カール、ホカホカカーペット初体験

我が家の猫達も、ご多分に漏れず、冬の楽しみ・ホカホカカーペットを満喫しています。
2017年2月 ホカホカ満喫中

2017年2月 ホカホカ満喫中2
人が入る余地、一切ナシ。


そういえば、りゅう君は、あまりホカホカカーペットには来ないっすな。

りゅう君「あんな猫だらけのトコで、落ち着いて寝られるかいや」
りゅう君 ま、もう済んだことやけどな
さよけ。徒党を組むタイプやないもんね。 りゅう君は基本、自分のケージで寝ます。
自分の居場所を大切にする派やさかいな。


去年の4月に我が家に来たカールくん
カールくん 頑張ってます
保護当時から結構長い期間、他の猫と隔離してました。
我が家の保護猫達の反応や、カールの心境を計りながら、徐々に徐々に隔離距離を縮め、時にはケージから出してみたり。


カール「…アイツ、何こっち観てんねん。どつきに行ったろか?」
カール アイツんトコ行ったろか

タクちゃん「アレ、カール君やん。こっちガン見せんといて欲しいわ…」
タクちゃん えっと、御用ですか?
ハイハイ、大丈夫ですよ〜。お母ちゃん居てるさかいにな!


大きなケンカや、お互いが怪我を負わないように注意してましたが、防ぎきれなかった事が数回あった。
その度に、家中に大きな緊張と不安が走り、全員が時間差で体調を崩すこともあった。



新しい保護猫、特に心身を負傷している子が来た場合、来た本人(猫ですが)だけでなく
我が家に居る猫、全員に負担がかかる。


ケージから出て来たカールを警戒する、ハルくん。
遠くから警戒するハルくん
おっとりした見た目のハルくんですが、意外にもボス級。やるときゃ決める子です。



私達夫婦の役目は、飼い猫のロナ&たぬ美ちゃん親子と、新しく来た保護猫含め、保護猫全員の負担を
出来るだけ軽くするべく、家内安全・平和を保つよう、全員に心を配る。

そうしていくと、保護猫達も、新しく来た猫を「しゃーない、アイツも一緒に暮らす仲間やし」と徐々に認めてくれるようになる。
新しく来た猫も「…なんとか、この家で過ごせるよう、先住さんと付き合えるようにしょう」と態度を徐々に変えていく。



誰かって、自分を認めて欲しいし「ココん家に居ってえぇんやで!! 大好きやで〜」と思われたいのだ。
そう言って欲しいのだ。


自分を大事にし、相手を大事にし、安全で安心出来る、平和な暮らし。
人も猫も求めてるのは、ソレやんな。


だから、カールが自分からケージを出て、室内を軽くパトロールし、さりげなくホカホカカーペットに乗った時。
ビックリしつつ、トラブルが起きるか?!と警戒しつつ、とっても感動した。
カール ホカホカカーペット初体験


とはいえ、警戒を緩めない子も。

我が家で一番のおデブ猫になった、黒猫のウットくん。
カールに警戒するウットくん
この子も、強烈な一撃を繰り出せるケンカ番長系。


今、我が家の若手ボス、キジ白長毛のゲートくんも、警戒を解かない。
カールに警戒するゲートくん


カール、ウット、ゲートの三者全景は、こんな感じ。
三者の全景
安らいでない(苦笑) ま、最初にしては、上等よ!! 3匹とも頑張っとるね。


猫社会性が高く、懐が大きいダジャンくんだと、こうですわ。
ホカホカ居住まいに少し慣れたカール
もちろん、カールがそばに居ることを、グレーシマシマのダジャンはわかっています。


今までのカールの乱暴狼藉を承知の上で、カールの歩み寄る努力を観て来たダジャン。
カールにあまり警戒しないダジャン
カールに対して、警戒を最低限まで下げてます。 さすがダジャン、デキル男はちゃうのぉ…。


カールに思い切り襲われて、一番の大きな負傷を負ったサビ柄の八重ちゃん。
シロジ 八重ちゃんの枕に
もう怪我は完治し、傷跡もほぼ消えました。 八重ちゃんもイケズするからやで?


そんな八重ちゃんも、カールのそばでご飯食べるし、カールはカールで、八重ちゃんのお尻匂うし。
八重ちゃんのお尻を匂うカール
よくぞ、みな、ここまで辛抱して頑張ってくれたな〜。おおきに、おおきにやで。


まだまだ油断出来ませんが、カールは立派な我が家の一員に。
里親さんが決まって婿入りするまでは、ウチの子として、楽しく暮らそうや〜。


☆こんなソファーで、猫達とウトウト出来たなら…って、確かナルガちゃん&ツクシちゃんの里親さんが買ってなかったっけ?☆

ま、ワシャどこでも寝てしまえますけどね! しかし思った程お高くナイっすな。…買っちゃおうかしら?!なんちて!

ミルキー、ご縁解消・良縁探しスタート

11月25日。良縁に恵まれた筈のミルキーが、ご縁を解消し、MIKIさん宅に帰って来ました。
ミルキー MIKIさんに甘える

この上ないご縁だと感じ、大事なミルキーを託しました。
トライアルを経て正式譲渡となり、近況ご報告もこまめに頂き、MIKIさん宅でお茶会もしたっけな〜。

だから、お戻ししたいと連絡が来た時は、本当にビックリしたし、ご相談に乗って対策してもらえれば大丈夫だと思って
MIKIさんと私で、それぞれの意見を里親さんにお伝えしてみた。
けど、お戻ししたいという気持ちは、もう既に固まっていた。固まってるなら、しゃーない。それが全てだ。


里親さんは先住猫さんとの相性や、初の2匹の猫との暮らしで予想してなかった事が起こり、色々と悩んではったのです。
その悩みは、2匹以上の猫と暮らす猫飼いにとっては「あー、それあるある。ウチもよ!」とか「それ、悩む程のことちゃうで?」なことだった。

私もMIKIさんも、2匹以上の猫と暮らして始めて、早や幾年。
新たに猫を迎えてから体験する、様々な困りごとや悩み事は、猫達との楽しい日々を送るうちに、忘れてしまっていた。
里親さんが感じていた、初心者あるあるな悩みを話しやすい環境を作れてなかったようだ。


里親さんは、信頼し切っていた私達に、ミルキーのことで悩んでいると言い難かったのかも知れない。
私達を信用してはらへんかったのかな…とも思ったけど、多分1人で考え悩み、結論を下す性格なんだろうな。
責任感のある人や気を遣う人は、悩みを誰にも相談せず、1人で何とかしようとしがちだ。

もし、迎えた猫のことで悩んでいるなら、どうか遠慮せず、何でも打ち明けて欲しい。
1人で悩んで、効果があるかわからない対策をアレコレしながら、ノイローゼを起こしてしまうのは、辛過ぎる。

猫との楽しい暮らしを望んでいた里親さんが、家族にも話せず、私達にも話せず、1人で決断してしまったことは
私達募集主・預かり主にとっても、とても残念でした。




「辛い決断をされて、里親さんも辛かったでしょうね…」とおっしゃったのは、リオちゃん・雫くんの里親さんだった。
雫も3段ケージへ
この里親さんも、初めての猫との暮らしを満喫している最中。

頂く近況ご報告や、Twitterで観る様子では、スムーズな様子で安心安心。
…ちょっと待てよ。よくよく観ると、どの写真も2匹の表情が若干固い。ちょっとした動きの時の目線配りが変だ。
何より、笑顔がまだ出ていない。いやいや、まだお届けして半月も経ってないから、こんなモンだよな…。


ミルキーの里親さんの件もある。しつこく「何でもおっしゃって下さいね!!」と繰り返す。
ほどなく、仲介してくれた友人から「雫くんのことで、めっちゃ悩んでるねん。話、聞いたげて」
里親さんからも、実は…と雫くんのことで相当参っていることを話してくれはった。


リオちゃんと雫くんの里親さんは、ミルキーの里親さん同様、育児ノイローゼ(猫ですが)に陥ってはった。

毎朝5時にトイレをして、起きるまで起こしに来る/何時間でも夜鳴きをする雫くん。

一度起きてしまうともう眠れない里親さんは、雫くんが猫砂をザリザリさせる音で、まず目が覚める。
必ずうんこさんをする雫くん、その匂いで完全に目が覚め、トイレ掃除。
睡眠不足が重なり、丁度体調を崩していたのも相まり、仕事や日常生活にも支障が出ていた。

雫くんと違い、リオちゃんは里親さんと一緒に朝までグッスリ寝ている。
夜鳴きもせず、明け方にトイレをすることもないリオちゃんと、どうしても比べてしまう。
徐々に雫くんが可愛く思えない時が出始め、そう思ってしまう自分にも嫌気がさし…。

ご主人にも友人にも私にも相談せず、里親さんは1人悩んではった。
そんな時に、ミルキーが戻ってくると聞いて、私から「なんでも話してね!」と言われ、やっとその思いを吐くことが出来た。


リオちゃんと雫くんの里親さんが悩んだ様々なことは、猫と初めて暮らす人にとっては、深刻な悩みだ。
既に沢山の猫と暮らしている私には、取るに足らない悩みでも、里親さんは深刻に悩んではった。

ミルキーの里親さんの件がなければ、きっと雫くんもある日いきなり「お戻ししたいです」と言われ、帰って来ていただろう。


雫くんの件では、私と、里親さんを仲介してくれた私の友人が、それぞれ里親さんから話しを聞き、悩みの原因と対策を提案。
里親さんは、ご主人さんにもやっと悩みを話す事が出来、ご主人さんも協力して下さることになった。

ご主人さんは、奥さんがそーゆーことで深く悩んではるとは、思っていなかったそうだ。
話し合うことが出来て、本当に良かった。


猫と暮らしていくうちに、色々と悩み考えることは、次々と出てくる。
そんな時に、ネットで調べるだけでなく、実際に猫と暮らしている身近な友人や、家族に遠慮なく相談して欲しい。
「そんなん、当たり前やん。猫なんやから」なんて言葉だけで片付けず、悩んでいる飼い主さんが猫との生活を満喫出来るよう話しを聞いてみて欲しい。


猫との暮らしで得られるステキなことは、猫と暮らしていなかった時を想像出来ないぐらいに、深く楽しい。
どの飼い主さんにも、どの猫さんにも、猫との人との暮らしを満喫して欲しいっすな~。



☆ミルキーくんの里親さんも、先住猫さんとのステキな時間を今度こそ心から満喫出来ますように☆

ケヤキとヒノキ、ワクチン接種&去勢手術終了

東大阪から来た、エンジュちゃんの息子猫、ケヤキとヒノキ。

保護当時は、人馴れしている母猫エンジュと違い、ケヤキとヒノキは野良っ気がキツかった。
ケヤキ 保護すぐの頃
ケヤキは特にキツかったな〜。


ヒノキは怖がって、耳ぺったんこにするし。
ヒノキ た、助けて〜!!
気の毒やけど、笑っちゃうわ。ゴメンやで!

エンジュちゃんったら、自分は人間に甘えに行くのに、子供達には「人間を信用したらアカンよ」と教え込んでたのね。
何が何でも、子供達を守りたかったんやなぁ。


そんな2匹も、我が家での暮らしに徐々に馴染んで来て、可愛い姿を観せてくれるように。
ヒノキ&ケヤキ オバハン来よった
まだ私を警戒する2匹。ヒノキは、おっとりしてるね〜。

ヒノキ&ケヤキ お食事風景
ご飯を出しても、奥に引っ込まず、遠慮なく食べるように。

やっと私にも慣れたかな?と思える頃に、1回目のワクチン接種。
ヒノキ&ケヤキ 1回目ワクチン接種へ
これでまた、多少怖がられるけど、しゃーない。


ケージフリーにしてみると、兄弟の違いがよくわかるように。

兄猫ケヤキは、慎重派なのね。さては、迂闊なことはしない、かしこやな。
ケヤキ&ヒノキ おっぱい好き兄弟
ヒノキはその真反対で、あ・ケージ開いた〜ヤッホー♪とケージから即出た。
あ。この子アホや。っちゅーか、お調子者やな。次男は、こんなモンか。


ケージから出ても、エンジュのおっぱい吸うこと吸うこと。
ケヤキ&ヒノキ おっぱい吸ってる

ケヤキ&ヒノキ またおっぱい吸ってる
エンジュちゃんも、自ら「はい、おっぱいやで」と両手を広げて迎えるもんねえ。
お母ちゃんと一緒に過ごせるのは、幸せやねえ〜。 全ての子猫が、そうあって欲しいね。


親子が揃うと、こんな感じ。
森田組 親子勢揃い
左から、エンジュ、ケヤキ、ヒノキです。

ケヤキ「尻尾が先端まで真っ直ぐなんが、オレやで」
ケヤキ オレの尻尾は真っ直ぐ
ヒノキは、先端がちょこっと曲がってるんだよね〜。

ヒノキはカメラが苦手で、構えただけで「あ、ヤダー」と逃げちゃう。
ヒノキ おっとりぼんやり
なので、ケヤキの写真が多い。 ヒノキは、しぐさがエンジュとそっくりなので、可愛らしさは折り紙付き。
ちょこちょこ頑張って撮影しますわー。


あ!アンタら、そのタオルどっから持って来たの?
ヒノキ&ケヤキ イタズラ開始
仲良し兄弟やから、イタズラも仲良く協力してますわ。で、他の猫達が便乗するんよな。



ケヤキ「おばちゃん、遊ぼうや!」
ケヤキ おばちゃん遊ぼう!
お、えぇで。おばちゃんのお手々で遊んでみるか? 


ケヤキ 指先クンクン
ハハ、ソロッと匂ってからに。何も怖い事あれへんで〜。

ケヤキ 手ぇガブー!!
ギャア!!と言いたいところですが、甘噛みです。親兄弟と育ったせいか、本気噛みはせず。爪も出さないのです。


2回目のワクチン接種も済み、去勢手術も8月5日に済みました。
さ、後は良縁繋ぐだけ!  どんな人がケヤキをヒノキを迎えてくれはるんやろう。
楽しみや〜。

中津兄弟、里親募集中!

4月11日。 職場近くに住む猫友さんから、助けたい猫さん達が居ると相談を受けましてね。

簡単に言うと、劣悪な環境で放置されている飼い猫3匹を救いたいっちゅー内容ですわ。
とはいえ、気の毒な猫が居るから可哀想と安易に手を出すのではなく、どうやって救うかを
具体的に、真剣に考えてはった。

生半可な猫好きのように、丸投げしようとは一切考えず、責任と道義をしっかりと携えてる猫友さん。
よっし、お手伝いしましょう!!


っちゅーワケで、この一件を猫友さんに持ち込んだ人と猫友さんとで、段取りを確認。
飼い主さんからは、病院代と毎月の飼育費を払ってもらう約束をし、飼育所有権を放棄する書類を作成・サインしてもらった。


猫さん達を引き取って、動物病院でノミ駆除剤のフロントライン・ウイルス検査・ワクチン接種をしてもらった。
ついでに未去勢の2匹の去勢手術を予約。

2匹は猫友さんが、1匹は私が保護し、里親募集は私が担当することに。


さ、肝心の猫さん達ですよ〜!!

チャーコくん「ん?ココどこや? まあちょっと座らしてもらおか」
チャーコくん ちょっと落ち着こか
君君〜、初対面のおばちゃんにナレナレやし、初めて来た所でも割とすぐ馴染むのね。


ミルキーくん
「ボクはチャーコ兄ちゃんみたいに、すぐには慣れないよ〜」
ミルキーくん 何がどうなったのさ?
かまへん、かまへん。無理せんとボチボチ慣れなはれよ。


カールくん「えっと、ボクはどないなんの?」
カール 保護当日
カールは赤ツナギのおばちゃん宅で暮らすんやで〜。安心しぃや。


シャム系のチャーコくんは10歳。一年弟の黒猫カールくんは9歳。
チャーコくんが外で遊んで帰宅する時に連れて帰って来たのが、当時子猫だった白猫のミルキーくん。
今は8歳です。

3匹共が人に甘えるのが大好きで、そして、とんでもなく臭い。

今まで、多頭飼い崩潰現場を3件観たけど、その3件をはるかに凌ぐ悪臭が体に染み付いていた。
アレルギー持ちの猫友さんは、猫と接触して5分もしないうちに、反応が出て来た。

チャーコは猫風邪症状がキツく、ミルキーはお尻がただれていて内股に大きなハゲがある。
カールは皮膚が荒れ、耳周辺は傷だらけで、アゴ裏にバッテン傷がある。
毛はバッサバサで毛艶ナシ。 肉球は汚れ切っていた。


あーも〜、猫の飼い方知らんのに猫飼ったらアカンで!!!
こんなん虐待や。 ミルキーとカールは病院へ行った事がなかった。
こんな飼い方されてるのに、人が好きなんだよなぁ。 猫はホンマけなげやで。


この子達が暮らしていたのは、大阪の中津。
有名な喫茶店カンテグランテ中津店の近くでした。
あ〜昔よく行ったなー。あの綺麗な喫茶店のすぐそばで、この3匹が劣悪な環境で過ごしてたのか〜…。
もう何の心配もイランぞ!!



猫友さんは悪臭に耐えながら、チャーコとミルキーのお世話を甲斐甲斐しく続けた。
シャンプーもし、みるみる綺麗になる2匹。

カールも我が家で保護生活を始め、火傷の傷跡や全身のアチコチに傷があるため、シャンプーはせず。
けどホットタオルや全身を拭けるウェットシートで徐々に綺麗になっていき、匂いがすっかり取れた。


さ〜この子達も、里親募集やでー。
ミルキーには早速お問い合わせが入り、お見合いも済ませました。
ミルキー デレスイッチ入りました
幸先良いね♪



これからボチボチ、カールの様子もお知らせします。
猫数が30匹の我が家に来たカール。色々苦労しています。ウチの保護猫達も難儀してます。


チャーコとミルキーの様子は、猫友さんのブログ紅葉の季節でご覧頂けます。
猫友さんの飼い猫4匹も可愛いので、是非観てみて下さいね〜!



☆カールくん、保護当時から日夜大きい声で叫んでいたので、すっかり寝不足ですわ。最近やっとマシになったよ☆
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
楽天市場 ロフトネットストア フェリシモ「コレクション」 ベルメゾンネット 楽天ブックス FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる