか。他の猫さんにノミや回虫、カンピロバクター菌がうつりますよ」と
ご意見頂きましたが、基本的にケージ暮らしをしています。
ケージ3つ
現在、リビングの3段ケージには、黒子猫のパッソ・ブーン・フレアちゃんが3匹一緒に居ます。
隣の2つの2段ケージには、エミーナとルシーダがそれぞれ居ます。
当初は一緒にしていたのですが、病状の変化・進行が違うので、別々にしています。

小さい部屋にも、リビングの3段ケージと同じものが1つあります。
こちらは扉を常に開けていて、大人猫達が思い思いに使っています。


最近のブログ写真をみれば、早々とケージから出して先住保護猫達と遊ばせているようですが、接触は短時間です。

日に2回程、ケージ掃除のついでに出して、先住保護猫達と遊ばせているので、完璧に隔離しているといえず
ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。


現状、ノミの発生・拡散はなく、他の保護猫達の便は異常ありません。
今後はより一層、ちゃんと管理し、お知らせするように致します。


どうぞ宜しくお願い致します。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる