キトラくん〜近況ご報告頂きました

みそイチくん改め、キトラくんの里親さんから近況ご報告を頂きました。

「6月30日で、キトラを迎えて2年になります」 おぉ、そうでしたか!!
お届け時のことは、今でも昨日のことにように思い出される。
キトラくんをお届けした後、自宅に引き返して、レミちゃんとハッコちゃんのお届けに向かったなぁ。


おっと、懐かしがってる場合やない。 ノビノビと甘えるキトラを観てもらなくっちゃ!
キトラくん ゴロゴロ♪
ふふ、思いっきり甘えとるねえ。よかよか!

里親さんお気に入りの一枚。 旦那さん愛用のお座布団を、隙を観て奪取。
里親さんの匂いが付いてるもん、独り占めしたいわな。
キトラくん だらだらりん♪
心の底から、リラックスしてるねえ〜。 愛し愛されとるねえ。


寝顔も可愛いこと!
爆睡するキトラくん


里親さんのもう一枚のお気に入り。
半目でリラックス中のキトラくん
里親さんが日中出掛けて帰宅すると、超甘えん坊モード&スネスネ発動(笑)
なので、帰宅後はキトラくんの為に時間をキチンと作って、満足してくれるようにしてはる。
それが嬉しいのだろう、ずっとそばに居るキトラくん。 その時の一枚が、上の写真ですわ。

あぁ、情景が浮かぶよ…。


キトラくんには日向ぼっこ席があって、着席してリラックスしている様子が駐車場から見える。
その写真も送ってくださったですが、なぜかアップロード出来ない〜!

なんしか、キトラくんも里親さんご夫婦も、毎日を楽しく幸せを感じながら暮らしてはる。
は〜幸せやなー。おおきに、おおきにです。



☆里親募集して幸せになれるんは、猫と里親さんだけやナイ。募集主も幸せなのでした。えぇこと尽くしやね☆
チャーム本店

麿の名は、ヒデヒトなり

秀仁くん「ちゃんと抱っこしてよ〜」
秀仁くん ココどこですか〜
ちゃんと抱いてるやん。抱き方が気に入りませんか? 文句は抱っこしてくれてる社長に言うてーや。


毎日給油に来てくれはる、お気に入りの常連客さんが「猫、好き?」と聞いてくるので
好きですよ、毎晩のおかずにしてますと答えると「ほな、もらってくれへん?会社に子猫が居んねん」



この会社には、前から野良猫が居たけど、最近は全く見かけなくなっていた。
子猫を見つけた社員さん達も、猫を見かけた事は一回もなく、でもネズミや鳩の死骸を時々見かけるので
イタチか猫が居るんだろうなと思ってたそうな。


子猫を私の職場に連れて来て、状況説明を受ける。
2人の社員さんが来たんですが、1人は会社に野良猫が居って産んだ子ちゃうか・でも1匹だけって変やない?と言う。
もう1人は、今日来たコンテナに入ってたんじゃないかと言う。 ん〜…どっちゃでもえぇわ!!



何しか、母猫どころか猫を見かけない会社内に子猫を放っておくことは出来ない。
この会社には何故か鳩やカラスが沢山来るし、赤ちゃん猫のお世話を出来る人が居ない。
こちらの会社の社長さんは動物キライなので、焦っちゃったんだろうな。


当初は自分達で育てようとしたらしいけど、子猫用フードをお皿に入れても一切食べない上に
とんでもない大声で鳴き続けるので、困ったそうな。
子猫や猫と暮らしたことがなく、猫には全く興味がない社員さん達ばかり。
頑張ってくれたと言えましょう。


子猫の週齢の見方、育て方、世の中には沢山の猫が保護され里親募集されている事を話すと、ビックリされてた。
秀仁くん えっと、社長さんがこの人?
病院代と養育費を負担してもらう事を条件に、引き取ることに。 あーあ〜、子猫が急に増えちゃったな〜。
ローザにラウムに、秀仁くん。


そうそう、この子猫の名前は、子猫を見つけて何とかしたいと思った社員さんの名前にしました。
秀仁くん 抱っこ中
子猫くんはこの人に懐いていたそうな。寛仁殿下と同じ年に産まれたから「仁」が名前に付いたと言ってはった。
え、結構お年なのですね。見えないな〜! しかも男前。

でもペット不可のマンション住まいで猫は飼えないってさ。 残念!
秀仁くん 寝床箱
ご飯を食べて、スタンドのみんなに撫でて貰う内に落ち着いたのか、ウトウト。
今日から赤ツナギ家の保護猫やで〜、よろしくな秀仁くん!


秀仁くん「麿のばあやは、誰が担当するのじゃ?」
秀仁くん 隣は会計のおばちゃんか〜
ばあやは2人控えております、殿下。赤ツナギと事務服でございます、よろしゅうお願い申し上げます。



☆せっかくの可愛い赤ちゃん猫、自分で育てる楽しさを人にお願いするなんて、もったいないなあ☆

ラウムくん、眼球摘出手術・無事済みました

多頭飼い崩壊したおっさんが保護し、右目が大きく腫れてしまった子猫のラウムくん。
6月26日に、眼球摘出手術を受け、無事終了、元気にしています。


この写真は、手術前日の昼間。 この前の晩も、腫れが徐々に大きくなっていました。
ラウムくん 手術前日
腫れた部分がみるみる変化していくので、慌てて病院へ連れていってもらい、獣医さん達と相談。
その際、ラウムくんの今後についても話し合った。

ラウムくん 手術前日夜
おっさんらは元気になったら自分達が育てると言ってたが、おっさん宅の飼育環境で、おっさんらの飼育方針で
健やかに育てられる筈もない。


我が家の頭数、飼育環境・飼育方針、そしてお金。そのどれもが厳しい今、正直とても保護は無理だ。
じゃあ、おっさんらに渡すか? それは出来ない。
じゃあじゃあ、頑張るしかナイわな。


獣医さんとウチの旦那さんが一番心配したのは、おっさんらが子猫を手放さず、最悪亡くなってしまうことだった。
このパターンは十分有り得る。 去年もパッソくん達の兄弟ハスラーくんがご飯を充分食べられず衰弱死している。

どうやっておっさんらを納得させて、子猫の飼育所有権を我が家にするか。
獣医さんと旦那さんは、この点を心配してくれはったが、そんなモンは簡単だ。



「手術代は10万ぐらいや。用意出来るか?」 黙り込むおっさん達。

S動物病院にもツケが溜まったまま、先日ラウムくんを診てもらった診察代も未払いのまま。
手術代だけでなく、以後も病院へ通わなーアカンし、おっさんらの飼い猫は沢山居る。
ご飯代、砂代だけでもヒーヒー言ってるおっさんら。
こーゆー事言われるとコタえるよね。 私もお金に困ってるので、わかるモン。


手術が終って帰宅、ケージに入ったラウムくん。
ラウムくん ケージイヤやあ〜
早速、ケージから出たいコール祭りを開催。元気やの〜。

翌日、私の職場へ同伴出勤。こたつ(電源は抜いてます)の中でスヤスヤのラウムくん。
ラウムくん スタンド2階のこたつにて

ご飯を食べさせて体を拭いてあげると、ゴキゲンさんに。
ラウムくん おばちゃんの膝好きかも

ラウムくん ご飯おかわりある?

ラウムくん 撫でられるの好きやわ

私の姉が来ると一瞬ビックリして逃げるものの、抱かれて撫でてもらい、喜んでましたわ。
ラウムくん 姉に撫でられてウトウト
良かったね〜、もう大丈夫やさかいな。 っちゅっても、気を抜かんと様子見せんとね。



私が保護、里親募集活動をし始めて9年ぐらい。10年かな?
特に、市内の不妊施術を推進する会に入って、旦那さんがその会の会長になってからの保護頭数の跳ね上がりで
我が家の貯金は一気になくなった。

動物の保護にはお金がかかる。金のナイ奴は、こーゆー事したらアカンねや。

おっさんらにも、この点もよ〜く言い含めて、今後二度と猫を保護しないよう言い渡した。
どんなに気の毒で可哀想でも、お金と飼育環境が整えられないなら、保護してはイケナイ。
勇気を持って見捨てること。 もし保護しても私は一切助けないことも、合わせて言い渡した。

ま、言った話に納得はしたけど、実際どうするかは、おっさんら次第ですわ。
適正飼育が出来ない人間に保護された猫が、いかに気の毒か。
それを知っていて下さい。



☆私もそろそろ引き時ですが、今居る保護猫達を良縁に繋ぐまでは頑張りますよ〜!!☆

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

無責任過ぎるおっさん達

24日の仕事が終わる少し前。 多頭飼い崩壊した自動車修理工のおっさんから電話。
「こないだ保護した子猫がな、目ぇ怪我したんや。昨日病院行きたかったんやけど、どこも休みで…」

おっさんは山手幹線という、ちょっと大きめの道路を行きつ戻りつしている子猫を見かけ、保護した。
それが一ヶ月ぐらい前。 その子猫が目を怪我してしまい、私の行きつけの動物病院へ行き、治療してもらったとな。
ふーん?なんで、その病院へ行ったんやろう? おっさんらの行きつけは自宅近くのS動物病院だよな。


「薬もらってんけど、オレらようせんねん。元気になるまで預かってくれへんか。
病院はオレらが連れて行くし、病院代も出すから」
け、ワシが立て替えたオドレらの飼い猫の不妊手術代、まだ完済してへんくせに、何言うてんねん。
まずはソレを返さんかい!!

金返せと催促の電話をかける度「今、金ナイねん。入ったらなんぼか返すわ」の繰り返し。
しかも、私から電話せん限り返しに来ない。こんなヤツとはもう関われない。


が、件の子猫に関しては自分達がちゃんと支払うを繰り返し言うので、一時預かりを引き受けることにした。
ち…我ながら甘過ぎる。


「コレや。観たって、ヒドいねん!!」「近い内に猫の目ぇに詳しい獣医さんトコへ行くようにって言われてん」
おっさんと、おっさんのおとっつぁんが口々にしゃべる。自分ら、大げさやねん。どれどれよ…。
ラウムくん 右目大怪我
!!! なんやコレは…。 ダジャンくんも子猫時代に兄弟猫とじゃれてて目に怪我したけど、ここまでやなかった。
おっさん宅に居る猫達とケンカして、目に爪がささったと言うが、それでこんなヒドくなるか?

しかも何やこれ。キャリーやなくて段ボールやないか。
ラウムくん キャリーは段ボール

ラウムくん 警戒中
上から観ても、腫れ具合がわかる。痛かろうにな…。


怖がって威嚇するが、触れる。と、ノミのフンか?
なんてこったい、この子ノミだらけやないか…。職場にフロントラインスプレーがあったので、噴霧。
パラパラと落ちるノミ。でもまだまだ体中に居る。 ぐ〜気持ち悪い!!


ケージに移動させて、段ボールを処分。よくもまあ、飼い猫を段ボールに入れやがる。信じられへんな!
その時、コイちゃんの保護主のKさんが大型バイクで来店。
ちょうど誰かに怒りをぶつけたいと思ってたので、愚痴混じりに事の次第を話し、子猫を観てもらった。


「…何これ?こんなヒドいの観た事ないわ!!」 ショックを受けるKさん。そらそやわ。
給油のお釣りプラス千円をくれて「その子に使ったって」 おおきにでーす!


子猫を連れて来たおっさんが、もう一度スタンドに来たので、Kさんと一緒に少し話す。
目に強い獣医さんトコは明日休みなので、明後日連れていくことになった。

どうか明後日までヒドくなりませんように。


☆キャリーは段ボール、室内飼いやのにノミだらけ。どないなっとんねん!!
無責任にも程が有るわ!!! Yさん一家を見習えや☆

トレンドマイクロ ジュエリーボックス

愛する猫を守る

先日、子猫を保護・里親さんに無事お渡しされた、猫友のYさん。

そのYさんから、当ブログに鍵コメントを頂いたのですが、コメントの内容に感嘆しましてね。
許可を頂きましたので、ご紹介します。


こんにちは。私たちのこと載せてくださって感激です。

向こうのご家族が見えたときに赤ツナギさんから教えて頂いたことを少しでも伝えればと思い
「猫って不妊手術しないとすごい増えるの。野良猫は赤ちゃんのうちに死んじゃったり殺処分になったり。」
「でもあなたが子猫のお世話したいいうてくれて、この子猫ちゃんだけやなくてこの子が外でほったっらかしになってたら産まれてきたであろうこの子の子供も救ったようなもんやから猫一匹救ったやなくて25匹くらい救ったと思ってね。」

と言うと女の子の顔がパアッっと輝きました。

子猫はハルくんと名付けられ元気にやってるそうです。




Yさんご一家に、あけみといくこの里親さんが保護した子猫を連れてお見合いに行った時のこと。

世の中には、危険な外で生活する野良猫が多いことや、不妊手術を怠ったせいで産まれた子猫が
愛護センターへ連れていかれて殺処分される事が多いこと、無責任な飼い主や餌やりする人の多さを話した。

興味深く聞いてくれはったご一家は、その後色々と深く考え行動に移した。
そしてつい最近、保護した子猫を里親募集し、良縁をたぐり寄せた上に、新しく猫を迎えるご家族に
自分の言葉で、わかりやすくお伝えしてくれた。


これって、とても素晴らしいことで、出来そうで中々出来ないことだ。

Yさん宅にもお子さんが2人居てはって、感受性の強い成長期に動物を家族として迎える場面を経験したので
より相手さんに言葉が響いたのかも知れない。
タイミングも合ったんだろうけど、やっぱり小さい子供さんのうちから、こーゆー事を知ってもらわんとアカン。

愛情と責任がないと動物を守れないという正しい知識を持ってくれ、本当にありがとうございます。嬉しい!!




翻って、猫好きの大人はどうだろうか。
「可哀想だから」と餌だけあげて不妊手術をしないどころか、餌を地面に直置きして掃除もしない人が居る。
怪我をしたり病気になっても「飼い猫とちゃうし」と知らんぷり。
いよいよ状態が悪くなって見るのが辛くなってから「ボランティアさんやろ、何とかしたってーや」と丸投げ。


飼い猫を外にも出し、ご近所さん宅でトイレをしたり、花壇を荒らすわ、車におしっこをひっかけても
「それってウチの猫ちゃんやなくて野良猫ですわ。ウチの子がしたって証拠ナイやろ?」と開き直り。


子猫が産まれたら、最初は楽しく見守って大きくなり始めると「金かかるし邪魔や」と愛護センターへ行き
「家の近くで野良猫が産みよりましてん」と引き渡す。


地域猫活動という名目で、地域の野良猫を一斉に不妊手術するものの、以後全くケアもフォローもしない団体。


尼崎は野良猫の不妊手術に助成金が出ているが、その助成金を使って、どの地域がどれぐらい野良猫に不妊手術を行い
以後、地域の野良猫の数がどう変化したのかは、わからない。

前に愛護センターの職員さんに、地域ごとにその後の変化を定期的に報告する仕組みが必要やないかと尋ねると
「え?それって必要ありますか? もしするなら誰がそれをせなーアカンのですか?」とキョトンとされた。
直後、衛生課の課長さんにも同じ質問をしたら、5年計画なので時期が来たらお知らせするとおっしゃったけど
あれから何年経ったっけ? 




なんしか本当に猫を守りたいと思うなら、保護して飼い猫にするか、里親募集して責任持って良縁を結ぶしかない。
とはいえ、闇雲に保護を推奨するワケでは、もちろんナイですよ。

でもでもさ、猫が可愛いからって上に書いたような無責任なこと、せんとって欲しいですわ。
それって単に自己満足したくて猫をオモチャにしてるだけやん。


ホンマに猫が可愛くて守ってあげたいなら、2つしか方法はナイ。
保護するか、責任持って地域の方々に説明と報告キチンとしつつ活動する。
コレしかナイ。


コレが出来ひんと言うなら、アンタは単に可愛い猫をオモチャにしてるだけや。
もっと根性決めて、見捨てる覚悟つけるか、保護するか、責任持って地域猫活動したってやー。



私は、外暮らしの猫の面倒は一切見ない。見捨てる覚悟をつけた。
この子は何としても守ろう、そう思った子は迷わず保護して里親募集をする。そう決めた。

1人の人間が出来る事なんて、たかが知れてる。
私が出来ることを、出来る間だけでもやって行く。そう決めたんだもーん!


出来れば、Yさんのようにグットタイミングで、心に響くお話が出来たらなあ。
いやいや、欲張ってはイカン。自分の出来ることを一生懸命やっていこう。
それが愛する猫を守ることやもん。


☆Yさんのようなご一家が徐々にでも増えていきますように。
愛する猫をしっかり守っているYさん一家に拍手お願いしまっす☆

フェリシモ「コレクション」

ローザちゃん、里親募集始めました

6月3日に保護したローザちゃんの里親募集を始めました。イエイエ〜!!
ローザちゃん カメラに反応
募集記事は、ココをクリックしてみてね!

ちなみに、仮名の由来は保護日、6月3日から。 毎度、こんな感じでスンマヘン。



ローザは子猫にしては大人しい子だ。
キャリーに入れられた時や、ケージに入れていると「出してぇ!!閉じ込められるのヤなの!!!」と大鳴き。
ローザちゃん 出してってば!!

ローザちゃん ケージから出してー
他の時は、サイレントニャーがメインで、声を出して「ニャー」と鳴くことは少ない。



保護前、それはそれは大きな声で鳴いて喉を痛めたせいか、アピール度が滅法少ない。
体調が安定してないのかとも思ったけど、どうやらそうではなさそう。
猫かぶってんのかとも思ったけど、それも違うみたい。 こーゆー大人しい子なのね、きっと。


ウチに来た保護子猫の大半は、ウチに居る大人猫に自ら寄って行ったり、寄って来られて親に甘えるように
甘え出す子が多い。
でもローザちゃんは他の猫に興味がないようで、寄って行かないし寄って来られても「あ、いいです・遠慮します」


ふ〜ん、甘えることはしないのかな…?と様子観ていると、人にも甘えに行かない。


ご飯の用意をすると、そろっと出て来てサイレントニャーで感謝の意を表し、お行儀良く食べる。
ローザちゃん お行儀良く食べる

食べ終わると、これまたお行儀良く顔を洗い、トイレを済ませ、ストレッチをし、さっさと寝床へ。
ローザちゃん 毛布につくもって寝る準備


アナタ、ちょっとはごちそうさまでしたの意味を込めて、おばちゃんに挨拶してもえぇんちゃう?
そう思って観る事数日、ある日突然「おばちゃん、ごちそうさまでした。乗っていい?」と膝に乗って来た。
片手を私の膝に乗せ、私の顔をジッと見つめる。 ワーレ〜、中々やるやないか!


その日以降、ご飯後しばし自分の時間を楽しむと、私の膝やお腹に乗り、寛ぐように。
その際、初日のように「乗っていい?」など聞かず、ま・当然ですからと、当たり前顔で乗ってきます。可愛!!


自宅でも、気配を消して無言で旦那さんに近付き「乗りますよ」とも言わず、膝に乗っちゃう。
まだ体重が軽いせいもあって、急に膝に乗って来られて驚き&喜ぶ旦那さん。

ふ。ローザの手練手管の思う壷やな…。女の子は生まれつき男の子の操り方を知ってるのかね。猫でも。


どんな人がこの子を迎えてくれはるんやろう。楽しみやな〜。


※なぜか写真のアップロードが途中から出来ず…。可愛い写真沢山撮れたのにぃー!!愛想無しでスンマヘン※
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ラスクくん 〜近況ご報告頂きました

去年、神戸に里子に出たラスクくんの里親さんから、近況ご報告を頂きました。嬉し♪


先月、結膜炎になって、通院し点眼の日々。
2種類の目薬を時間を少し置いてささなければならず、最初はともかく徐々に嫌がられるように。
しまいには、里親さんを見かけただけで逃げちゃうようになって、里親さんショック受けてはった。
身に覚えのある猫飼いさん、わかりまっしゃろ? 辛いよね〜。

点眼治療もやっと終わり、すっかり嫌われたと思っていた里親さんに何事もなかったかのように
甘え出したラスクくん。
は〜良かった、いつまでもイヤな事覚えてて偏屈な態度を取ることなく、アレはアレと済んだ事に囚われない。偉いぞ!

では、綺麗なお目目が復活したラスクくんをご覧下さい〜!


ラスクくん お気に入りの寝場所
最近のお気に入りの寝場所にて。高いところ、好きやよね。

ラスクくん 目薬ヤダよ
おう、綺麗なお目目や。


ラスクくん モデル立ち

ラスクくん お行儀ヨシオさん
立ち姿も可愛いのお。相変わらず、小首をかしげるのだな。可愛いのがわかっとるんやな。



ラスクくん お気に入りの寝場所2

ラスクくん お気に入りの寝場所3

ラスクくん セルフグルーミング中
お気に入りの寝場所が沢山あって、リラックス度マックス。


ラスクくん 何ごっこ?
ブっ! なんちゅーカッコ。新種の動物か? 何しても可愛いのー。


ラスクくん 追っているのは

ラスクくん 目線バッチリ
うん、バッチリ完治したね! 目薬してくれたおねーさんに感謝しぃよ。


ラスクくん「ボクの為に頑張ってくれたのは、わかってるよ」
ラスクくん 目薬ヤダよ
そうか、そうか。イヤやったやろうけど、目ぃカイカイの無くなったやろ。おねーさんのお陰やで。
ありがとう思ったら、思いっきり甘えよしよ。



☆頂く写真を観るにつけ、こんな綺麗な子がウチに居てたなんてな〜と思いますわ。本来のお家と家族だった証ですな☆
高品質な写真集を1冊から オーダー可能なフォトブックサービス Visual Book Pro
そのうち、ラスクの写真集が出たりして。出てもおかしくない可愛さやしね! もちろん買います。

Yさんの子猫ちゃん、里親さん決定!

前の記事で紹介した、Yさんが保護した子猫ちゃん

本日、Yさん宅でお見合いでして、無事里親さん決定&お渡しと相成りました。
おめでとう、子猫ちゃん&Yさんご一家!


さあ、ウチの子達も、茨木市に嫁いだ子猫ちゃんをあやかって、良縁を掴もうな!


ローザちゃん「昨日、ワクチンして来てん。体重900gやったで」
ローザちゃん ご飯後の膝乗り
順調に育ってるね! かりんとうみたいな良いウンコさんしてるし、安心安心。


☆Yさんの子猫の里親さんは、猫の飼育経験もありーの旦那さんの信頼出来る同僚さんでした。良かったねえ☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
明日は(3000円以上の購入からですが)、送料無料やでー!ってさ。

保護、里親募集の喜び

あけみといくこの里親さんのHさんが、子猫を保護し、里子に出したことがあった。

その子猫の里親さんの娘さんが、先日子猫を保護しました。

Yさん一家に保護された子猫ちゃん
「娘が子猫を保護しました。とても可愛いですが、さすがに4匹目は無理なので里親募集したいと思います。
ご協力お願い致します」とメールが届き、居酒屋やナイけど「喜んで!」と返信。


この里親さん(Yさん)は、わか君を迎えた時に、私達から外暮らしの猫達の過酷な暮らしや
殺処分される動物の多さ、猫と関わる人達の話を、興味深く聞いてくれた。
以後、わか君との暮らしを満喫しながら、様々な事を感じ、実際に行動された。


自宅そばで野良猫生活をしていた子猫ランちゃんを、一家総出で捕獲、飼い猫として迎えてくれた。
数年後にも、やはり同じく子猫を拾って、飼い猫にされた。

外で産まれた子猫を、野良猫として見守るのではなく、安全なお家に迎え、責任と愛情一杯に育て、楽しく暮らす。
そう決めて行動された、ステキな里親さんだ。
わかくん、ランちゃん、のんちゃんの3匹で「わからんのん」ですと、メール頂いた時は吹いたな〜。



保護した子猫も、早速アチコチに「子猫、飼いません?」と話されたようで、旦那さんの同僚さんが日曜に
観に来てくれはることになったそうな。
「決まったら嬉しいですが、もう愛情が沸いてしまって寂しさもあります」
私が今まで何回も感じた思いを、今、Yさん一家が感じてはる。何だか嬉しいなあ。


「ウチの家族に可愛い可愛いわか君を託してくれたHさんのお気持ちも改めて感じました」と
おっしゃってくれ、わか君への愛が冷めるどころか年々増すばかりだとも、おっしゃっていた。

「この家族に託して良かったと思って下さることが、可愛い家族を紹介してくれた私やHさんへの恩返しになると
思っています」
そんなメールが届いて、もう嬉しいのなんのって…!




里親募集は、大変で辛い事もある。
でも、それよりも大きな大きな喜びがあり、か弱い猫を守りきれた自信を持たせてくれる。
そして猫を守れるのは自分だけじゃなく、世の中に自分と同じように、それ以上に
猫を幸せにしてくれる人が居る事を、教えてくれる。

そしてそして、幸せになるのは猫だけでなく、保護した人や里親さんご一家が幸せになれる。

里親募集は、特別な人や技術が必要なわけやナイ。
愛情と責任を持って、妥協せずに「この人に託したい」と感じる人を探す。
コレに尽きますわ。


Yさんが保護した子猫さんが、飛びっきりの良縁に恵まれますように。
ご一家が里親募集する楽しさ、喜びを満喫されますように。



☆良縁の末お渡しした後にも、沢山の喜びがあることを、是非ご一家で感じて欲しい。里親募集は楽しいんだから☆
チャーム本店

変化する保護猫達

春はすっかり気配を消し、夏っぽい気候になって来ましたね〜。
と、言う事は、りゅうくんは18歳になったのだね。

りゅうくん「17も18も、大した違いないっちゅーの」
りゅうくん グーグー
まあね。若い子ぉから見たら、30代のおばはんと40代のおばはんは、違いわからへんらしいな。
それと一緒やな。


りゅうくんは我が家に来てからずっと、ご飯は自分のケージで食べていた。
それが、先日とうとう皆と一緒に食べたのです! 

その証拠写真↓
りゅうくん 晩ご飯初参加
猫達にしょっちゅう威嚇&攻撃するわのりゅうくんなので、他の猫達は「え、りゅうくん一緒に食べんの?」と
ビックリして2〜3歩下がっちゃった。


いやしんぼのラックや、りゅうくんに気が付いてない子達は、いつも通りにパックパク。
りゅうくん ご飯に夢中
ラックよ…りゅうくんにビビリながらも、食べてるんだね。偉いよ!

りゅうくん「あれ?何でお前ら、居るねん?!」
我に返るりゅうくん ビビるラック
ラック、危なーい!! どつかれるぅ!!  案の定、威嚇(お前何で横に居んねん!)、パンチ(向こう行け!)。


りゅうくんは威嚇&猫パンチを数発かまして、逃走。
ラックはビックリしつつも怒りはせず、ご飯続行。 でも内心ショックやったろうな。よしよし、良い子やねえ〜。


ラックくん「ビックリしたわー。オレ、ガンバってフツー装ったデ」
ラック ビックリこいたー
ラックの頑張りぶりは、お父ちゃんもお母ちゃんも、ちゃーんと観てたさかいな。
どつかれるのわかってて、逃げへんかったね。アンタは器の大きいえぇ子や。

エミーナちゃん「アタシ、りゅうくんのトイ面で食べてたから、ワカランかったわ」
エミーナちゃん え何て?
食べんのに夢中やったな。 でも気が付いてたやろ? 顔そむけてたやん。
エミーナは女の子やからな、怖い時は逃げててえぇねんで。お母ちゃんらが守ったるさかいに。


飼い猫のたぬ美ちゃんと里親さん募集中のおまさちゃんのすぐ後に居るりゅうくん
りゅうくん おまさ、たぬ美ちゃんのそばに

たぬ美ちゃん「え! アンタ居ったん?」
りゅうくんに驚くたぬちゃん
はは、そりゃービックリするわな。どつかれんで良かったな、たぬちゃんよ。


りゅうくんは私達夫婦にすっかり甘えられるようになり、旦那さんのストーカーをいそいそとしている。
甘えん坊で会話が上手で、こんな子と毎日暮らせるのは楽しくて可愛くて仕方ない。
大きな顔と体格、健康な体と歯・口内。 気になった方、遠慮せずお問い合わせをどうぞ〜。



先日保護した子猫のローザちゃんは、よく食べよく寝て、便はちょっと軟便。
昨日初めてかりんとう状のウンコさんが出て、ホッと一安心。
ローザちゃん ねえ聞いてる?
お顔も可愛くなってきたぞー。

ローザちゃん 後姿ふっくら
後ろ姿も、ふっくら。 

今週末にでも、一回目のワクチン接種してきます。それから里親募集しまっさい!
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる