ダブルキャリアが どしたっちゅーねん!

「小梅ちゃん&富士丸くん」の里親さんが、猫を保護しはった。
保護した日は、大雨だった。

小梅ちゃん「アイツ、誰よ。帰ってもらってよ」
小梅ちゃん アイツ誰よ

富士丸くん「あの子、ボクと遊んでくれるかも」
富士丸くん 仲良く出来そう♪


帰宅途中、雨に濡れてずぶ濡れになったニャンコを発見した里親さんは「ニャーン♪」と声をかけた。
彼女は猫を見掛けると、いつも「ニャーン♪」と声をかける。大抵の猫はびっくりまなこして逃げるか固まる。
でも、この子は「ニャーン!」と返事しながら寄って来た。
しかも、里親さんにひっついて、自宅まで押し掛けて来た(笑)

里親さんは、まさか自宅まで付いてくるとは思っておらず、とまどいながらも保護しはった。
「だって、雨でしょう~?ガリガリやし、懐っこいし、濡れてるし、見捨てるなんて出来ませんやん?」
なんていい人なんだー!! ってか、これがフツーやんな♪

デュークくん「ボクな、あの可愛いおねーちゃんにおいでって声かけてもらってんよ」
デュークくん 呼ばれたん


デュークくん「チャンスやー! 付いて行こう思ったデ。離すもんかやで」
デューイくん


酷い風邪引きでガリガリの体だったデュークくんは、病院で治療してもらい、沢山のご飯と愛情を注いでもらい、みるみる元気にふっくらしてきた。
「デューク、エイズ白血病両方とも陽性やったんです。年齢が3歳以上やから大丈夫でしょうって先生言ってたんで大丈夫ですよね?」


ウイルス検査で陽性とわかった時、悲嘆しはる人は多い。
そらー陰性やった方がえぇけど、陽性であっても猫に責任はないし、今が元気なら御の字ってなモンさ。

エイズはウイルス自体が血液中にあるので、陽性猫の血液が体内に入らない限り、感染しない。
白血病は唾液や尿にもウイルスが含まれているから、ウイルスも一緒に体外に排出されるため、感染しやすいとされている。
でもさー、そんな簡単に感染するんやったら、世の中の野良猫はみな、白血病感染してるよな。


ま、とにかく白血病が一番発症しやすいとされる2歳前後を過ぎてるし、風邪引いてガリガリやったのも回復した。
風邪が完治してから、インターフェロンを集中投与してもらったデューイくんは、元気に存分に甘える。
もう大丈夫やね!
今後は月に一度インターフェロンを投与して健康管理に気をつければ、陰性猫と生活は同じですと獣医さんから受けた説明を、私にもしてくれた。

正直、エイズ白血病共に陽性と知って、不安はあったと思う。
でも獣医さんからの説明と、デューイくんの様子を見ていて「気をつけるけど気にしない」と、里親さんは言った。
彼女は、健康に気をつけるけど、ダブルキャリアであることを気にしないと決めてくれたのだ。
ありがとう。って、私が言うセリフやないけど、そう決めてくれて嬉しかった。

ダブルキャリアであっても、陰性であっても、いずれ何らかの病気になって寿命が尽きるのは、猫も人間も一緒。
持病を恥じず、健康管理に気を付けて、毎日をゴキゲンで過ごすことが、何よりですわ。
そう思ってくれる飼い主さんを探そうね!!と、話し合った。


しばらくして「里親さん決まりました!実家で飼ってくれることになりました!!」
デューイくんを保護してから実家にも密に連絡を取っていて、ダブルキャリアについても話をしていたのは知ってたけど、きっと3匹目の飼い猫にするだろうと思ってたので、ビックリ。
「妹がね、ちゃんとしてくれるのか不安やったんですよ~。アンタ、ほんまに大丈夫なん?って感じでぇ~」
うんうん、保護主さんとしては、心配だよねー。しっかりサポートしたってぇー。



今は里親さんのご実家でゴキゲンで過ごしているデューイくん。
そんな様子は、里親さんのブログchocoニャンコお散歩からご覧頂けます♪
小梅ちゃん&富士丸くんのキュートな様子や、里親さんが食べた美味しそうなモノも載ってまっせ~。


ダブルキャリア、なんのその。それがどしたっちゅーねんな♪

ご縁が繋がるがどうか、保護主さんの気持ち次第。わしゃーそう思いますな。
って、人のこと言うより、自分もっと頑張れや…。 最近頑張り足りてませんな。てへ!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

私もそう思います

これまでに出会ったダブルキャリアの子たちは、みんな里親さんの元で幸せに元気に暮らしています。年寄りになって寿命を迎えた子もいますが。

いつも言っていますが、むしろキャリアでない子たちも腎不全は避けられず、それなりに苦しい最期を迎えています。

怖いのはエイズや白血病だけじゃない、もっと怖い病気が色々あるという事だけは確かです。

うちで見送った子たちも、キャリアではない子が殆どでした。肺水腫、心筋症、FIP、腎不全、肝不全、おそらく血栓症による突然死・・・と色々でした。

唯一エイズキャリアだったトムだって、保護時にひどい鼻気管炎で目も鼻も口の中も炎症を起こしていてぐちゃぐちゃ、そして長い野良生活の間にネギ科のものを含んだ残飯を食べていたのか、ハインツ小体が検出され、既に危ない状態でした。その時点で肝不全でしたので、よくもった方だと思うし、死因もエイズ発症という訳ではなかったと思います。

ペットショップやブリーダーから買う純血種にも、コロナウィルスの抗体は9割の子にあると言いますから、何が怖くて何が安心なんて事は絶対に言えないでしょう。

ダブルキャリアやFIPが怖くちゃ、いや、病気になる事を恐れていちゃ、猫なんか飼えませんて。ねえ。うちだってまだまだ色々な病気の子がどっさりいますよ~、自慢じゃないけど。

ホント、そうですよね

川口さん>書き込みありがとうございます。
エイズや白血病陽性だから家族に迎えられないと言う話をよく聞きますが、それは納得しにくいんですよね。
健康な猫を迎えたいという気持ちは、もちろんわかるんですが…。

募集する方々も、陽性である事に引け目を感じていたり、特に白血病陽性の場合は募集すべきではないと言う人まで居ます。
でも、陽性なのは誰のせいでもないし、ましてや猫に責任ないですもんね。

陽性でも陰性でも、いずれは何らかの病で亡くなります。
誰でもが飼い猫とは長く健康で過ごして欲しいと願いますが、寿命なんて神のみぞ知るです。
病気を必要以上に恐れず、有事の際に対応出来るようにして、いつどうなってもイイように毎日を満喫する。
これに尽きますよね。
とは言え、どんなに尽くしても後悔するでしょうねえ~…。強欲!?
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる