ようこそ我が家へ〜滝ちゃんと雫くん

子猫を迎える気満々だったのにドタキャンされた常連さんに、知りあいのボランティアMさんが保護されてた
子猫ちゃんをお渡しした、その直後に私は思った。

無理なお願いを快く引き受けて下さったMさんに、何かお返しをせなー。

Mさん「お返しなんて〜。…えっとね、じゃあ言いにくいんけど、子猫1匹お願い出来ないかしら?」
ハイ、喜んでー!! 



一人暮らしのおじいちゃんによる、多頭飼い崩壊が発覚し、これから解決に乗り出すそうな。

大人猫が複数と、今年産まれた子猫がわかっているだけで、14匹。
大人猫は不妊手術をし、おじいちゃんがこれからも飼い猫として暮らすことに。
子猫は、預かり先を探して、里親募集をしようとのお話でした。


数年前、近所に住む私の猫友さんが亡くなり、残ったご主人が17匹だったかの飼い猫のお世話を引き続きするも
結局は破綻し、Mさんとお仲間さん達で対応してはった。
その時に、1匹でも良いから預かって欲しいと頼まれたのですが、当時の我が家では預かりが出来ず、お断りしたのでした。

あの時の件も含め、Mさんにご恩返しがしたい。
そう思って、子猫の預かりを引き受けました。 

1匹では新しい環境に馴染みにくかろう。
2匹迎えて、ウチで保護生活をしながら里親募集することにしました。



「ノミだらけなのよ、病院でノミと虫駆除のお薬は済ませてきたんだけど…」困り顔のMさん。
連れて来てくれた2匹の子猫のうち、サビ柄の子が全く人に馴れておらず、激しい威嚇と攻撃をするとションボリ。
里親募集が難しくなるだろうと心配してくれはったのだ。


どれどれ、威嚇と攻撃がスゴいっつったかて、所詮子猫。大したことはアルマーニ。いや、あるまいに。


サビ柄ちゃん「寄って来ないで!!! 何かしたら、承知しないわよ!!」
滝ちゃん 何かしたらヤルわよ!!
おぉお、久々の本格の威嚇する猫や。

爪は全開で、威嚇のシャーも、丹田から出してるような気合いがこもってるモノだ。
全身を使って、こちらに攻撃してくる。 少しでも手を向けると、威嚇&攻撃を即座に繰り出す。
ケンカ慣れしてるのか、そのタイミングは完璧。お見事とも言えますな。


茶白くん「…ボク、疲れたわ」
雫くん ボクは疲れた〜
サビ柄ちゃんと一緒にやって来た茶白くんは、一言も発せず。
目をつぶって下を向き、すっかり疲れた様子。


そらそやな。

ある日急に、お家に知らんおばちゃんが多数来て、次々と仲間が連れて行かれて、自分達も車に乗せられてな。
産まれて初めて動物病院へ連れて行かれ、アレコレ観てもらい、なんやかんや言われて、なんかされて。

で、またどっか連れて行かれて、赤いツナギ着たおばちゃんに迎えられて…。疲れたわな。

でもな、どうしても必要なことやったんや。前に住んでた所は、君らが過ごすべきお家やなかったんや。
あのおばちゃんらは、君らを救ってくれたんやで。ま、わからんでもかまへんかまへん。
そーゆーことやったんや。堪忍な。



ひとまず私の職場に連れて来てもらった2匹を、職場の事務所2階へ。
ココは、職場の気配がほんのり感じる事が出来ながらも、静かなので、落ち着けるだろう。


サビ柄ちゃん「…あのオバハンかって、どんなヤツかわからへん。気ぃ抜けられへん」
滝ちゃん 用心中
ウエルカムな態度と声で接するも、サビ柄ちゃんは警戒心を緩めない。

君ら、お腹減ってないか? ご飯食べたかい? はいよ、良かったら食べてごらん。
雫くん ご飯や〜
一瞬戸惑った顔を見せてから、食べ始めた茶白くん。 一心不乱に食べる。
サビ柄ちゃんにも用意してみると、これまた「ご飯や!!」とお皿に飛びつく。

茶白くんを撫でてみると、毛はバッシバシながらも撫でられるのが好きなようで、目を細める。
それを観たサビ柄ちゃんが「オバハン!! 勝手に触んな!!!」と、威嚇と攻撃を繰り出す。


サビ柄ちゃん「オバハン~、イランことしたら承知せえへんからな」
滝ちゃん メンチ切ってます
ご飯頂いた後やからか、ちょっとだけ眼光の鋭さが減った気がする(笑)

別々のケージに入れてたけど、一緒にしよか~。
滝&雫 連結前

滝&雫 連結しました
2匹一緒の方が、落ち着けるやろ? 

滝&雫 一緒で安心
おばちゃん仕事してくるさかいに、ゆっくりしときよし。



2時間ぐらい放置して、様子見に行くと、トイレをしていた。
ケージ内には沢山のノミの死骸と、ノミの糞、そしてまだまだ元気に蠢いているノミ。 うぅ~気持ち悪い!
2匹ともがしょっちゅう体のアチコチを掻いている。 そら痒いやろうさ…。

つくづく思う。
外で暮らしている野良猫より、適正飼育が出来ない人間が室内飼いしていた猫の方が、いかに酷い状況か。
可哀想にな…。



さてさて、もう君らは可哀想な猫やナイんや。 まずは仮名を付けたらんとな。
Mさんの苗字は「水」なので、水関係のがえぇね。

よし、サビ柄ちゃんは「滝ちゃん」、消え入るような声で少しだけしか鳴かない茶白くんは「雫くん」としよう。
今日から君は滝ちゃん、君は雫くんやで。ヨロシクな、今からお嫁に行くまでは、おばちゃんがお母ちゃんやさかいな。


そう言った途端に、滝ちゃん・雫くんの表情が一変。

滝ちゃん「おばちゃん、アタシらに名前付けてくれんの?可愛がってくれんの?」
滝&雫 仮名付けような
当たり前やがな、君らは1匹1匹、それぞれ可愛がってもらう為に生まれて来たんや。
オモチャでもなければ、モノでもナイんや。大勢居る猫達の1匹やない、この世で1匹だけの滝ちゃんで雫くんや。


この瞬間から、滝ちゃんは威嚇と攻撃を一切止め、雫くんは堰を切ったように鳴き出した。
滝ちゃん めちゃ甘えるやん!

雫くん めちゃ鳴くやん!
この子達は、産まれてこのかた、名前で呼んでもらったことがなかったんやな。
それぞれ個別に可愛がってもらったことが、なかったんやな。

そして、そうして欲しいと、ずっとずっと望んでたんやな。

大丈夫や、これから毎日何回も何回も、名前呼んでナデナデしたるさかいな!!



こーゆーことがあった日が、6月15日でした。
遅! 今、8月やで?! スンマヘン!!

07/27のツイートまとめ

yue04301224

我が家の猫アパート。入居者は全員、里親さん募集中です。上から、モモちゃん、五郎蔵さん、カブちゃん。 https://t.co/PUzOq7P1wp
07-27 23:07

久々の動物との暮らし

またまた先月の話で恐縮ですが、海生くんを里親さんにお渡しした日の夕方。
海生くん 生後2ヶ月に
↑現在の海生くん。里親さんを紹介してくれた猫友さんのブログ紅葉の季節をご覧下さい♪


常連客さんが、かつて観た事のない、ハイテンションさで来店。
「明日、子猫が来るねん!! みて、コーナンで猫用品一式買って来てん!!」

車内には、溢れんばかりの猫用品で一杯。
いや〜1人でコレ買って、車に積むん大変やったでしょうに。

「動物と暮らすの何年ぶりやろ? もう興奮してアカンわー」

かつては犬や猫と暮らしていた常連さん。 その仕事ぶり同様、愛情と責任を強固に備えてる人だ。
迎えてもらえる子猫さんは、幸せやな〜。


が。 子猫は結局来なかった。


道端で子猫を拾って「誰かもらってくれませんか」とアチコチにメールを送り、即・名乗りを上げた常連さんに
明日渡しますと約束した人は、「他の人に渡しました」と全く謝りもせずにメールだけ送って寄越したそうな。
なんじゃそら!

ごっつ喜んで迎える準備整えてはったのになぁ。気の毒ですわ。


…そういや、多頭飼い崩潰した自動車修理工のおっさん宅で、子猫が産まれてたな。貰い手を探していた。
っちゅーことで、早速おっさんに連絡し、次の土曜に常連さん宅に子猫を連れて来るよう伝え、おっさんも了承した。


が。 結局、おっさんは子猫を連れて来なかった。
おっさん自身はちゃんと段取り組んでたが、おっさんの兄と父が「手放したくない」と拒否ったのだ。

毎度毎度のことながら、どうしようもないやっちゃ。


全国のみなさん、多頭飼い崩潰する人達って、こんなヤツ多いんですよ。
心してかかって下さいね。



さて、どうするか。ウチに居る子猫達には、もひとつ興味が湧かない様子の常連さん。

すぐさま、子猫専門で養育ボランティアされてるMさんに電話して、事情を説明。
一時間もしない内に、保護子猫3匹を常連さん宅に連れて来てくれはった。



「赤ツナギさんが太鼓判おす方なら、安心してお任せ出来ますわ〜」有り難や〜!!
こちらこそ、こんな急なお願いに対応して下さって、おおきにです。


行きつけの動物病院で知り合って、その頃は、お互いが一杯一杯に保護・里親募集をしていた。
あの頃とはお互い、スタンスもキャパも、通う動物病院も違うようになったけど、猫の幸せを思う気持ちに変化はナシ。

で、こーゆー時に頼れるのは、Mさんしか思いつかなかった。
えらいスンマセン!!



長毛の黒猫姉妹と、黒白オスくんの詳細をまず説明してくれはった。

相変わらず、丁寧にケアされている。ノミ回虫等駆除済み、健康管理もバッチリされている。

3匹共が、健康上に問題がない子達で、黒白オスくんだけがちょっとビビリで心配なのよね〜とのこと。


ささ、常連さんにご挨拶しましょか〜。
黒フワちゃんの姉妹 ココどこ〜?

黒フワちゃん ココどこ〜?

黒白オスくん ココどこなん?

黒フワちゃん 職人さんに抱っこしてもらう
たまらん、可愛い!! 常連さんと、常連さんの会社の職人さんも、メロメロに。


「一番最初に抱っこした、この子にする!!」 常連さん、即決。
前から感じてたけど、男前なんよな〜この人。 どうぞ宜しくお願いしますね♪



後でわかったんですが、この時の常連さんは、心身共に限界が来ていた。
岸和田で一人暮らししているお母さんの所へ、週一回〜二回介護に通うこと、数年。
仕事を通常通りこなしながら、家を実家を明るく盛り立て、たぶん心が休まることは少なかった。

そんな時に、縁あって向かえた子猫に、どれだけ癒され励まされたか。


スクスク育つ子猫ちゃんとの生活は、常連さんを一変させた。
久々の動物との暮らしに、常連さんは「迎える前の生活が思い出せないわ〜」


おめでとうございます、少しでもお役に立てて、私も嬉しいっすわ。
現在、給油でご来店の度に、子猫ちゃんの可愛い様子をお知らせ頂いてます。

幸せな様子の子猫ちゃんと常連さん。
里親募集、やめられまへんな〜!!



☆猫との生活を始めたことで、気力を取り戻した常連さん。こーゆーパターンも結構アリです☆
クロックス 公式オンラインショップ
常連さんがいかにも履いてそうなウェッジですわー。あ、常連さんは綺麗な女性です!

07/21のツイートまとめ

yue04301224

微笑ましい猫の親子。あ、1匹は実の子やナイですわ。 https://t.co/SiXusiDIbb
07-21 23:14

猫との暮らしを現実に

これまた先月の初めのこと。

動物病院で暮らしているしし丸くんに、お問い合わせが2件同時に来ました。
しし丸くん 待ってたんやで
どちらも良い印象の方で、さてこれからお見合いの段取りをつけなーと思い、動物病院へご報告に。


「…しし丸、急に体調崩しちゃって」 担当の獣医さんが悲しげに顔を曇らせる。
そういえば、募集記事に掲載する為に久々に写真を撮りに行った時、少し痩せた印象があった。
しし丸くん おばちゃん久しぶり!
検査を始めたばかりで、結果が出次第治療を開始するとのことで、すぐさま里親希望者さんお二人に伝えた。

たぶん、しし丸くんを諦めて他の募集猫さんを検討されるだろうなと思いきや、お二人ともが「しし丸くんしか考えられない」と、体調が復活するのを待って下さることになった。


ひとまず、しし丸くんの状態を希望者さん達にお知らせし、良くなることをお祈り頂くも、容態は良い方向へは行かず。
獣医さんから、有り難いお話だけど白紙に戻して下さいと申し出を受けました。

お一人は、残念ですが、しし丸くんの今後が良くなるように祈りますと、ご辞退下さった。
もうお一人は、同じくしし丸くんの今後を祈って下さったうえで、我が家の保護猫達を検討して下さることになった。




しし丸くんを泣く泣く諦め、ウチの保護猫から選ぼうと思い直した方は、とても面白い人でした。
今までは、猫には全く興味がなかったそうな。

それが、猫を飼っているお宅に遊びに行った時に、猫の魅力や猫との暮らしをつぶさに観て、目覚めた。
「猫と暮らしたい!!」と。


友人さん宅の飼い猫さんの、優雅で静かな佇まい。 時折、投げかけてくる視線。
イヤなことは一切受け付けず、ノビノビと好きなことだけして過ごす猫さんに、すっかり心を奪われたそうな。
わかるわ〜!!


思い立ったら、行動派の希望者さん。
はるばる京都山科から、電車を乗り継いで我が家に来てくれはった。

お越し頂いたのは平日で、ウチの旦那さんが接待。私は仕事ですわ。


初めて観る、沢山の猫達。お友達さんとおいでだったのですが、お二人共驚いておいででした。
旦那さんがその時の様子を写真に撮ってくれて、帰宅してから観たんですが、ポカーンとされてました(笑)

ま、色々ビックリされる事が多いモンね、我が家は…えらいスンマヘン〜。


何よりも、それぞれの猫達にそれぞれの保護された由来があり、性格・個性があり、心を持っていることに驚かれたかも知れない。
「人と同じなんですね〜」と感心されていた希望者さん。


心を寄せ、色々と考えて下さったのが、とても嬉しかった。
お友達さんとニコニコしてお帰りに。  この人なら、ウチの保護猫をお願いしたいなぁ…そう思えました。



その後も、猫達の話で色々やり取りをしていたのですが、希望者さんのご家族が急に病に倒れ、家庭の事情が急変。
結局、猫を迎えるどころではなくなり、話は流れてしまいました。


いつの日か、事情はともかく気持ちが落ち着いて「猫を迎えたい」と思えるようになったら、またご連絡頂くことになりました。
あ〜あ、残念! でも、しゃーないよね。 迎えるタイミングって大事やもん。


ゲートくん「あのおばちゃん、もう来ないの?」
ゲートくん おばちゃんら騒々しかったデ
ゲートくんのこと、気に入ってはったな。 また来てくれるよ、楽しみに待っとこや。


モモちゃん「アタシが良いって言うてたのに〜」
モモちゃん 可愛いって言うてくれた
ウチに来る前は、モモちゃんをって言うてはったね。 モモちゃんも可愛いって言うてはったやん!


ムギちゃん「言いたかナイけど、一番最初はアタシをって言うてはったんやで」
ムギちゃん お呼びやないっちゅの
そやったね〜。でも猫を初めて飼う人には、ムギちゃんのような人好きやない猫は、しんどいかもね。
ムギじゃないとイヤやって言う人が、世の中にきっと居てはるよ。 待っとこな。




☆あの人が近い将来、猫と暮らせますように。 猫との暮らしを満喫出来る日が、来ますように☆

モモちゃん、心筋症か?

先月のことなんですが、モモちゃんが冷蔵庫から降りた直後に後ろ足を引きずりました。

モモちゃん「大げさやねん、 冷蔵庫からおりる時に失敗しただけやの!」
モモちゃん なんともナイって!!
モモちゃんが妙な体勢で冷蔵庫から降り、直後、後ろ足を引きずって歩いたのを観て旦那さんが
「モモちゃん!!」と大声で叫んだ。 「モモちゃん、後ろ足が!!」

猫トイレの掃除中だった私もすぐにモモちゃんを確認へ。

軽く後ろ足を引きずり、腰も落ちている。
近寄って様子を見ると、瞳孔は普通、心拍数は若干早め、すぐにキャットウォークへ飛び移った。
大丈夫。…やよな?  後ろ足を引きずった様子を見ると、過剰に反応する私達。仕方ないんですわ〜。



ウチには、心筋症で後ろ足が麻痺した猫、ターフちゃんが居る。
ターフはある日、軽く後ろ足を引きずっていたことがあり、様子見をせなーと心がけていた矢先に、心筋症を発症。
今は元気で活発に動き回っていて、こちらが心配するぐらい。

ターフちゃん「足?コレがフツーやよ」
ターフちゃん ご飯頂戴
右後ろ足は今も引きずっているけど、フツーに走るし、ジャンプするし、キャットウォークにも駆け上げる。


獣医さんが言っていた。ターフちゃんは血管がとても細いと。
だから血栓が出来やすく、心筋症等になりやすい体質なのだろうと。

ターフの姉妹猫で、里親さんに迎えてもらった、ミミちゃんも、ターフと同じく心筋症を発症した。
ミミちゃん 仲良しの先住猫シェリ君と
キジ白の猫さんがオッズ改めミミちゃんで、キジトラの猫さんは先住猫のシェリくん。仲良しなんだよね。


ウチの保護猫で素晴らしく性格の良い子だったレディちゃんも、おそらくは心筋症で亡くなったのではと思う。
レディちゃん 里親さんを悩殺


3本足の原田さん改め、牛太郎さんも、心臓発作を起こして亡くなった。
原田さん ヤング時代


最近では、ニニちゃんも、心筋症で亡くなった。
ニニちゃん しおちゃんとのひととき


行きつけの動物病院でも「ここ数年、血栓が飛んで心筋症になって亡くなる子がとても多いんです」と、心筋症用の治療薬を常備されるようになった。

血管を広げるだけでは対応が追いつかない場合も多く、血栓を溶かす薬や、発症してすぐ治療を受けることが勧められている。

モモちゃんは、その後の様子を観ていると、どうやら心筋症ではなかった様子ですが、今後も注意深く様子見です。



モモちゃん「それより、あの人また来たんやね」
モモちゃん アイツ嫌い
あの人ね、モモちゃんの前の飼い主さん夫婦の後見人さんなんよ。 年に一度、モモちゃんの様子観に来てくれはるんよ。


モモちゃんの前の飼い主さんご夫婦は、お二人とも病気で、介護を受けている。

自分達がむやみやたらに保護しては不妊手術もせず頭数を増やし、あまつさえ室内飼いをせず、ご近所さんに大迷惑をかけていた。

苦情を受けた夫婦のヘルパーさんが、アチコチに相談し、愛護団体に頼んで不妊手術を済ませたんだった。
その費用も、ヘルパーさん達が払ったんだったな。まだ後見人が決まる前だったので、そうなったんだろう。


後見人さんはモモちゃんが元気な様子を観て「やあ、猿っぽさは無くなりましたね。すっかり猫だ」

虐待まがいの飼い方をされていたモモちゃんは、長いヒモでくくられていて、家から出られないようにされていた。
その時の様子がよっぽど記憶に残っていたのか、そんなことをおっしゃった。


少しばかりの飼育費用をおいて、お帰りになった後見人さん。
モモちゃんは、どうも後見人さんがキライなようで、ム顔していた。


ふふ、モモちゃん、ム顔も可愛いよ〜。
元気なうちに、いっぺん病院へ行って、健康診断してもらおうな。




☆どの猫さんにも、心筋症にはなって欲しくない。でもなってしまった場合は、迷わず動物病院へ行ってすぐに治療をしてもらって下さい。心からそう思います☆







【★あす楽★】【ハートアクト(100粒)】心臓用【★レビュを書いて、次回もポイント2倍!★】 サプリメント 犬猫用 栄養補助食品 獣医医療開発 日本全薬工業【RCP】P01Jul16 02P09Jul16 02P29Jul16 02P06Aug16P01Jul16 02P09Jul16 02P29Jul16 02P06Aug16



価格:
4,580円


(2016/07/18 18:53時点 )


感想:22件



心臓病の動物さん用の漢方薬サプリです。ターフちゃんも発症してしばらくは服用していました。おススメです!

近況ご報告祭り、第3弾〜茶太郎くん

2015年の2月28日に、里親さんに迎えてもらった茶太郎くんの里親さんから、近況ご報告が届きました♪

「是非ブログに載せて下さい!!」とのことなので、張り切ってご紹介するぞ〜!!


茶太郎くん「よ、おばちゃん。オレらは元気やで!」
茶太郎 お家の中は涼しいで〜
そらぁ良かった。 特に君は、一日涼しいお部屋でノビノビしてるんやさかい、元気一杯やろうね。


茶太郎くん「当たり前やんか、熱中症になんかなったら大変やで」
茶太郎くん オッス相棒!
そらそや。 健康と安全の為に、お部屋は快適温度にしといてもらわなーな。


な〜んて気持ち良さそうなお姿でしょうか。
茶太郎くん お気に入りのソファー
おばちゃんも、昼間グーグー寝てみたいわ〜。


「オレにも大事な仕事があんねんで」とでも、言いたそうなお顔ですな。
茶太郎くん おすましポーズ
里親さんに、より良い飼い主になるよう、教育するお仕事でしょうな、きっと。


茶太郎くん「そや、それが一番大事でやり甲斐ある仕事や!」
茶太郎くん もっと構えー!
そーかいな、しっかりお気張りやすよ。


「まだビビリなようで、テレビの猿声に、めっちゃ反応してました!(笑)」と、里親さん。
茶太郎くん やるんか、おう!
ホンマや(笑) 君ぃ、腰が落ちてまっせ。アハハハハ!! 


ワクチン接種も済み、体重は5.3キロ程になった茶太郎くん。もうちょっと大きくなるだろうね。

缶詰ご飯が出る時は、鳴いて催促するし、里親さんにはすっかり甘えてます。
可愛いの〜…。たまらん!!


これからも里親さんと楽しく暮らすんやで〜。



☆親兄弟とはぐれて、1人で外生活を頑張っていた子猫時代は、遠い昔。生涯安全で安心した生活を満喫してや〜☆
クロックス 公式オンラインショップ
なんとなく、茶太郎くんの里親さんには、サンダルや下駄が似合うイメージ。ワシも1足買おうかな〜。

近況ご報告祭り、第2弾〜キトラくん

2013年の6月30日に、里親さんに迎えてもらったキトラくん

「我が家に迎えて、丁度3年になりました」と、里親さんから近況ご報告を頂いてビックリ!
え〜、まだ3年しか経ってナイっけ? と同時に、もう3年経ってんやっけ? とも思いました。
どっちやねん!!


キトラくん「おばちゃん、久しぶりやな。熱中症やって?気ぃつけや」
佇むキトラくん
おおきに、キトラくん。君も、窓辺で日向ぼっこする時、気ぃつけなはれや。


お日さん大好きなキトラくん。 日光浴は健康の基本やね。
キトラくん 朝陽を浴びて
その可愛さが眩しい…なんてね! いや、ホンマのことやさかいな。


里親さんご夫婦のことが、大好きなキトラくん。
キトラくん 待ってます
毎日、キトラくんの愛らしさで盛り上がってるそうな。そやろな〜。


この満点の寝顔! 幸せでたまらんってお顔ですな。あ、起こした? ゴメンね。
甘えるキトラくん
同じぐらいか、それ以上に里親さんご夫婦は幸せ感じてるだろうな〜。


何してても可愛いんやけど、寝顔はまた最高やね!
キトラくん 寝返り


これからも、里親さんご夫婦と楽しく幸せに過ごすんやで〜。
キトラくん アップ


お腹にデキモノが出来て、通院・治療したキトラくんでしたが、大事に至らず、今は患部を気にして舐めるので
おハゲが残ってるだけだそうな。

お大事にやで〜。



☆我が家に居た保護猫が、里親さんと幸せに暮らしている様子は、本当に嬉しい。元気でゴキゲンで幸せにね☆

近況ご報告祭り〜ナルガちゃん&ツクシちゃん

2010年の春に里親さんに迎えてもらったナルガちゃん(保護猫時代の仮名はイケちゃん)
2014年の年末に迎えてもらったツクシちゃんの近況ご報告が届きましたデ〜!!


ナルガちゃん「おばさま、お久しぶりね。お元気?」
ナルガちゃん お久しぶりね
ナ〜ルガちゃーん!! 相変わらず可愛いね♪

ツクシちゃん「アタシも元気やで」
ツクシちゃん 割り込み警戒中
おぉ、ツクシちゃん! まだウチに居る、ツクシちゃんの姉妹エミーナちゃんとソックリやなぁ〜。


二人とも、里親さんにベッタリん子やね。
ナルガちゃん ママ大好き

ツクシちゃん ママ大好き〜
な!!  んて!可愛いのでしょうか…。


へー、ツクシちゃんがナルガちゃんをグルーミングすることもあるのね〜。
ナルガちゃん 良いお姉ちゃん


2匹が里親さんをとても好いているのが、よくわかる。
ナルガちゃん ママ〜

ツクシちゃん ママー!
写真の向きがヘンなのは、気にしないで下さい〜。


「ツクシは子猫のようですが、今月で2歳です」里親さんがそうおっしゃって、ちょっとビックリしてしまった。
ツクシちゃん 実は2歳
そっか、エミーナとツクシちゃんを保護したのは、2年前なのか。


忙しく日々を過ごしていると、年齢をつい忘れてしまう。
エミーナも2歳、早く良縁を見つけてあげんとね。


エミーナ「年齢なんか関係ナイもん!」
エミーナちゃん 子猫のお守りはしない
そやね、可愛い君らをもっともっとアピールせんとね。


ガンバルぞー!!!
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる