ようこそ我が家へ〜滝ちゃんと雫くん

子猫を迎える気満々だったのにドタキャンされた常連さんに、知りあいのボランティアMさんが保護されてた
子猫ちゃんをお渡しした、その直後に私は思った。

無理なお願いを快く引き受けて下さったMさんに、何かお返しをせなー。

Mさん「お返しなんて〜。…えっとね、じゃあ言いにくいんけど、子猫1匹お願い出来ないかしら?」
ハイ、喜んでー!! 



一人暮らしのおじいちゃんによる、多頭飼い崩壊が発覚し、これから解決に乗り出すそうな。

大人猫が複数と、今年産まれた子猫がわかっているだけで、14匹。
大人猫は不妊手術をし、おじいちゃんがこれからも飼い猫として暮らすことに。
子猫は、預かり先を探して、里親募集をしようとのお話でした。


数年前、近所に住む私の猫友さんが亡くなり、残ったご主人が17匹だったかの飼い猫のお世話を引き続きするも
結局は破綻し、Mさんとお仲間さん達で対応してはった。
その時に、1匹でも良いから預かって欲しいと頼まれたのですが、当時の我が家では預かりが出来ず、お断りしたのでした。

あの時の件も含め、Mさんにご恩返しがしたい。
そう思って、子猫の預かりを引き受けました。 

1匹では新しい環境に馴染みにくかろう。
2匹迎えて、ウチで保護生活をしながら里親募集することにしました。



「ノミだらけなのよ、病院でノミと虫駆除のお薬は済ませてきたんだけど…」困り顔のMさん。
連れて来てくれた2匹の子猫のうち、サビ柄の子が全く人に馴れておらず、激しい威嚇と攻撃をするとションボリ。
里親募集が難しくなるだろうと心配してくれはったのだ。


どれどれ、威嚇と攻撃がスゴいっつったかて、所詮子猫。大したことはアルマーニ。いや、あるまいに。


サビ柄ちゃん「寄って来ないで!!! 何かしたら、承知しないわよ!!」
滝ちゃん 何かしたらヤルわよ!!
おぉお、久々の本格の威嚇する猫や。

爪は全開で、威嚇のシャーも、丹田から出してるような気合いがこもってるモノだ。
全身を使って、こちらに攻撃してくる。 少しでも手を向けると、威嚇&攻撃を即座に繰り出す。
ケンカ慣れしてるのか、そのタイミングは完璧。お見事とも言えますな。


茶白くん「…ボク、疲れたわ」
雫くん ボクは疲れた〜
サビ柄ちゃんと一緒にやって来た茶白くんは、一言も発せず。
目をつぶって下を向き、すっかり疲れた様子。


そらそやな。

ある日急に、お家に知らんおばちゃんが多数来て、次々と仲間が連れて行かれて、自分達も車に乗せられてな。
産まれて初めて動物病院へ連れて行かれ、アレコレ観てもらい、なんやかんや言われて、なんかされて。

で、またどっか連れて行かれて、赤いツナギ着たおばちゃんに迎えられて…。疲れたわな。

でもな、どうしても必要なことやったんや。前に住んでた所は、君らが過ごすべきお家やなかったんや。
あのおばちゃんらは、君らを救ってくれたんやで。ま、わからんでもかまへんかまへん。
そーゆーことやったんや。堪忍な。



ひとまず私の職場に連れて来てもらった2匹を、職場の事務所2階へ。
ココは、職場の気配がほんのり感じる事が出来ながらも、静かなので、落ち着けるだろう。


サビ柄ちゃん「…あのオバハンかって、どんなヤツかわからへん。気ぃ抜けられへん」
滝ちゃん 用心中
ウエルカムな態度と声で接するも、サビ柄ちゃんは警戒心を緩めない。

君ら、お腹減ってないか? ご飯食べたかい? はいよ、良かったら食べてごらん。
雫くん ご飯や〜
一瞬戸惑った顔を見せてから、食べ始めた茶白くん。 一心不乱に食べる。
サビ柄ちゃんにも用意してみると、これまた「ご飯や!!」とお皿に飛びつく。

茶白くんを撫でてみると、毛はバッシバシながらも撫でられるのが好きなようで、目を細める。
それを観たサビ柄ちゃんが「オバハン!! 勝手に触んな!!!」と、威嚇と攻撃を繰り出す。


サビ柄ちゃん「オバハン~、イランことしたら承知せえへんからな」
滝ちゃん メンチ切ってます
ご飯頂いた後やからか、ちょっとだけ眼光の鋭さが減った気がする(笑)

別々のケージに入れてたけど、一緒にしよか~。
滝&雫 連結前

滝&雫 連結しました
2匹一緒の方が、落ち着けるやろ? 

滝&雫 一緒で安心
おばちゃん仕事してくるさかいに、ゆっくりしときよし。



2時間ぐらい放置して、様子見に行くと、トイレをしていた。
ケージ内には沢山のノミの死骸と、ノミの糞、そしてまだまだ元気に蠢いているノミ。 うぅ~気持ち悪い!
2匹ともがしょっちゅう体のアチコチを掻いている。 そら痒いやろうさ…。

つくづく思う。
外で暮らしている野良猫より、適正飼育が出来ない人間が室内飼いしていた猫の方が、いかに酷い状況か。
可哀想にな…。



さてさて、もう君らは可哀想な猫やナイんや。 まずは仮名を付けたらんとな。
Mさんの苗字は「水」なので、水関係のがえぇね。

よし、サビ柄ちゃんは「滝ちゃん」、消え入るような声で少しだけしか鳴かない茶白くんは「雫くん」としよう。
今日から君は滝ちゃん、君は雫くんやで。ヨロシクな、今からお嫁に行くまでは、おばちゃんがお母ちゃんやさかいな。


そう言った途端に、滝ちゃん・雫くんの表情が一変。

滝ちゃん「おばちゃん、アタシらに名前付けてくれんの?可愛がってくれんの?」
滝&雫 仮名付けような
当たり前やがな、君らは1匹1匹、それぞれ可愛がってもらう為に生まれて来たんや。
オモチャでもなければ、モノでもナイんや。大勢居る猫達の1匹やない、この世で1匹だけの滝ちゃんで雫くんや。


この瞬間から、滝ちゃんは威嚇と攻撃を一切止め、雫くんは堰を切ったように鳴き出した。
滝ちゃん めちゃ甘えるやん!

雫くん めちゃ鳴くやん!
この子達は、産まれてこのかた、名前で呼んでもらったことがなかったんやな。
それぞれ個別に可愛がってもらったことが、なかったんやな。

そして、そうして欲しいと、ずっとずっと望んでたんやな。

大丈夫や、これから毎日何回も何回も、名前呼んでナデナデしたるさかいな!!



こーゆーことがあった日が、6月15日でした。
遅! 今、8月やで?! スンマヘン!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる