苦労の末の喜び〜猫と暮らす幸せ

以前ご紹介した、クロベエくんの飼い主である、猫友のKさんから、近況ご報告が届きました。

急逝しはった義母さんの飼い猫、クロベエくんを、去勢手術後に迎え入れてから、早3ヶ月。
実は、あれからどうしてるかな〜そろそろ連絡してみようかな〜と思っていたのでした。


10歳まで未去勢で、前のお家ではアチコチにスプレーしていたクロベエくん。
去勢手術しても、やっぱりスプレーしちゃうことがありました。

状況や環境が激変して、心身共に中々落ち着けず、大鳴き。
あぁ、ウチに居る保護猫カールくんや、我が家に来た当時のりゅう君と同じやな〜。往生しはったやろうな〜。

カールくん「ボク、スプレーなんて少ししかしてない」
カールくん ケージから出してくれるの?
でも、大鳴きスゴいやん。 今も、ひとりぼっちでケージに居る時よく大鳴きするよね〜。

りゅう君「オレが鳴いてたんって、最初だけやで」
りゅう君 なんやワレ
そやね、ウチに来て一年半ぐらいで治まったっけね。


オス猫の雄叫びは、結構音量がスゴい。これは経験せなーワカランかも。
ご近所さんの手前もあるし、ご家族もストレスだったろう。

我慢の限界が来そうな頃、冷房で窓を閉め切る季節が到来。
これで苦情が来るかもという心配が減り、気持ちがラクになったKさん。


クロベエくんを迎えるにあたって、私がアドバイスしたのは、家族と同じように、沢山話しかけて、構ってあげること。

ココに来るようになった事情や、これからは一緒に暮らす家族なんだよと、状況を説明しつつ
「おはよう、クロベエ」「行って来るね、クロベエお留守番よろしくね」とこまめに話しかけ
撫でてあげると、自分はココに居て良いんだ…と猫は思ってくれる。実感してくれる。


誰かって無視なんてされたくない。大事に扱われたい。
自分の気持ちを、自分のペースを、大事にしてくれる人と暮らしたいよね。


Kさんとご家族は、クロベエくんに話しをして、撫で、ある時は優しく、ある時は苛立って接した。
そらー、スプレーしたり大声で鳴いたりするんやもん。
いつだって優しくなんて出来ひん。 出来たとしたら、そりゃあ他人行儀や。

家族やもん、ゴキゲンで接する日もあれば、相手が悪くなくてもキツく当たったりする日もあらぁな。
八つ当たり出来るのも、甘えたこと言うのも、家族だからこそ。


そんな接し方で日々を送るうち、クロベエくんのスプレー行為も大鳴きも、徐々に少なくなり
部屋中に敷き詰めていたトイレシートを外せるまでに。

リビングや子供さんの部屋には入らないように、隔離した部屋で過ごしていたクロベエくんでしたが
恐る恐る様子を観ながら、リビングにも入るようになりました。


クロベエくんが来てから、先住子猫のこまちゃんは「ちょっと!! あのオッサン、誰よ!!?」と憤慨。
距離を置きつつ、お互いを様子見し、リビングに侵入してきたクロベエくんに恐怖を感じたかと思うと
ケージに入っている時を狙ってちょっかいをかけることも。


こちらも、徐々に徐々に歩み寄り、こまちゃんもクロベエくんも我慢したり大きく出たりを繰り返して来た。
人間もやけど、猫達も、陰に日向に、努力と忍耐を日々重ねてくれました。


その甲斐あって、クロベエくん・こまちゃんの本来の性格がジャンジャン出て来ました。


クロベエくんは、とても優しい子でした。
こまちゃんは、とても我が儘な子だったのでした(笑) いや、子猫やもん!そらそやな!
っちゅーか、より子猫らしさを発揮出来るようになったんやね〜。


我が家でもそうですが、大人猫は子猫に優しい。
多少行き過ぎたことをして来ても、許してくれます。やられっぱなしを引き受けてくれる。

クロベエくんが本気を出せば、こまちゃんなんて一発でオダブツなのに、絶対に手を出さない。
人間には結構キツく噛み付いていたクロベエくんが、こまちゃんには一切手を出さず、やられ役を買って出る。
猫付き合いがキチンと出来る子だったのね。


クロベエくんが来た当初は、シャーシャーフーフー言ってたこまちゃんも、今はこんな感じ。
こまちゃん クロベエをガン見


そしてクロベエくんは、こんな感じ。
クロベエ君 ノビノビ安心寝
この、安心しきった幸せな寝姿。幸せな様子は、そのままKさんの幸せを表しているのです。

Kさん、本当にご苦労さまでした。
苦労や後悔も沢山あっただろうけど、それ以上の幸せを今は実感されてると思います。
少しでも力になれて、私も嬉しいです!



Kさんから頂いたメールの一部をご紹介します。
行き場のない猫を迎えようとしている、どなたかの心に、きっと響くものがあると思います。

『赤ツナギさん
ぐちゃぐちゃだったあの3月から本当にたくさん助けていただいてありがとうございました。
何があっても飼う!と言う強い気持ちになれず心配ばかりが先に立って焦っていた私に、大丈夫って何度も言って下さったから今があります。
泣きながらメールを読みました。
引き取ったこと後悔もしました。
でも、やっと何とか、大丈夫!飼えるぞ!!と思えるようになりました。』


たかが猫1匹。その1匹の猫に、どれだけ心を寄せて、猫の気持ちを思いやって接することが出来るか。
簡単やないけど、心があれば誰にでも出来ることです。


長いこの記事を読んで下さった皆様、どうぞKさんとKさんご一家、こまちゃん・クロベエくんに
拍手でお祝い頂ければ、幸いです。

ありがとうございました。Kさん、心からおめでとうございます!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる