C.O.N総会~期待の新会長

2月26日、尼崎市で活動している任意団体「ホームレス猫不妊運動ネットワーク」の定例総会がありました。

新しく組織を作り、会長はウチの旦那さんでなく、前から理事として参加していたS田さんが就任。
新しい会長さんは、今まで理事として大変有益な情報を提供してくれ、かつ模範的な地域活動をしている、とある町の町内会長さんだ。

ウチの旦那さんと初代会長さんは、副会長に。
他、会計さん、会計監査は今まで通りの方が各1人ずつ。書記が出来て2人、相談役1人、監事2人。
理事は、それぞれの地区代表・地区リーダーと書いてある。
へ~、そうなんだ。



しかし地区代表やリーダーとなってる方々を見ると、旦那さんが会長をしていた時にトラブルを起こした人が多い。
一般の人から野良猫に関する相談の電話もよくあったが、餌やりさんに対する相談は結構多かった。
それもC.O.Nの会員に対する苦情や申し立ては多かったのだ。

 ・深夜に自宅前で餌やりしている人に、どこの誰で何をしているのか問いただすと、不妊手術してるんです!猫にエサやるのがそんなに悪いことですか!!とヒステリーを起こされた。
 ・隣の棟に住むおばあさんが猫を増やしてノミ被害に遭って、C.O.Nの方に相談したが、頭数の半分ぐらいTNRが済んだ後、連絡を拒否されるようになって問題が解決出来ない。
 ・TNRには共感出来るし有難いが、餌やりの態度が横柄で活動を応援したい気持ちは消えた等々…
ちなみにこの3例は、旦那さん、時には私も一緒に対応し、上2件は解決。
3件目は餌やりさんの態度が変わらないため、お手上げ状態。

大丈夫なのか、このリーダーさんで…と危惧しながら初代会長のI女史の進行を聞いてると、単に情報抽出を担当してもらう為に、顔見知りの方々で表を作ったとのこと。
なるほど。 これからドンドン変わって行くのかな?



配られた組織図を見る。 ん?
C.O.N組織図にある、「尼崎市動物愛護管理推進協議会」と、活動班の3班「捕獲不妊手術(TNR)担当班」
「啓蒙活動担当班」「行政・愛護センター担当班」の全部に、ウチの旦那さん入ってるやん!
なんじゃこら、どーゆーこっちゃ?
12月にあんな手紙を全会員に配布しておきながら、よくまあ厚かましく、これからもトコトンこき使う気やな?
そうはイカンぞ~。



新会長から挨拶。
まず、C.O.Nの意味の説明。「キャットオペネット」で、野良猫の不妊手術専門の活動団体ということ。
負傷猫の保護/治療や、子猫の保護等には、一切関わらず、TNRに特化した活動を行うこと。
現在の会員数は278名で、休眠会員が51名、正味227名。

新会長のS田さんの自己紹介。
市の「動物愛護管理推進協議会」の市民委員に応募されたS田さん。その時の作文をご披露下さった。
S田さんのお人柄と行動力がよくわかる内容で、私は1人拍手喝采。好きや~、S田さん♪

今後のC.O.Nの方針が打ち出された。
1 透明性
2 情報公開、報告
3 会員は規約に沿ったモラルある行動をすること
今までは会費はなかったが、年会費3,000円(月250円だね!)をお願いする。
賛助会員は、5,000円だ。

これまで、活動で発生する費用は、会員それぞれの自腹だった。
C.O.Nに集まるご支援金は、事務費等で使っていたようだが、そこらへんは、どうなんだろう?


会員の行動基準として、S田さんはマラソンを例にとって話してくれた。
マラソンは走る人だけでなく、運営する人、沿道で応援する人、色んな人が居てこそで
それは懸命に頑張るランナーだからこそ、応援したくなると言うお話。
美しい精神が美しい活動となり、みんなが応援したくなる。認められるようになる。
普遍的にキチンとした事は、応援したくなるもんね。そーゆーので、やって行きましょう!とS田さん。



5年目に入るC.O.N。平成18年度の猫の殺処分数は734匹。
22年度は561匹、23年度は3月末までの数字が揃ってないけど、多分360匹弱になりそうな。
平成19年度から十年後の平成29年度までに、殺処分数半減目標は達成されるだろう。

ちなみに、処分の90%以上が生後間もない子猫だ。愛護センターに子猫は居ない。みな殺処分されるからだ。
不妊手術してれば、子猫を処分する事はなくなる。 猫が増えた!と騒ぐ必要もなくなる。
みな、不妊手術しなはれよ。



総会に参加された、市の職員さんと市議会議員さん、県会議員さんからもステキなお話が。
尼崎市健康福祉局生活衛生課長さんと、愛護センターの所長さんから、市が寄付金制度をスタートするとのご報告。
これは、尼崎ケンネル事件を発端に尼崎市における動物愛護行政のあり方検討会議~提言が行われ、動物愛護管理推進協議会を経て、実現したもの。
来月4月からスタートします!!

市議会議員の仙波先生(公明党)からは、ふるさと動物基金を必ず実現させると決意表明。
っちゅーか、もう段取りは出来てて、後はアレとかアレをアーすれば出来る段階に来てそうだ。
尼崎市の野良猫の不妊手術助成制度の立役者である、仙波先生。期待してまっせ!!

県会議員の谷井先生(こちらも公明党)からは、警察官に動物の遺棄等、動物の法律をキチンと身につけてもらう為に、警察学校で必須で学んでもらえるよう、県警に依頼済みとのこと。
おまわりさんも知っておかなーアカン事多いけど、拾得物や愛護法も知っといてもらいたいので、有難いご依頼。
谷井先生は地域猫対策や殺処分数減少に向けた活動も行ってはるので、頼もしいわな。

そういえば公明党は殺処分数ゼロを目指します言うてるけど、8週齢に関して腰が引けてるよな。
業界から陳情と支援受けてたら、受けた分はお返しせなーアカンから、動き辛いやろうね。ブレてる証拠です。
信念持って動くのは大変なんだね~。


総会が終わって、会員同士で色々話したり何かして。
展望が明るくなった反面、行政も私達市民も度量が試されるので、これからこそが正念場だとおっしゃるK畑さん。
新会長さんがおっしゃるように、美しい精神が美しい活動を産み、応援して頂ける団体になれる。

これからのC.O.Nに、注目だ~!!!



☆行政に先を越されてる感が否めないC.O.N。いつの間にか理事から会員になった私は、傍観中。
情報が入り次第、お知らせします☆

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる