C.O.N総会~期待の新会長

2月26日、尼崎市で活動している任意団体「ホームレス猫不妊運動ネットワーク」の定例総会がありました。

新しく組織を作り、会長はウチの旦那さんでなく、前から理事として参加していたS田さんが就任。
新しい会長さんは、今まで理事として大変有益な情報を提供してくれ、かつ模範的な地域活動をしている、とある町の町内会長さんだ。

ウチの旦那さんと初代会長さんは、副会長に。
他、会計さん、会計監査は今まで通りの方が各1人ずつ。書記が出来て2人、相談役1人、監事2人。
理事は、それぞれの地区代表・地区リーダーと書いてある。
へ~、そうなんだ。



しかし地区代表やリーダーとなってる方々を見ると、旦那さんが会長をしていた時にトラブルを起こした人が多い。
一般の人から野良猫に関する相談の電話もよくあったが、餌やりさんに対する相談は結構多かった。
それもC.O.Nの会員に対する苦情や申し立ては多かったのだ。

 ・深夜に自宅前で餌やりしている人に、どこの誰で何をしているのか問いただすと、不妊手術してるんです!猫にエサやるのがそんなに悪いことですか!!とヒステリーを起こされた。
 ・隣の棟に住むおばあさんが猫を増やしてノミ被害に遭って、C.O.Nの方に相談したが、頭数の半分ぐらいTNRが済んだ後、連絡を拒否されるようになって問題が解決出来ない。
 ・TNRには共感出来るし有難いが、餌やりの態度が横柄で活動を応援したい気持ちは消えた等々…
ちなみにこの3例は、旦那さん、時には私も一緒に対応し、上2件は解決。
3件目は餌やりさんの態度が変わらないため、お手上げ状態。

大丈夫なのか、このリーダーさんで…と危惧しながら初代会長のI女史の進行を聞いてると、単に情報抽出を担当してもらう為に、顔見知りの方々で表を作ったとのこと。
なるほど。 これからドンドン変わって行くのかな?



配られた組織図を見る。 ん?
C.O.N組織図にある、「尼崎市動物愛護管理推進協議会」と、活動班の3班「捕獲不妊手術(TNR)担当班」
「啓蒙活動担当班」「行政・愛護センター担当班」の全部に、ウチの旦那さん入ってるやん!
なんじゃこら、どーゆーこっちゃ?
12月にあんな手紙を全会員に配布しておきながら、よくまあ厚かましく、これからもトコトンこき使う気やな?
そうはイカンぞ~。



新会長から挨拶。
まず、C.O.Nの意味の説明。「キャットオペネット」で、野良猫の不妊手術専門の活動団体ということ。
負傷猫の保護/治療や、子猫の保護等には、一切関わらず、TNRに特化した活動を行うこと。
現在の会員数は278名で、休眠会員が51名、正味227名。

新会長のS田さんの自己紹介。
市の「動物愛護管理推進協議会」の市民委員に応募されたS田さん。その時の作文をご披露下さった。
S田さんのお人柄と行動力がよくわかる内容で、私は1人拍手喝采。好きや~、S田さん♪

今後のC.O.Nの方針が打ち出された。
1 透明性
2 情報公開、報告
3 会員は規約に沿ったモラルある行動をすること
今までは会費はなかったが、年会費3,000円(月250円だね!)をお願いする。
賛助会員は、5,000円だ。

これまで、活動で発生する費用は、会員それぞれの自腹だった。
C.O.Nに集まるご支援金は、事務費等で使っていたようだが、そこらへんは、どうなんだろう?


会員の行動基準として、S田さんはマラソンを例にとって話してくれた。
マラソンは走る人だけでなく、運営する人、沿道で応援する人、色んな人が居てこそで
それは懸命に頑張るランナーだからこそ、応援したくなると言うお話。
美しい精神が美しい活動となり、みんなが応援したくなる。認められるようになる。
普遍的にキチンとした事は、応援したくなるもんね。そーゆーので、やって行きましょう!とS田さん。



5年目に入るC.O.N。平成18年度の猫の殺処分数は734匹。
22年度は561匹、23年度は3月末までの数字が揃ってないけど、多分360匹弱になりそうな。
平成19年度から十年後の平成29年度までに、殺処分数半減目標は達成されるだろう。

ちなみに、処分の90%以上が生後間もない子猫だ。愛護センターに子猫は居ない。みな殺処分されるからだ。
不妊手術してれば、子猫を処分する事はなくなる。 猫が増えた!と騒ぐ必要もなくなる。
みな、不妊手術しなはれよ。



総会に参加された、市の職員さんと市議会議員さん、県会議員さんからもステキなお話が。
尼崎市健康福祉局生活衛生課長さんと、愛護センターの所長さんから、市が寄付金制度をスタートするとのご報告。
これは、尼崎ケンネル事件を発端に尼崎市における動物愛護行政のあり方検討会議~提言が行われ、動物愛護管理推進協議会を経て、実現したもの。
来月4月からスタートします!!

市議会議員の仙波先生(公明党)からは、ふるさと動物基金を必ず実現させると決意表明。
っちゅーか、もう段取りは出来てて、後はアレとかアレをアーすれば出来る段階に来てそうだ。
尼崎市の野良猫の不妊手術助成制度の立役者である、仙波先生。期待してまっせ!!

県会議員の谷井先生(こちらも公明党)からは、警察官に動物の遺棄等、動物の法律をキチンと身につけてもらう為に、警察学校で必須で学んでもらえるよう、県警に依頼済みとのこと。
おまわりさんも知っておかなーアカン事多いけど、拾得物や愛護法も知っといてもらいたいので、有難いご依頼。
谷井先生は地域猫対策や殺処分数減少に向けた活動も行ってはるので、頼もしいわな。

そういえば公明党は殺処分数ゼロを目指します言うてるけど、8週齢に関して腰が引けてるよな。
業界から陳情と支援受けてたら、受けた分はお返しせなーアカンから、動き辛いやろうね。ブレてる証拠です。
信念持って動くのは大変なんだね~。


総会が終わって、会員同士で色々話したり何かして。
展望が明るくなった反面、行政も私達市民も度量が試されるので、これからこそが正念場だとおっしゃるK畑さん。
新会長さんがおっしゃるように、美しい精神が美しい活動を産み、応援して頂ける団体になれる。

これからのC.O.Nに、注目だ~!!!



☆行政に先を越されてる感が否めないC.O.N。いつの間にか理事から会員になった私は、傍観中。
情報が入り次第、お知らせします☆

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

どうなる、C.O.N

21日、C.O.Nから手紙が届いた。
うん? 代表しているウチの旦那さんは、何も言うてなかったけどな~。


差出人は、C.O.Nの前代表の、I女史。今はC.O.Nの顧問だ。
内容は、ざっくばらんに言うと以下の通り。
1 最近のC.O.Nの活動が低迷し、代表や愛護センターに対する不信不満の苦情が、I女史に多数寄せられていること。
2 活動低迷と苦情の原因は、代表が会員との意思疎通を行えず、会員との協力体制が作れなかったこと。
3 S議員や複数の監事から、代表を補佐して欲しいと希望され、I女史が活動に復帰すること。
(S議員さんは、市の野良猫不妊手術の助成金創設に尽力した、議員さんです)
4 新しく相談窓口を開設、C.O.Nニュースのスタートお知らせ。
5 以前から署名活動をしていた「動物愛護基金」の設立が大きく進展する見通しになって来たご報告。

こーゆー手紙が作成され、会員の皆様に送付する事は、代表であるウチの旦那さんも私も知らなかった。
私もC.O.Nの理事の一員だ。
こんな重要事項のお知らせを、送付する前に知らされず、手紙を受け取ってから知るなんて、どういうことなん?
手紙には、今の代表が相談を拒否した/連絡や返事がない/もう頼りに出来ないと書いてあって、会の危機であるとも書いてある。


今までも理事会の時等に、キチンと体制を創ってやって行こうと言う意見は度々出た。
でも、具体的な話は一向に進まなかった。
体制を整えられなかったのは、確かに申し訳なかったけど、彼一人のせいではない。
沢山の理事が居ながら、上手く協力出来なかったゆえだと私は思う。

それにしても、このやり方はナイだろう。
再構築を目指しておきながら、一部の人達が代表や理事達に報告もなく、新しい活動を全会員にお知らせするなんて。
相談窓口の事務局開設は、緊急の為、次の監事会で承認を受けますと書いてある。事後承諾ってことだね。

緊急って、一体どんな事態が起こったのだろう? 手紙が届いた日に、I女史に電話してみた。
「半年以上前から、Iさんが戻ってやってくれって言われてたんよ~」
ずっと前から言われてたのをノビノビにしてたから、早よせなーと思っての「緊急」なんや。しょーもな。
何かあったんかとビックリしたやん!


しかし恥ずかしいの~。I女史は矍鑠としてるけど、70代後半に入るお年頃だ。
いくら実績のある人物でも、いつまで年寄りを働かせるねん!

この手紙もI女史1人で作ったもんやない。一緒に作って発送作業した人間が多数居る。
バーさんにやらせんと、お前が前に出てやらんかい!!
30代40代の会員も多いのに、何70代のオバハンを前に出させてんねんな。

あーもー、こんな恥ずかしい手紙、どう後始末すんねんな。私ゃ知らんからな!


それにしても、I女史の申し出は有難い。彼女は情報収集や苦情の聞き取りを、率先してやる気満々だ。
「出来る事あったら、言って下さいね」と言って下さる会員さんは多いけど、「コレ、アタシやりますわ」と言って実際に動くのは彼女ぐらいじゃなかろうか。



C.O.Nは、どうなるのかね~。
現在、複数の理事で、来年春に新体制を作るべく色々準備を進めていたけど、この手紙が配布されたから、仕切り直しだろうな。

ま、現状のままではイカンので、代表の交代から始めたら如何でしょうかね?
ご不満ご不信が多いのに、代表ヤメろの意見が皆無なんて不思議だわー。
便利に使ってるから、ヤメられたら困るのかにゃ?
そういえば、代表であるウチの旦那さんに直接意見言って来る人も居ないわね。どうしてかしら?
態度が急変した人は居たけれど、何でかな~?と思ってたんだよねー。


C.O.N会員の皆様、ご意見お待ちしてまーす♪


捕獲器管理担当:C.O.N寺岡の意見でした!
ちなみにワタクシ、保護/里親募集やってまーす。C.O.N経由の保護猫は20匹超えてまーす。

☆何をするにも、まず資金。よろしかったら、アフィリエイトのご協力お願い致します☆

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

改善の余地アリアリのTNR

先月の関西テレビ「スーパーニュース アンカー」で、私の地元/尼崎市が出ていた。
テーマは、TNR。
トラップ(捕獲)、ニューター(不妊手術)、リリース(元居た場所に戻す)を、TNRと言いまんにゃわ。
アンカーズアイ~野良猫対策に新たな試み

飼い主の居ない、いわゆる野良猫を捕獲して不妊手術をし、元居た場所に戻す活動が紹介されていた。
尼崎市の杭瀬市場という、市内でも大きな古い市場で行われたTNR現場が取材されていた。
あ!!ウチの旦那さんが出てる♪ よしよし、可愛く映ってるぞ~。


ふ~ん、杭瀬の市場は、こーゆー現状なんや。
私はTNRのお手伝いをしに行く事はないので(勤務時間が長いので、平日の活動には参加出来ない)
現状を詳しくは知らなかった。

TNRをすれば、子猫が産まれなくなるので、頭数が増えることはなくなる。
でも、問題はその後。
不妊手術した後、頭数の管理はもちろん、トイレの設置と手入れ、地域の清掃と、報告が必要なんです。
それをしてる地域って、とても少ない様子。



この画像は、尼崎市内の、とある公園の掲示板に貼ってあったもの。
市内の、とある公園の掲示板

ここの猫さん目当てに遊びに来る家族連れさんを、何組か見た。
子供さんはゴミを拾って帰り、お父さんは空になったエサ皿を片付けていた。
餌やりさんがそうしてるのを知ってるからと、言ってた。


アンカーでは、大阪で始まった「公園猫サポーター制度」も合わせて紹介してはって、公園や住民の協力を得てあちこちに猫トイレを設置している様子も放映されてた。
糞尿の被害は、トイレ設置で随分と減った様子だった。
ずっと、糞尿の被害に困ってたおばちゃんが「なんでか知らんけど、ここらへん糞尿の被害減ったんですわ」
オイオイ、なんでか知らんのかい!! 教えたらんかい!!


えぇことしてても、やってる地域に活動を報告してなかったら、やってないのと一緒。
キンチョーのCMやあるまいし、どっかの誰かがえぇ感じにしてくれたみたい♪ じゃー、アカンよ!!
どこの誰が、どんな事をして、どーゆー効果が上がってるか。
それがワカランと、理解や協力なんて出来ないっすよ!!!


去年、尼崎市で「尼崎市動物愛護管理行政のあり方を考える」っちゅー、検討会があった。
私も市民委員として参加したけど、市民がイメージする愛護センターとは違うかったり、そんなえぇことしてんねやがあったり。
それもこれも、報告がないからっすよ。

原因判明と、現状把握、改善の為の計画、遂行、結果報告、反省、結論。
それがなされないのに、野良猫対策助成金とかしても、広がらんっちゅーの。


野良猫のお世話なんて、個人がコツコツして解決するモンちゃう。
公共性を訴えて、モラルや衛生面の向上や、子供さんの健康な心を育てる為にも、皆でせなー。

猫ほどやないけど、他人さんはよ~く見ている。
えぇことしてる人、ブッブーな人、口にしなくても観てるのだ。
そして、えぇことしてる人を、応援してくれるのだ。

もっともっと、他人さんからの視線を意識して、明るくほがらかに(ココ、ポイントだす)頑張りましょうな。

テーマ : 野良猫と地域猫
ジャンル : ペット

猫、11匹遺棄事件 発生

4月17日の午前10時。
尼崎市内のとある場所に、11匹の猫が遺棄された。
ボストンバッグに11匹の猫を詰め込み、飼い主が遺棄したのだ。



私はmixiをしているんですが、マイミクさんから「格安で不妊手術してくれる病院を教えて欲しい」と連絡が入った。
事情を聞くと、尼崎の人で多頭飼い崩壊している知り合いが居て、何とかしたいと相談を受けたとのこと。
う~ん、多頭飼い崩壊か…。去年も2件関わって、大変だったんだよな~。
飼い主はどうしたいんだろう。とにかく、何とかしたいという方と連絡と取り合って話を聞いてみた。

結論から言うと、多頭飼い崩壊ではなく、適正飼育が出来ない人に飼われている猫達を救いたいというお話。
飼い主は動物をオモチャ扱いするだけで、病気や怪我しても病院には行かない/不妊手術はしない/気に入らない猫は捨てる、暴力をふるう等々。

言語道断ですな。
何とかしたいと言う人はペット不可の住居で、金銭的余裕もないので保護は出来ないんです、と。
じゃあ、これ以上増えないよう不妊手術するしかナイけど、それって、あなたがせなーアカン事ちゃいまっせ?
あなたには何の責任もナイんやから。あなたの飼い猫ちゃうやろ?


確かに猫は可哀想だけど、他人さんの飼い猫なのだ。
私達、尼崎C.O.Nは、不妊手術させたい人のサポートが活動の目的で、飼い主が存在する猫に関しては「不妊手術しぃや」と注意するぐらいしか出来ない。
警察も愛護センターも、注意喚起しか出来ないだろうね。何たって、猫達の所有権は飼い主なのだから。

しかし飼い主は、何とかしたい人が幾度も説得しても、聞き入れないのだ。
こーゆー、ややこしい人と関わると、後々大変。 関わらないのが一番。
関わるなら慎重にコトを運ばないと…。


が、何とかしたい人は、この飼い主の事をよく知っているので、猫達の身の安全を危ぶんで畳み込むように説得を続けた。
オス猫4匹は不妊手術を受けさせる事が出来たが、手術後飼い主宅に戻された。
ウチの旦那さんは飼い主宅に戻すことに反対したが、保護出来ないので仕方ないと戻したのだ。
出産直後の猫と子猫は、マイミクさんが保護して下さった。
さて、今後は飼い主の機嫌を取りつつ、時間をかけて不妊手術しつつ、里親募集するしかナイね…と話していた矢先。
「飼い主宅に猫の姿がありません…」と連絡が入った。


何とかしたい人が必死で聞き出すと「お前がゴチャゴチャ言うから捨てた。ボストンバッグに詰め込んで川沿いの土手に捨てたったわ」
「私が追い詰めたから…!!」と、何とかしたい人は泣いてた。残念やけど、その通りなのだ。
話が通じない人と関わる時は、協力者を仰いで慎重にキチンと段取り組まんと、上手い事行かない。

この件は遺棄される以前に、愛護センターにも相談しmixiでもトピックスが立って色んな人が動き始めていた。
それだけに、本当に残念だ。
飼い主が遺棄したと言ったので、何とかしたい人は、すぐさま警察へ届け出た。
交番では埒があかない様子だったが、警察署では生活安全課の刑事さんが事情を聞き、飼い主宅へ同行/事情聴取、現場検証が行われた。

飼い主は遺棄を認めてるが、遺棄された猫達は所在不明なので「証拠不十分」で立件出来ない可能性大。ちっ!!



遺棄されたのが17日、遺棄が発覚したのが19日。
この週はお天気が悪く、何とかしたい人と協力者さん達が必死で探したものの、中々見つからない。
せめて存在だけでも確認したい…と、頑張ってはった。

遺棄が本当でも、遺棄現場が本当にココか、わからない。
そんな状況では、C.O.Nのみんなには協力お願い出来ないな…と、モヤモヤしつつ、捕獲器の貸し出しを提案。
貸し出しの際のお願いとして、目的の猫以外の猫を捕獲した場合、不妊手術を受けさせて欲しいと伝えると「出来ません」
そっかー、じゃあ貸し出し出来ひんわ~…。

あーも~、何とかしたいのに出来ひんのって、いらつくー!!
自分が遺棄現場の確認もしてないのに「誰か探しに行ってー」とか「捕獲手伝ってー」なんて言えっか!!
気の毒やけど、ほうっておくしかナイか…。1匹でも猫を保護出来れば立件出来るのにな~とか、色々考えちゃう。


22日に一番人馴れしている猫の所在がわかった。遺棄現場に居たのだ!!
その時は保護出来なかったが、後日保護/何とかしたい人の家へ。
猫さんは黒白の八割れ、安心したのか、ずっと膝に乗ってゴロゴロ…。

今後も10匹の猫の保護を目指して頑張るそう。
ちなみに、遺棄された猫達の一時預かりさんは確保出来たとか。
やれやれ。

遺棄現場には野良猫が沢山居て、餌やりさんが居てるけど不妊手術させてないので、子猫も沢山居ると言ってた。
捜索に協力してくれた人が、風邪っぴきの子猫2匹を持って帰ってくれた。
餌与えるんやったら、不妊手術せんかい!! そしたら、遺棄された猫達もスムーズに捕獲出来んのによー。ちっ!


何にせよ、1匹でも保護出来て良かった。

さー、C.O.Nに出来る事って何かな?
私一人では先走ってしまいそうなんで、旦那さんやC.O.Nの皆さん、お知恵拝借お願いしまーす!!
詳細を知りたい方は、左カラムのメールフォームからご連絡下さい。お待ちしておりまっすまっす!!

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

S動物病院、ニャンニャンデー

尼崎市内にある、S動物病院さんでは毎月一回、外で暮らす猫さんの不妊手術を格安で行う「ニャンニャンデー」があります。

長い間、S動物病院さんに通っていた地元のボランティアさんの活動成果によって、始まったニャンニャンデー。
このボランティアさんはキチンと活動を報告し感謝を伝えていたので、きっと病院の方々も心を打たれたんだと思う。
ありがとう、さっちゃん! ありがとう、S動物病院さん!

三毛さん「アタシもお世話になったわよ」
三毛さん




外で暮らしている猫さんで、なおかつ不妊手術後も外で暮らす猫さんである事が条件のニャンニャンデー。
また、ニャンニャンデーに手術出来る頭数は10匹までです。
予約制で、病院が指定する地域に済む猫さんに限ります。


手術前の血液検査はありません。不妊手術した証としての、耳カットが必須です。
オスが2500円、メスが5000円。
開腹するメスには、抗生物質の注射が投与されての価格です。
手術当日の午前中に病院へ猫さんを連れて行き、夕方5時~6時ぐらいに猫さんをお迎えです。

詳しく知りたい方は、左カラムのメールフォームからお問い合わせ下さいね。



甘えん坊のオスくん「オレ、ビックリしてウンコしてもた…」
馴れ始めてたオスくん


私も今月のニャンニャンデーに参加してきました。
メス2匹、オス1匹。うち、メス1匹は出産間際でした。
もう1人参加された方が居て、そちらもメス2匹で1匹は妊娠していた様子。
今回は、5匹の猫が不妊手術を済ませました。良かった良かった!

警戒心バリバリのメスさん「…これって、どうゆうことよ?」
強気のメスさん



この時期、メス猫は妊娠している子が本当に多い。 手術しはる獣医さんは、さぞかし辛いだろう…。
S動物病院の獣医さんが「来月は、来る子みんなが妊娠してるでしょうね。今から覚悟しなくっちゃ」と、言ってはった。


S動物病院だけでなく、いつもお世話になっているA動物病院さんも、T動物病院さんも、辛い思いを抑えながら「不幸な猫が増えないためには、こうするしかない」と出産間際でも堕胎し不妊手術して下さってるんだろうな。

辛いのは餌やりさんだけでなく、実際に手術しはる獣医さんやスタッフさんだと思う。
私らは捕獲して「お願いしま~す」と、連れて行くだけやもん。

捕獲されて怯える猫達、固まる子も居るけど身を守る為に凶暴化している子も多い。
しかも外で暮らしているので、どんな病気や虫を持ってるかわからない。
それでも、野良ちゃんだからこそと手厚く治療して下さったり、格安にして下さって、本当にありがとうございます!


こーゆー病院さんもありますんで、不妊手術受けさせようか迷ってる方、トライしてみましょうや!
猫さんの捕獲方法や問題解決のアドバイスは、CONの会員さんがお手伝いしますさかいに。
地域への働きかけは、愛護センターさんがお手伝いして下さいます。

同じように悩んでる方は、沢山居てます。
愚痴もあるやろうし、すぐ解決出来る問題やない場合も多い。
1人で頑張ろうとせんと、協力してくれる人達と頑張ろうぜい!

テーマ : 野良猫と地域猫
ジャンル : ペット

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる