ゲートくんのお見合い

ちょっと前のことになりますが、10月15日、ゲートくんのお見合いでした。


ゲートくん「ボクと暮らしたいって人が二組も居るんだって?」
ゲートくん 子猫の動きを監視
そーなんよ〜。今日は、先にお問い合わせくれはった人が来はるさかいな。
もし、今日の人とご縁なかったら、もう1人の方に来てもらうことになっとぉからね。


ゲートくんにお問い合わせが来て、やり取りをし、お見合いの段取りが付いた、その日。
ゲートくん 子猫暴れ過ぎや
もう一組お問い合わせが入りました。


むむ! こちらの方も、めっちゃ印象良いではないですか…。
ゲートくん 魅惑の肉球毛隠れ
二組どちらにも「是非お願いしたい」と思えたのですが、ゲートは1匹。
先着順やないけど、まずはお話進めてた方と、お見合いです。


お見えになったのは、堺市在住のご夫婦。
明るくお茶目で、お二人共バリバリお仕事されてます。

以前から猫と暮らしたいと思いつつも、仕事が一段落するまではと、ずっと我慢されてたのです。
「フルタイムで働いてるので、落ち着いた大人猫さんをお迎えしたくて」
ゲートくん 上から観たら
確かに、それならゲートくんは、ヨロシなぁ!


なんたってゲートは、我が家の若ボス。
ゲートくん 若ボス
年上猫を敬い、年下猫の面倒を見、ややこしいケンカする女子猫達とは適度に距離を置く。
処世術が身に付いています。 それは全て、ダジャンくんから教わったんだよね。


ダジャンくん「教えて身に付いたんは、ゲートだけやな」
ダジャン あの痛み、たまらんデ
そやな〜。ジェントルマンの素質持ってる子、意外と少ないからね。



猫と暮らした経験はゼロの希望者さん。
ワンコさんと暮らした経験は、あります。

家族として暮らした楽しかった日々、病気になり看病し、看取った日。
その全てを心の中に大事にしまっておいででした。

こーゆー方なら、例え今まで猫と暮らした事がなくても、大丈夫。
ご夫婦の仲の良さや、猫達への接し方で、私達は「ゲートくんをお願いしよう」と決心出来ました。


ゲート。ゲートの本当のご家族が、やっと見つかったよ。
ゲートくん 子猫監視中

遅くなって、ゴメンやで。
ゲートくん ノビノビやっとるな

これからは、子猫の監視したり女子猫のケンカの仲裁する必要、ないからな。
ゲートくん 静かに休める

最初は不安やろうけど、ゲーちゃんは賢いから、きっとすぐわかる。
ゲートくん お手々にスリスリ
新しいお父ちゃんお母ちゃんは、えぇ人達やで。
無理せんでえぇけど、頑張ってや。






4年前の9月、鳴きもせず兄弟姉妹達と段ボールに入っていたゲート達を保護しました。
厩舎産まれの5匹 9/27
今やから言うけど、アンタ達を保護するん大変やったんや。
アレコレ交渉してやっと保護出来て、嬉しかったけど腹立ったな〜。
懐かしい思い出です。ムカムカ・ウフフ! 結果オーライです。



厩舎で産まれ、我が家で育った5匹の赤ちゃん猫達。
黒猫のターフちゃんとキジ白のオッズ改めミミちゃんは、心筋症で亡くなってしまった。

我が家で看取った黒猫ターフちゃん。
ターフちゃん 子猫面白い〜
ものすごく性格の良い子でした。


里親さん宅で亡くなったミミちゃん。
ミミ&シェリくん お返しグルーミング
先住猫のシェリくんと仲良しになったのにな…。

埼玉に嫁いだパドックくんの里親さんとは、連絡が途絶えてしまった。
パドックくん 洗い物してるお父さんの背中より
里親さんもパドックも、どうしてるのかな…。ずっと気にかかっています。

吹田に嫁いだハロンちゃん改め姫ちゃんは、美しく成長しています。
ハロン 今日は3キロでした
この写真は、ウチに居た頃のもの。懐かしいな〜。


やっとやっと、最後まで残ったゲートが良縁に恵まれ、いよいよお嫁入りです。
11月3日に、お届けに行って参ります。
って、もうすぐやがな!! ブログ更新めっちゃ遅くて、ホンマえらいスンマヘン!!!



☆もう一組の希望者さんにお断りをお伝えした後、仲良くなり、猫友関係に!その事もまたお知らせしまーす☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
この頃急に寒くなったので、秋物どころか冬物が欲しいっすな。

ちりこちゃん、いらっしゃーい!

2011年に魚釣り公園で保護され、同年12月に里親さんに迎えて頂いた乙姫ちゃん改め、ちりこちゃん。
ちりこちゃん グッナイ
里親さんが約3ヶ月海外へ行かれる間、我が家でお預かりすることになりましてね♪


ちりこちゃん「なんか、ココ知ってるような気もする…」
ちりこちゃん ココどこ?
ちりちゃんが子猫の時、ココで過ごしてたんやで〜。覚えてなくて、えーで〜。


室内を探検するちりこちゃんを、ビックリしながら目で追うカブちゃん。
カブちゃん アレ誰?
全く警戒せず、尻尾立てて歩くちりちゃん。 すごいな~。

エミーナちゃん「あの子、何なん? 前からココん家知ってる顔してるやん」
エミーナ あの子何なん?
知ってるけど覚えてはナイと思うデ。

ハルくーん、そないイヤそうな顔せんといてぇやー。
ハルくん こっち来るなよ
ズンズン距離を詰めて来るちりちゃんに、警戒するハルくん。やむなし。

みんなの晩ご飯を食べ出す、ちりちゃん。
食べるちりちゃん 見守る里親さん
食べなはれ、食べなはれ。

ちりちゃん&里親さんが居てても、お構いなしに南天くんを威嚇するムースちゃん。
ムースちゃんに怒られる南天 後ろにちりこちゃん
ちりちゃんと里親さんが落ち着いてるから、ウチの保護猫達も普段通りに。

探検後、お水を飲むちりこちゃんを見る、ゲートくんとノンちゃん。
ゲート&ノン ちりちゃんを警戒
えらいビックリして〜。そらそやな。こんなすぐ馴染む子、中々居ないよね。


すんなり馴染んだちりこちゃんに「自分、何なん?」と威嚇したのは、ゲートくんとブランちゃんのみ。

ゲートくん「あの子、挨拶せんと探検してるやん」
ゲートくん 挨拶がなってない

ブランちゃん「まず挨拶やろ…。ごめんやしておくれやっしゃぐらい、言いんかいな」
ブランちゃん 挨拶がなってない
まあまあ、堪忍したって。神戸っ子やさかいに。


猫社会性の高い子は、こーゆーすぐ慣れる子にちょっと厳しいよね。
威嚇してたものの、3〜5日ぐらいで、ゲートもブランも「ま、許したるわ。あんま調子乗りなや」な感じでした。


里親さんが帰国されるまで、ウチで楽しく暮らそうな。
みんなも、よろしく頼むデや〜。



スマホに変わって、写真撮るのが気軽になりました!! 里親さんに、ちりちゃんの写真送りやすい♪
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
スマホにも、こーゆーセキュリティせなーアカンの? してないわー多分。知らんけど。

悲喜こもごも

10月13日。りゅう君の便秘がひどくなって、通院してきました。

りゅう君「ホンマ、マジでシンドイわ。日曜からウンウン言うてたんやで?」
りゅう君 気分悪いわー
ちょこちょこっと、うんこさん出ててから様子見続けてしまった。
脱水もあるしで通院して来ました。

腸内で長くなった便が固まっていて、相当の量だった。
摘便して下さった獣医さん達、スタッフの皆さん、ありがとうございます。スンマセン…。


りゅう君が調子悪くなってから、なぜか他の子達が添い寝してくれた。
りゅう君に添い寝する南天くん
南天くんが、最初にりゅう君と添い寝。

りゅう君に添い寝するそばちゃん
続いては、そばちゃんが添い寝。普段りゅう君とは仲良くないのにな。

りゅう君に添い寝するエミーナ
あらま、エミーナまで! …エミーナ、お尻大きいな。お母ちゃんと一緒やな。


りゅう君の摘便が済んで、補液している時に、レオン係長くんの里親さんから、近況ご報告が入りました!
すかさず、手の空いているスタッフさんから観てもらい、獣医さん達にも観て頂きました。

「最近やっと帰宅した時にお出迎えしてくれるようになったんです!」
お出迎えするレオン係長
里親さんの嬉しさ一杯のご報告到着に、みんなでウッキウキ♪

お誘いするレオン係長
早く早く!と誘っているようで、可愛いっすな。

レオン係長 お気に入りの寝床
安心しきった寝姿。ノビノビやね〜。

ま!! なーんて可愛いのでしょうか…。
甘えん坊のレオン係長
募集中はワカランかったけど、結構押しの強い甘えん坊さんやってんな。よかよか!


スタッフのTさんが泣いている。獣医のS先生も涙目に。
「…奇跡ですね。年齢の高い子が、良縁に恵まれて幸せになれるなんて」

奇跡ちゃう。どの子にも、必ず良縁がある。
年齢が高いとか、持病があるとか、そんなことは里親募集の弊害にはならない。

「この子と暮らしたい!!」 そう思う人が、どこかに居る。まだ出会ってないだけなんや。
私は、そう思っています。 だから泣かないで下さい〜!


「実は、今日、小城ちゃんが亡くなったんです」 え。癌治療してた小城ちゃん亡くなったの?
小城ちゃん えーアタシメインやないの?


小城ちゃん「なんかねー、ちゃうトコ行こか言われて、そーしょーかと思っちゃった」
小城ちゃん キレイに撮ってね
人慣れ抜群で可愛くて、愛嬌たっぷりの小城ちゃん。まだまだヤングやのに…。


そら泣くわ…。
そんな辛い日に、レオンくんの近況報告が届くなんて、こらもう背中押してくれてるとしか思えない。

小城ちゃんがレオンくんが、エールを送ってくれてるんだ。
感謝してるよ 大好きやでと、伝えてるんだ。


辛くて悲しいことと、嬉しくて喜ばしいことは、必ず一緒に来る。
私達は、動物を助けるつもりが、毎度毎度助けてもらってるんやなぁ。
見守ってもらってるんやなぁ。

有り難いこっちゃで。ガンバらなーアカン!!
エイエイオー!!!

ラスクくん、お届けして3年経ちました

ラスクくんの里親さんから、近況ご報告を頂きましたヨー!!
ラスクくん 爪研ぎラウンジにご案内
今回も可愛い写真を沢山頂きました。
ではでは、ご覧下さい♪



ラスクくん「も〜なんだよ、眩しいなあ」
ラスクくん 眩しいな〜
その可愛らしさが、眩しいデ…。

ラスクくん おかえり光線



今年の五月に、里親さんのご家族が逝去され、以後ラスクくんの行動に変化が出始めた。
生活のほとんどを家族が居る1階で過ごしていたのに、2階に引きこもるように。
ご飯とトイレだけ1階でそそくさと済ませ、声をかけられると慌てて2階へ行くそうで。

里親さんが仕事から帰って来ると2階の入り口で待っていて、もうベッタベタに甘えるラスクくん。
ラスクくん 里親さんの膝で熟睡
甘え度は滅法高くなった様子。


元々、ラスクくんは自分なりのペースというか、世界観を持っている子で、お届け直後にも
完全に気配を消して「家の中に居ない…!」と、里親さんを困らせた事がある。
急激な環境等の変化に心がついて行かず、自分の世界に籠って、気持ちの折り合いが付くのを待つのだ。

多分、今回も、大事な家族が居なくなったこと・家庭の雰囲気が急に変わったことに、困惑したんだろうな。
としても、お母さんに声かけられただけで、足音大きく立てながら逃げてくって、良くナイゾ、ラスクくん!!

心が痛んでるのは、君だけやないんや。ねえねもお母さんも、悲しいんやで。淋しいんやで。
自分だけが可哀想やないんや。


ラスクくん 風を感じる

ラスクくん 畳の目を数える

ラスクくん「居なくなったけど、居る時あるんだよ」
ラスクくん 居てるのわかる
そやで。来てくれる事、結構あるけど、困ることナイんやで。
居てるんやー嬉しい♪って思ったらえぇんやで。


ラスクくんは、お家で唯一の男の子なんやから、か弱いねえねとお母さんの支えになってくれたら嬉しいな。
頑張ってくれるかい?
ラスクくん あくび中だよ!
ま、無理せんでえーけどね。


ラスクくん バッグのお守り

ラスクくん 寝ようかな起きようかな
おばちゃんは、ラスクくんは支えてくれる気がするな〜。
出来たらやってみそ! 里親さん達、喜んでくれるからね。



☆猫も繊細な心を持っています。飼い主さんから直に事情を話してくれるのを待ってる子も居ますので、猫にも
色んな話しをしてあげてみて下さいね。
里親さんのご家族さまのご冥福を心からお祈り致します。穏やかな笑顔がとてもチャーミングな方でした。
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

いつのまにか、成長しました

今年の2月に産まれ、約2ヶ月弱、親子で外暮らしをしていた3匹の兄弟姉妹猫。

一番威嚇がスゴかった、柊くん。
柊くん ムカムカ〜

柊くん程やないけど、威嚇してきてた南天くん。
南天くん 不満たっぷり

威嚇は少ないけどメンチ切ってた杏ちゃん。
杏ちゃん 可愛い黒猫女子
この写真は、我が家に来た当時のモノ。野良気質の強い母猫の教育を受けてました。




それが、今はもう、こんな!

柊くん。ご飯の催促に来てくれました。
柊くん ボクの分下さい
ゴメン、後ろに居るそばちゃんが柊のんも、食べてもーたよ。堪忍な!!

南天くん。おちょぼ口でスヤスヤ寝る様子が、めっちゃ可愛い!
南天くん スヤスヤグーグー
3匹の中で一番のベタベタ甘えん坊さんです。

杏ちゃん。むちゃくちゃ、よくしゃべります。高くて可愛い声なのですよ〜。
杏ちゃん 膝からは降りないわよ
控えめの甘えん坊さんで、ゴロゴロ音大きめです。

みな、立派に成長してくれましたわ…。


南天くんと杏ちゃんは、人が大好きなベッタベタの甘えん坊さん。
柊くんはビビリやけど、実は人が好きで気が付いたら近くに居ます。
誰か足の指にチョイチョイしてるなー誰や?と覗くと、柊くんだったりします。


可愛い3匹の兄弟姉妹、里親さん募集中です。よろしくどうぞ〜!

まるちゃん・ふうちゃんからの贈り物

ちょっと前の話しになってまいましたが、奈良漬けくん改めふうちゃんの里親さんから、秋の宝物が届きました。


里親さんのブログで、一生懸命作ってはった安納芋や、生姜、すだち、かぼちゃ、それに舞鶴のワカメ、おじゃこ。
まるちゃん作 安納いもさん達

まるちゃんから 美しい生姜

まるちゃんから すだちも!!

まるちゃんから ワカメ&ナンキン

まるちゃんから 美味しいおじゃこ
うわ〜ホンマ、毎度毎度ありがとうございます、おおきにです!!


写真は開封直後。美味しく頂いた時の写真は、撮り忘れてましたわ…。
お芋さん、美味しかった!! 
生姜は、かんたん酢で生姜の甘酢付けに。
特大のすだちは、皮が薄く、果汁たっぷりで、たまりまへんでしたわ~。


そういえば、ウチの旦那さんは、まるちゃんから頂いたお芋さんがきっかけで、石焼き芋焼き器、買いました。
今年も、その焼き器が大活躍! 
おかずやスイーツにする間もなく、みな頂きましたわー。
石焼き芋、サイコー!!


里親さんのまるちゃん、ふうちゃん、おおきにね。ありがとうございます!!

ふうちゃん「お父ちゃん、ボクを放ったらかして一生懸命作ってたんや。美味しい筈やで」
ふうちゃん 一日、寝て過ごす日
ちゃんとお留守番してたんやろ、お利口さんやったな。

可愛いふうちゃん。
ふうちゃん熟睡中


沢山遊んでもらって、良かったねえ!
ふうちゃん こちらこそ、おおきにやで
こちらこそ、おおきにね。 これから寒なるから、気ぃつけるんやで~。

コナツちゃんとアキオくん

10月4日。 コナツちゃんのお宅に、オスの子猫さんをお届けに行って参りました!!


アキオくん「ココどこ?今日からココがボクん家って、ホンマ?」
アキオくん ココがボクん家だって?
ホンマホンマ! マジっすよ!!



コナツちゃんを迎えて一年が過ぎ、そろそろ2匹目を迎えたいとご相談を受け、どんな子が良いかお聞きすると
「コナツみたいな、賢くて甘えん坊で悪さしない子で、コナツがメスやからオス!違う毛色の子!!」

う。ウチに居る子で、賢くて甘えん坊だけなら、南天やそばちゃんが居るけど、イランことする時あるしな…。
悪さしないお利口さんは、杏ちゃんやけど、コナツちゃんと同じ黒猫やから、アカン。

仕方なしに、コナツちゃんの保護&募集主のMさんに、再び連絡。
「え…その条件、厳しすぎない?」と若干身構えられましたが(笑)、さすが超多頭保護されてるので
数匹ピックアップしてくれました。



その後、改めて里親さんからご希望を聞いたり、飼育環境・飼育方針を確認し、お話を詰めて行きました。
は。今思うと、わざわざ私が仲介しなくても、直接やり取りしてもらったら良かったか。スンマヘン!!


そのその後、里親さんの「どんなブサイクな子でも、迎えたら可愛い家族やから、どんな子でも良いです」との
ご意見を賜り、Mさんが選んだのが、とある愛護センターへ持ち込まれた赤ちゃん猫5匹の1匹、センタ君でした。


センタ君「ボク、間延びした顔のブサイク言われててん。そうかなぁ?」
センタくん 間延びしてる?
そんなこたぁナイナイ!! 男前やで。自信持ち。おばちゃんが保証する!


Mさんが乳飲み子から育てた、センタ君と兄弟姉妹達。
健康状態もバッチリ、お届け直前に引いてた風邪も治り、本日のお届けとなりました。
さあ、先住猫のコナツちゃんとのご対面や、いかにタコにサンマに?


コナツちゃん「この子が、今日来る言うてた弟くん?」 センタ君「わ、綺麗なお姉ちゃんや」
コナツちゃん この子が弟?
初対面の2匹。どちらも、フー!もシャー!!もナシ。
耳が寝ることもなく、尻尾が太くなることもナイ。 う〜ん、スゴイね。



そもそも、私とMさんはコナツちゃんにとって、ほぼ初対面。でも普段通りに出て来て、抱っこも可。
コナツちゃん、Mさんに抱っこされながらセンタ君改めアキオくんを観てます。
コナツちゃん 保護主さんに抱っこされて
私も抱っこさせて頂きました〜♪


里親さん(社長さん)、初抱っこ。
アキオくん パパさんに抱っこされて
アキオくん、ちょっとビビったのは、男の人と今まであまり接触なかったからかな?
ま、すぐ慣れるでしょうな。


ちなみに、夏に来たから「コナツちゃん」、秋に来たから「アキオくん」なのです。

新しくオスの子猫ちゃんを迎えると決めて早々、名前を決めていた里親さんご夫婦。
お名前決まってるんですか?とお聞きした時、満面の笑顔で、そう答えてくれはって、嬉しかった〜。

って、私の保護猫ではないんですが、やっぱり嬉しいよね!!



コナツちゃんとの日々を沢山お聞きしつつ、センタ君時代の話をお聞きしぃの、コナツちゃんアキオくんを
里親さんご夫婦と、経理のおねーさん(里親さん宅は1階が事務所・2階3階がご自宅)と私、Mさんとで
代わる代わる抱っこ。

誰に抱かれてもへっちゃらで、ゴロゴロ言うコナツちゃんとアキオくん。
アキオくん 探検する!
アキオくんは天真爛漫なイケイケな子だそうで。

この後も、里親さんの肩や首に乗るわ、私に抱っこされたアキオくんが髪の毛を噛むわ・後ろのカウンターに居た
コナツちゃんが私の頭のてっぺん付近を噛むわで、面白かったっすよ!



お、探検するか? 初日やから大人しくな、まだ猫かぶっときや!!
探検するアキオくんを観るコナツちゃん
早速様子見するコナツちゃん。そらそやな。

追いかけるコナツちゃん

コナツちゃんアキオくん 興味津々!
おぉ、即座に追いかけますか。行ったって、行ったって!

行ったらアカンとこに行きそうになるも、ちゃんと対策されてたので、大丈夫でした。さすが里親さん!
入ってくれるようにと、作ってくれてはった段ボール製のお休み処にも入ったアキオくん。
よしよし、わかっとるな。


この調子なら、大丈夫やね。Mさんと心底安心して、さ・帰りましょうか。
譲渡契約書にもサイン頂き、センタ君が食べていたフードをお渡しし、おいとましようとしたら
「これ、感謝の印です。どうぞ♪」と、Mさんと私にまで、地元の美味しいお菓子を頂きました。

え、ワシ一緒に付いて来ただけ…。
「赤ツナギさんが居てなかったら、コナツともアキオとも出会えなかったんやから、貰って!」
う。お上手やなー!! おおきにでーす、頂きます!


ほなな、コナツちゃんアキオくん。もう家族やねんで。おめでとうね。
コナツちゃんとアキオくん ご挨拶

アキオくん なになになに?

コナツちゃんアキオくん 今日からヨロシクね!


コナツちゃん、無理せんでえぇからね。
頑張って仲良くせんでもえぇ、したいようにするんやで。
何したって、しなくたって、お父さんとお母さんはコナツちゃんのことが大好きなんは、変わりないからね。

アキオくん、君は子猫やから何しても許してもらえるやろうけど、加減覚えて行くんやで。
コナツお姉ちゃんは年上やけど、女の子やねんから、アンタがもう少し大きくなったら、守ってあげるんやで。


里親さんの会社には、毎月集金にお伺いしますので、またぞろ近況ご報告しますね。
あ〜ホンマ、里親募集えーわ〜。やめられまへんな!!


里親さん、ありがとうございます&おめでとうございます!
近々美味しいご飯をお届けに行きますから、お楽しみにお待ち下さいね♪



☆里親さん(奥さん)が、夏と秋が来たから、次は春と冬やな!ウフフアハハ誰か止めて〜♪と笑ってはりました☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
爪研ぎでしか爪を研がないコナツちゃん。ウチの子も見習っておくれよ…オヨヨヨヨ!

近況ご報告到着〜アントニオくん

2010年に里親さんに迎えて頂いたアントニオくんの近況が届きました〜♪


アントニオくん「おばちゃん、聞いてや。めちゃヒドい目に遭ったんやで?」
アントニオくん エラい目に遭ぅたわ!
どりゃどりゃ、何があったんや〜?


里親さんからのご報告によると、食べては吐きを繰り返し、でも食欲あるしオモチャにも反応するし…?
各種検査を受け、特に異常はなく、でも胃腸に問題があるのがわかり、三日程治療・入院したそうな。
そっかー、往生したわいな。


きっとアントニオくんより、里親さんの方が参りはったデ?

怖がりさんで、カーペットの下に隠れて固まるアントニオくん。
知らない人ばかりの、知らないところ、カッチカチに固まってたらしい。

そらしんどかったな。立派にお勤めしてきて、エラいで〜。


帰宅してすぐ、カーペットに潜り込んだアントニオくん。
「あぁ、今日はもうそこから、出て来ないわね…」と思った里親さん。
と! 20分もしないうちに出て来て、リラーックス!!


アントニオくん「あ〜、やっぱ家が落ち着くわ。最高や!!」アントニオくん お家最高!


この飛びっきりの寝顔!
アントニオくん あ〜落ち着く〜
里親さんも、さぞホッとされたでしょう。


アントニオくん、お家とお母ちゃんの有り難み、身にしみたか〜。良かったね。
これからも体は気ぃつけなはれや。我慢禁物やで!


里親さん、お疲れ様でした。里親さんも、お体ご自愛下さいね。
アントニオくんよ、尾っぽが三つ又になるぐらいまで、長生きするんやで〜。

うどんくん、安らかに

ちょうど一ヶ月前の9月1日。

私の行きつけの動物病院に、多頭飼い崩壊した自動車修理工のおっさんが、衰弱した子猫を連れて来た。
うどんくん 構ってくれんの?
茶トラの子猫で、結構ヒドい状況だったらしい。
おっさん曰く、拾った子猫で可哀想やから連れて来た・治したってくれ・金は明日持ってくるから
一日だけ預かってくれと言い、病院を後にした。


私のブログでおっさんの事を知っている人は、もうおわかりでしょう。

おっさんが翌日、金を持って来ることはなく、あまつさえ電話にも出ない。
病院側が再三電話を掛け続け、やっと電話に出たおっさんは「何回も催促の電話かけてくんな!」
こーゆー奴ですわ。


おっさんは毎日催促の電話を掛け続ける私に「こないだ、赤ちゃん猫拾って、A動物病院に持ってった」
「院長先生が、預かりますよ言うてくれたから、預けて来た」とかぬかしたのです。

病院側が、赤ちゃん猫を預かりますよなんて言うかいや。ましてや、お前に!
毎度毎度、わかりきった嘘ばっかり、ようつけるこっちゃで。病気やな。


おっさんは私に「赤ちゃん猫」だと言ったが、実際は生後4〜5ヶ月ぐらいのようだ。
歯はしっかり生えていた。


おっさんは住むところがなくて、居酒屋のママにお世話してもらっており、住所不定。
病院へ伝えた自宅住所は、デタラメか、昔住んでいたアパートだろう。
どうしようもないやっちゃ。最悪やな。


持ち込んだおっさんは最悪の人間だが、獣医さんやスタッフさんに可愛がられていた子猫さん。
本来の甘えん坊の性格をどんどん見せてくれ、みんなに可愛がられていた。
うどんくん ボク一人やねん
「すぐゴロゴロ言って、可愛いです♡」スタッフのYさん、思わず笑顔に。ウフフアハハ♪

来た当初はもっと小さく、痩せていたそうだ。一回目のワクチン接種も済んだとのこと。
うどんくん 今日はちょっとしんどい
…コレで良くなった状態なのか。 まだまだ油断出来ない。鼻や口元が白いな…。

全身を観てみると、ふっくら感が少しやけど、ある。
うどんくん 全身
月齢から思うと痩せているが、多分来た時から比べると、随分ふっくらしたのだろう。


この日は、9月の連休で17日。病院も忙しく、私も早く帰る予定だったので、写真を撮ったのみ。
すぐさま、おっさんに電話するも出ませんでしたな。
二日後にやっと電話に出た時に、どやしつけときました。



可哀想やからと保護し、病院へ連れて行き、後は知らんぷり。
金も払わず、自分が保護したのに、猫の容態を聞きもしない。
なのに、良いことをした気になっている。よくこーゆー中途半端な事が、よう出来るわ…。

こんな奴なので、おっさん宅から引き上げて良縁に恵まれた子達のことも、全く覚えていない。
黒猫オス3匹
つくづく、あの家から引き上げて里親募集をして良かったと思うと同時に、どうしてこんな奴らが
何の罰も受けず、のうのうと暮らしているのか腹が立つ。


この茶トラの子も、おっさんが引き取りに来ることはナイだろう。
病院側にしたら、支払いはしていないものの、保護した人の猫やし…と躊躇されていたが、私が引き取ることにした。
飼育所有権なんて主張させない。 おっさんは動物病院に猫を遺棄したに過ぎないのだ。


私がこの子に初めて会ったのは、9月17日。
この日は20日。20日も、放っておかれたんか…。

ココに居る限りは大事にしてもらえる。でも、帰る家も、飼い主も、居ないのだ。
獣医さんスタッフさんから「どうなるのかしら…」と心配されて過ごして来た。



安心せい。もう君は、ウチの保護猫や。
我が家の保護猫として迎えるんやから、名前考えんとな!


多分、そばちゃんと同じぐらいの月齢だろう。む。そばちゃんの友達になるんやから「うどん」なんてどや?
うどんは、あんまりか。うどんと言えば要潤、潤にするか? そんな事を話しながらナデナデ。
うどん君 お家も仲間も居るよ!
心なしか、喜んでいるように見えた。表情が急に明るくなった気がする。

行き場のない子ではなく、我が家の子になったんやもんな。
しっかり養生して、元気になってお家に戻ろうな!
ウチにはゴンタくれの「そばちゃん」言う子が居るから、そばちゃんと遊ぶ為にしっかり体力付けるんやで…。
そんなことを話しながら撫で続けた。


でも、もう長くないのは、わかっていた。
うどんくん 重篤状態に
17日以後、貧血がヒドく輸血してますと連絡を頂いた。白かった鼻・口元が思い出された。


たまたま20日は、八重ちゃんを病院へ私自身が仕事を抜けて通院させていた。
八重ちゃんの治療が済んだ時、スタッフさん達が「M(おっさんの名字)さんの子猫が…観てあげてくれますか?」
あ、もうアイツの猫やなくてウチの保護猫ですから!!と伝え、観に行くと、上の写真のようにグッタリしていた。

亡くなってる…と思い、体が一瞬で冷えてしまったが、生きていた。ホ。
動かないうどんくんを撫で続けると、体を起こして私を見つめてくれた。

うどんくん「…ケージの外、出てみようかな」
うどんくん ケージの外に出てみたい
出るか? お母ちゃんがサポートするけど、無理しなや。 結局ケージからは出ず、ケージ奥でノビノビ〜。


気持ちを込めて撫でる。って、ちょっと暑くなったか?
うどんくん 暑いよ〜
しんどいやろうけど、心は軽くなったろう。安心して、過ごしや。
うどんくんがいつでも帰れるよう、お家整えとくさかいな。

沢山の気持ちを伝え、うどんくんの気持ちを感じようと頑張ったけど、正直ようわからんかったな…。
しんどい時にアレコレ言われたら、疲れるわな。堪忍やで。


厳しい状況やけど、うどんくんの心が晴れやかになった気がする。
例え短い生涯になろうとも、獣医さん・スタッフさん・私と触れ合えて、安心出来たと感じてくれたかな。
後ろ髪を引かれる思いで、八重ちゃんと病院を後にし、帰宅・速攻職場へ。


忙しく仕事をしてると、院長先生から「あの子、今亡くなりました…」と電話が入った。
先生は多分泣いてはったろう。声が震えていた。怒りも含まれていたと思う。


ウチで見送る用意をする旨、伝えたら「病院でさせて下さい」

うどんくんをずっと観て来たのは、病院の方々だ。
私は最後の最後で、チラッと関わったに過ぎない。
先生は「巻き込んでスイマセン」とも言うてはった。


無責任に丸投げするヤツも居れば、ウチでずっとお世話して来た子なので…とキチンと見送ろうとされる方も居る。
うどんくんは、あの病院だからこそ、幸せに旅立てた。それだけが、本当に良かった。



うどんくんの冥福と、おっさんにキツイ天罰が下るよう、心から祈ります。




行き場のない可哀想な猫を見かけたら、保護する前に、ご自分の心と財布に相談して、保護にあたって下さいね。
自分1人でどうにもならん時は、アチコチの愛護団体や里親募集されてる方にご相談下さい。

丸投げじゃないなら、協力してくれる方は必ず居ます。
自分が出来ないことを他人さんにしてもらいたい時は、気持ちとお金を付けて下さい。

責任感とお金がない人は、動物とは関わらないで下さい。おっさんと同じですよ!!
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる