おやすみ、ミルク

去年保護した、ベットラ君/青江君/瞳君/茶々君/ミルク君の兄弟。
出屋敷Aグループ

茶々とミルクは既に里子に出て、幸せに暮らしている様子だった。

保護から三日目の茶々。
茶々 保護して三日目

ミルク、保護から九日目。…小さかったなあ。
ミルク 保護して九日目



今日、ミルクの里親さんから、ミルクが亡くなったと連絡が入った。
元気だったのに急に後ろ足がひきつり、てんかんのような発作が出て、治療の甲斐なく、旅立ったそうだ。

『こんなことになって申し訳ありません。でも私達は幸せに暮らしていました。』
里親さんの報告は、冷静で誠意が溢れていて、思いやりがヒシヒシと伝わった。
今度は元気な体で生れ変わって、また私の元に来て欲しいとおっしゃっていた。
ミルク、あんたは沢山愛されて幸せやってんやな。良かったなあ。


寿命の長さと幸せ度は関係ないとわかっていても、もっと元気で長生きして欲しかった。
母猫と早くに離れてしまったのが、小さく産まれたミルクには痛恨の一撃になり、早世したと私は思う。




赤ちゃん猫を見掛けて、つい保護する人も多いと思う。
どうか、母猫が居るのなら、授乳期の出産一ヶ月後までは、親子で過ごさせて欲しい。
母猫が授乳している一ヶ月の間は、母猫に栄養価の高いフードを与えながら、今後どうするかを必死で考えて欲しい。


見捨てるにせよ保護するにせよ、子猫には母猫の免疫力がたっぷり入った母乳を与えなければ、生きるチャンスはない。
特に母猫出産直後に体内に入る「初乳」は、とてもとても大事なのだ。
免疫力その他モロモロ、生きていく上で体を守る成分がしっかり入っている初乳を接種出来なかった子猫は、健康な体を作れない。
動物愛護センターに連れてこられた赤ちゃん猫が、即、殺処分対象になっているのも、生存率が低く助けたところで健康な体を形成出来ないからなのだ。


春の出産シーズンが来れば、そこここで赤ちゃん猫を見掛けるかも知れない。
母猫が居ないのが明白な場合以外は、母猫と一緒に保護するか、母猫が子育て出来るよう手助けして欲しい。

ミルクのように、助かったのに短い生涯を迎えなければいけない猫を減らそうぜ!!!



ミルク、おやすみ。そっちに行って驚いたんちゃう、ジョージが居てたやろ。
ジョージも短いけど幸せな日々を送ったんやで。
仲良ぅ、おやすみよ。

ジョージ、お得意の指吸い。 この子程、哺乳瓶からミルクを飲むのが上手い子猫は、居らんな~。
ジョージ 指吸い

短くても、幸せな日々を送れたミルクとジョージ。
どの猫にも飼い主さんにも、幸せな日々が送れるように。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる