おやすみターフ〜良縁を連れて

9月3日、黒猫のターフちゃんが亡くなりました。 4回目の心筋症発作でした。
ターフちゃん お花に囲まれて


3回目の発作が起こる少し前、ちょっと様子がおかしかった。

最初の発作で後ろ足が麻痺し、多少は動けるようになったものの、足を引きずっていたターフ。
その足で、走り回り、ジャンプやダッシュをしていたのに、急にしなくなっていた。
足をぐねったのか、それとも心筋症の前発作か? 

通院して入念に診てもらうと、心筋症が関係しているモノではないとわかり、一安心。
右前足が痛いようで、診察台に足を付けない。レントゲンでは異常なし。
激しい運動をしていたし、タワーから降りる時にでも、ぐねって、まあネンザですな。そんな感じでした。

「後ろ足の末端も、血流ありますよ」獣医さんが嬉しそうに言ってはった。

ターフの血管はとても細い。
点滴や血管確保の際、慣れている獣医さんでさえ、目を細めて集中を高めてトライされていた。

血栓が出来て飛んだ場合、血管の細いターフが重篤な状態にすぐ陥ることは、十二分に承知していた。
なんしか、既に2回血栓が出来て発作が起こっている。幸い2回とも、素早く対応する事が出来て、助かった。

例えキチンと投薬を続けても、遅かれ早かれ、発作が起こり亡くなってしまうことも、常に頭に置いていた。

毎日お薬を飲ませる度に「ターフ、おりこさんやねえ。ターフじゃなかったら、こうは上手く出来ひんデ〜」
そう言って撫でて褒めて、ターフの柔らかな毛並みと体を撫でながら、撫でられなくなる日を少し想像する。

「お願いやから長生きしてな、ターフ」 私がそう言うと、ターフは必ずキョトンとしていた。
そんなん言われたって、困るよね。 ターフが返事に困ってるのがわかっているのに、言わずにおれなかった。
いつか来る別れの日を、なんとなく想像することで、その日に備えていた。



出勤前、ターフの様子がおかしいのに気が付いた。瞳がいつもより大きい。呼吸数は…大丈夫。
足の付け根に触れ、脈をみる。大丈夫。 でも何かおかしい。胸騒ぎがする。
職場まで送ってくれた旦那さんにターフのことを申し送り、仕事へ。
旦那さんは買い物に行く気だったけど、真っすぐ帰宅。 ターフは発作を起こしていた。

すぐに病院へ。
道中、旦那さんは、病院へ着くまでの間、意識が無くなりそうなターフを大声で励まし続けた。
前回同様の処置をしてもらい、説明を受ける。

酸素室に居るターフは、少し楽になったようで、声をかけると嬉しそうにウインクを返してくれた。
2回目の発作・治療後、獣医さんが「心筋症の発作に2回耐えられた子は、この子だけですねえ」とおっしゃった。

今回で3回目。 治療は長引くだろうけど、何とか乗り切れそうだ。
私達も獣医さんスタッフさん達も、酸素室で少し落ち着いた様子のターフを観て、そう思った。




翌日の明け方。 4回目の発作が起こり、ターフは亡くなりました。
滝ちゃん ターフねえねえ、寝てるの?
一番最初の発作を起こした時から、覚悟は出来ていた。日々、ターフとの毎日を楽しく濃密に過ごしてこれた。
それでもやっぱり、辛いっすわ。


覚悟の甲斐があったせいか、取り乱すことも泣くこともナイ。
看取りに慣れたというか、我が家なりの猫との過ごし方・見送り方が自然に出来上がっていた。
こんなにも、辛く悲しく感じられるのは、幸せなことだと、心から思える。

ターフ、ありがとうやで。 パトカーで初めて見かけてから今日まで、いやこれからも、おおきにやで。



ターフが発作を起こす前日、旧知の友達から、子猫を迎えたい家族が居るんだけどと連絡があった。
迎えたい子猫は生後2ヶ月ぐらいが良いとの話で、ウチの保護猫には居てないな〜。

と、海生(カイ)くんの保護主さんが給油に来店、開口一番「子猫、また拾っちゃった〜♪」
黒白兄弟 超臭い
懲りんオバハンめ。 む! 子猫やと? 詳細を聞き、その子猫を里親さんに紹介するよう説得。
赤ツナギ家での一夜
めっちゃ渋ってましたが、何とか了解を得、3日にお見合いをする段取りを付けました。


3日、ターフとお別れした夕方、子猫を迎えたいご家族二組を連れて友達がスタンドに到着。
ちょっと気が強い風の、黒白八割れオスくん
おっとり系にみえる、黒白ぶち模様オスくん
お会いした瞬間にわかったけれど、色々お話を聞き、子猫と触れ合ってもらい、安心して託せる方だと思えた。


2匹居た子猫は、それぞれのお家に迎えてもらえました。
大事な大事な保護猫ターフが亡くなった日に、多頭飼い崩壊しかけの飼い主宅から引き上げた子猫が良縁に結ばれた。

辛い事と嬉しい事は、常に共にある赤ツナギ家。
きっとターフが配慮してくれたんやろな。 あんまり気を遣わんでえーで、大丈夫やさかいに。


ホンマにウチの保護猫達は、つくづく私達の背中を押してくれるのぉ〜。
頼りなく思われてるのかも知れん。ゴメンやっしゃ!



☆頑張り屋さんのターフ。元気で走り回ってた頃の動画が確かあった筈。探してみよう!!☆

ベッドルームの枕元に、こんなん飾ろうかな。ターフっぽいやん!!



募集記事一覧に掲載していた、ターフの紹介をココに残しておきます。本当に可愛く賢く頑張り屋さんでした。
ターフちゃん 2014年夏ターフちゃん。ゲート達と一緒に保護。保護時ターフだけ目ヤニ無しで元気でした。
明るくおきゃんで賢く気配りも出来る優等生さん。甘えん坊でガッツがあり、しつこくなく欠点が見当たらない良い子。
家の中の雰囲気の悪い時、さりげなく中和活動しています。本当に良い子! でも最近はワガママ多し。
ワクチン二回接種済み、2014年2/12避妊手術済みです。
※2015年1月20日に血栓症で両後ろ足が麻痺し、集中的に治療・以後も投薬を続けており順調です。
少し歩き方に違和感がありますが、日常生活は問題なく送れています。走るし登るしジャンプまで!
追記事項:2015年12月19日に血栓が再び飛び、集中治療・以後前回同様に回復しました。
生涯投薬が必要ですが、ちゃんとお薬飲んでくれてます。
2013年9月初旬産まれ。保護日は2013年9/25。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる