病気になったら、どうする〜コリキくんの場合

クロベエくんの近況ご報告と、グレイシーくんの訃報が届いた、4月17日。
コリキくんの近況ご報告が届きました。


コリキくん「オレなー、なんか息がしづらいと思ったら心筋症やってん」
コリキくん バッチリのビジュアル
そうやってな。里親さんから、そないメールが届いて、ビックリしたで。
よぅ、命助かったなぁ。


コリキくんがお腹が呼吸をしているのを見付けた里親さん。
すぐさま、病院へ連れて行きました。

診断は、心筋症。
胸水もかなりの量たまっていて、処置中に容態急変する可能性が高く危ぶまれましたが、何とか無事処置終了。
状況から、いつ亡くなってもおかしくなく、余命は一年程だろうとのこと。

それまで病気らしい病気もせず、2月に風邪症状が出て通院したぐらい。
お腹で呼吸していたのも、風邪をこじらせたのかな?と、診てもらいにいっただけでした。


溺愛している愛猫が思いがけず重篤な状態だとわかり、しかもいつ亡くなってもおかしくないと診断され
里親さんご夫婦は驚き、絶望された。


里親さんご夫婦は共働きで、二人共が居ない時に亡くなったらどうしよう・あと一年か、それより短い間しか一緒に
居られないかも知れないと思うと、涙が止まらない。 そう言ってはった。



そやね。そうやね。ウチも保護猫ターフちゃんを心筋症で看取ったので、里親さんの心境がよくわかる。
ターフちゃん 注射しますね〜
ターフはコリキくんと違い、血栓が飛んだことによる心筋症だった。 


子猫で保護した時から、血管が細かったターフ。そーゆー子は、血栓による心筋症になりやすいねんてな。
ターフのお陰で、みなの血管の細さを気にするようになったよ。



ターフが心筋症を発症した時、獣医さんから、余命が長くないこと、出来る事は投薬しかないこと
必ず再発すること、再発したら終わりということを、教えてもらった。

その時、全身の血が鮮やかに引いたのを覚えている。 きっと里親さんも同じだったと思う。


獣医でもない一般の飼い主が出来ることなんて、たかが知れている。
コリキくん 今から昼寝
そして、飼い主にしか出来ないことが、ある。 それこそが、猫が求めているモノだったりする。



いつも通りに明るく振る舞って接するもよし、後悔と悲しみに心を投げ号泣しながら看病するもよし。
きっと飼い猫のみなさんは、飼い主さんの千々に乱れた心を察して、どう振る舞おうと
「オレのことをアタシのことを思って、こないしてんねやろな」と、わかってくれんちゃうかな。

だってさ、元気な頃と同じように振る舞うのも、号泣するのも、大好きやからやもん。失いたくないんやもん。
それだけ大切で沢山の愛情を伝え合ったからこそやもん。


大事な我が子が病を得てしまい、いずれ亡くなるのは、とても辛くて悲しい。
その辛さ悲しさの深さは、そのまま愛情の深さ。動物はみんな、そこんトコしっかりわかってる。


無理せんと、思うままに日々を過ごして下さい。
一緒に居られる時間が短くとも、長くとも、病気であろうとなかろうと、心豊かに過ごす。
アツオと学
猫達が求めてるのは、ソレやと思いますわ。


とか言いもって、コリキくんが、一日でも長く里親さんと同居猫さん達と楽しい日々を送れますように。
そう願っております。
アツオくん 福々
コリキくん、頑張るんやで!! あんな可愛い里親さん泣かせてたら、アカンで!!!


☆絶望もいずれ喜びに変わります。あんな良い子と一緒に暮らせて良かった。必ずそう思えるようになります☆






【★あす楽★】【ハートアクト(100粒)】心臓用サプリメント犬猫栄養補助食品獣医医療開発日本全薬工業【レビューを書いて次回もポイント2倍】



価格:
4,580円


(2018/06/02 02:36時点 )


感想:44件


こんなお薬もありますさかいに。ターフも愛用してました。






クロベエくん、飼い猫1周年

4月17日。クロベエくんの飼い主で、私の猫友でもあるKさんから、近況ご報告が届きました。


「クロベエがうちに来て、15日で一年が過ぎました」
クロベエ君 ノビノビ安心寝
お〜!!! あれから、もう一年も経ったのね!っちゅーか、まだ一年しか経ってなかったっけ?


お義母さんの急逝で行き場のなくなったクロベエくんを、飼い猫に迎えたKさん。
自分家の飼い猫にすると決めるまで、それはそれは大変な道のりを歩みました。

家族のみならず、親戚を巻き込んでの話し合いの末、意を決して迎えたクロベエくんでしたが
スプレー行為をするわ、先住子猫は怯えるわ、中々慣れてくれないわで、迎えた後も苦労が続きました。

が、清潔な室内に、こまめに話しかけてくれる家族の人々、怯えながらも興味津々で歩み寄る子猫ちゃん。
徐々にクロベエくんも、自分の身の上に起こった変化を受け入れ、本来の穏やかで懐の深いおじさん猫になりました。


一年経った、現在のクロベエくんと先住子猫「こまちゃん」
まだまだ距離はあるものの、少〜し慣れて来たそうな。

Kさんによると、こまちゃんは相変わらず「同居を認めないよ」という態度。
対してクロベエくんは未だに「居候しておりますよ」という謙虚な態度。
アハハ、ちゃーんと猫社会システムがバッチリ運営されてるのね〜。


大人猫は、子猫がすることを大概「…小さい子のすることや。しゃーない」と、許してくれます。
度を過ぎると、制裁を与えるのみで、ご飯を口にするのは子猫から・横取りされても「先に食べな」と譲ります。
たった2匹であっても、そーゆー猫社会システムがちゃんと確立されてるのって、素晴らしいよね!


2匹は、お互いの気配でビクッとするそうな。
飼い主のKさんは、まだ少し警戒してるのかな?と思ってるそうですが、さにあらず。
もっと仲良くなりたくて、お互いの呼吸をどうにかして合わせたいと気を張ってるのです。
可愛いの〜!! ときめくやんけ〜♪


クロベエくんが、床にスリスリゴロゴロしてるのを観て、嬉しく感じるKさん。
うんうん、わかるわかる!! 我が家で言うとカリンちゃんがよくソレやってますわ。

カリンちゃん「!!ヤダ、観てたの?」
カリンちゃん ヤダ、観てた?
照れんでヨロシで。


床にスリスリゴロゴロしているクロベエくんを観て、こまちゃんは抜き足差し足で、そろ〜っと近寄って…。
と、こまちゃんの気配に気が付いて起き上げるクロベエくん! ダッシュで逃げます!!
追いかけてお尻をペシペシ叩くこまちゃん。 おーい、アンタら仲えぇやーん!

こまちゃんに追い詰められて、ベッド下や爪研ぎの箱に飛び込むクロベエくん。
そこが安全地帯なんや。そーゆー場所があるん、嬉しいね。

安全地帯に逃げ込んだクロベエくんをみて、満足するこまちゃん。 ヒューヒュー仲良し〜!!
キライやったら、逃げ込んだ後も追い込むもんね。 逃げ込んだ様子を観て満足してるなら、仲良しですわ。


時折クロベエくんも、こまちゃんを逆に追いかけたりするそうな。軽くね。
軽くってトコロが、大人やね〜。さすがクロベエくんですよ。


「お互いたまにお尻を嗅いだりします。面白いのはトイレの時。
用を足す時はそれぞれが近くに行って、伏せてジーっと観ています」
お互い、もっと相手のことを知りたいのね〜。そのうち同じトイレを使ったり、同時にトイレに入ったりするかもね。



家族に迎えてもらって一年経ったクロベエくんは、よくじゃれて遊びます。
どんなオモチャが好きで、どうやって遊んで楽しんでいるのかを、今のKさんは、よく知っています。


一年前は、大きくて怖くて大鳴きして、スプレー行為もして、飼うなんて無理…!!!と、思っていたのに
今では大事な家族の一員になったクロベエくん。


クロベエくんの頑張りだけじゃなく、家族みんなが頑張ってくれました。頑張れました。
天国のお義母さんも、ホッとしてはるやろうね。 良かったね、クロベエくん!


もうこれで、Kさんも猫ナシの生活は一生出来ひんデ…ウハハハハハ!!!



☆猫との暮らしを満喫している猫友のKさん。多少なりともお役に立てて良かったです☆






パタパタとんぼ AS-233



価格:
264円


(2018/05/18 02:51時点 )


感想:0件



クロベエくんが大好きなオモチャ、パタパタとんぼ。とんぼに飛びついてから紐を前足でキャッチ!賢い〜!!

病気になったら、どうする〜元くんの場合

尼崎東署で保護され、我が家で里親募集した後、私の勤務するガソリンスタンドのお得意さんに
迎えてもらった元くん

元くん「おばちゃん、誰? オレのアイツ、いつ帰って来るん?」
元くん どちらさん?
この写真はお届けした翌年、帰省で留守にしている里親さん宅へ、お世話しに行った時のです。


元くんの里親さんは、毎年ワクチン接種に通ってはった。
「12月やから、またワクチンしに行って来るわ」11月にそない言うてはったので
健康診断もしたらえーよと、おススメした。


その通りに血液検査を受けた元くん。
その結果、玉造にある、高度二次診療病院のネオベッツVRセンターでの検査受診を勧められました。
精密な検査機器が揃っている動物病院で、獣医さんの紹介でしか診察を受けられない所だ。
診察代が高額になることも、併せて伝えられた。


「何でや。元気も食欲もあるし、何の問題もナイで?何でそんな高いトコ行かなアカンねん?」
里親さんは納得出来なかった。 

獣医さんの見立てでは、出来るだけ早く検査して、治療方針を決めた方が良いとの話だった。


結局2ヶ月ちょい悩んでる間に、どんどん元くんの様子が変わって行く。
とうとう里親さんも「検査、行くわ」と、なった。


仕事で行けない里親さんに代わって、ウチの旦那さんが玉造の病院へ。

検査前日から、我が家でお預かり。大変ご不満な様子です。
元くん おかんむり

元くん おかんむり2
様々な精密検査をし、その段階で「全身のリンパが腫れている」とわかった。


犬ならよくある症例だけど、猫でここまで全身のリンパが腫れているのは、診た事がないとおっしゃった。
「ボクは初めて診ました」 通常の動物病院でない、様々な症例が集まるこの病院で、初?


ウチの旦那さんは、自身が色んな病気になった経験から、獣医さんの説明にも遠慮なく突っ込む。
元くんとダジャン

元くん ダジャン越しに室内を観る
わかりやすく説明してくれる獣医さんから、今後想定される変化や可能な治療法、余命を聞く。

納得出来る内容だけど、果たして里親さんは納得出来るか…。
いや、納得出来るかどうかやない。どんなにショックを受けるとしても、ありのまま伝えるしかナイんや。



仕事の関係で、検査後も我が家に居た、元くん。
元くん 自分、誰やねん
2段ケージに入ってもらって様子観。

後ろ足に力が入らないので、上段へ行きたくても行けない。
元くん 後ろ足 力入らない

元くん なんやココ!!
かろうじてトイレに入って用を足すのは出来ている。が、座っている時に、身体が左右に揺れている。
とても正常な状態とは言えない状況だ。 



こんな状態でも、検査を受けるのを迷っていたのは、検査を受けたとて、治るかわからないからだ。
元くん 出す気ナイんやな、ふーん
高額な検査代を払って、その後、治療費が捻出出来ないかも知れない。

元くんダジャンムース 似た毛色の3匹
治療を受けても、すぐ亡くなってしまうのなら、治療しようと思えないとも、里親さんはおっしゃった。


もちろん、その意見には賛成出来なくても、一理ある。

もっと早く検査を受け、治療を開始していたら、選べる選択肢がまだあったのではと、私は思った。
元くん どーゆーこっちゃ
だが、元くんの治療方針を決めるのは、飼い主である里親さんだ。


動物と暮らすなら、経済力は必須だ。
だけど、お金の有る無しと、飼育意識や飼育方針は、共に有るあるようで、別個だ。


生活を犠牲にしてまで治療にあたる必要はない。お金をかければ治るというワケでもナイ。
元くんに興味ある柊くん
限りあるお金と治療方針・方法を照らし合わせて、出来る限りのベストを尽くすのが、一番良いのではと思う。


元気な時は考えないだろうが、病気になると治療費がかなり高額になり、ショックを受ける人も多い。


近年、ペット保険も色々あるけど、全てをカバーしてくれるわけでもない。
どこまで検査・治療をするか、どんな看取りが自分と動物にとって最適かは、ほのかにでも考えてみて欲しい。


何よりも、元気な時に、心豊かな生活を満喫すること。
そして、病気になってからも、元気だった頃同様に、穏やかにいつも通りに、心豊かな生活を満喫すること。
これに尽きると思います。



元くんはVRセンターで遺伝子検査も受け、症状と体質に合う薬を処方してもらうことに。
治療とお薬の処方は、行きつけの動物病院さんで行っています。



幸い、薬が良く効いて、現在はゴキゲンさんで過ごしていて、里親さんが「コイツ、長生き出来るんやないか?」と
思える程に安定しています。


さりとて油断は禁物。どうしても悪い面を認めたくないばっかりに、良い面ばかり受け取り勝ちになる里親さん。
気持ちはとてもよくわかるけど、何か違う気がしたら、すぐ病院行くんやで…と注意勧告しています。



今まで沢山の保護猫と飼い猫を看取った私には、里親さんの良い面ばかり観てしまう心境が自分のことのように思えます。
どうか、里親さんと元くんのゴキゲンな日々が、一日でも長く続きますように。



☆里親さんが迎えに来はった時の元くんは、それはそれは綺麗な瞳の輝きで里親さんを見て可愛い声で鳴きました。
元くんにとって里親さんは他の誰にも代えられない大事な家族。愛し愛されてる飼い猫さんの姿に感激しました☆

     
       
            上記のバナーは、5月3日まで有効です。

猫を迎える準備

猫と初めて暮らす、南天くんの里親さん。
南天くんのお見合いにて お姉ちゃんとボク
お見合いの時の、子供さん達の様子。 

低い姿勢で近寄ってから、そっとキャリー内を覗いている子供さん達。
なーんて可愛いのかしら!!! 
赤ツナギおばちゃんのアドバイスを、しっかり聞いて実行するお利口さん達。
おおきにね♪



お見合い後、情報収集しつつ、色んな猫用品を検討して、着々と揃えた里親さん。

「南天くんのお部屋、だいぶ出来てきました✨」
南天くん お迎え準備・猫ベッドその他

南天くん お迎え準備・爪研ぎ

南天くん お迎え準備・キャットタワー
うっわ〜スゴイスゴい!! もう完了ですやん! 後は南天くんが来るのみ。
っちゅーか、もう本日お届けしても良いぐらい。


こうやって、初めて猫を迎えるにあたって、色々準備して整えてくれはる様子は、しみじみ嬉しい。
大事に育てた南天くんを、心から待ち望んでくれてる里親さんご一家に託せるのは、感謝感激ですわ。
リオちゃんと雫くんのお届けした時のことを、思い出しちゃうな。ウフフアハハ♪





もうすぐ私達の手から離れる淋しさより、いよいよ本当に幸せになれる喜びの方が、圧倒的に高い。
私に甘える南天くん
甘えん坊の南天。我が強い面もあるけど、それは南天の素直さでもある。


保護した時から、この子は甘えん坊さんやろなー思ったよ。
柊、杏、南天 小さい箱で固まる
躊躇なく猫に攻撃する隣人から、決死の覚悟で保護してくれた保護主さん。

エンジュちゃん親子と同じ現場から来た、柊・南天・杏。
南天、杏、柊 ちょっとリラックス出来るように
あんな危険な場所から保護したからには、絶対に生涯を安全で安心出来る環境で過ごさせよう。
そう思って、育てました。


エンジュの時もそうやったけど、この子達を守ってくれる仮名を探したっけな。
南天と柊 アレ何?オモチャ?

杏ちゃん 兄ちゃんらも風邪か〜
保護主さんの名字の一字が「森」なので、樹木の名前を探してですね、それぞれに合う名前に決定。


南天の花言葉は「良き家族」だそうで。
いや〜我ながら、良い仮名を付けたわいな!! ワッハッハ!!!


お届けは、今週の金曜日。
それまでは、思いっきり甘々に過ごそうな。
南天くん ナデナデ天国
里親さん宅へ行っても、ウチに居った時のように甘えるんやで〜。


真っ当な飼い主さん

11月3日に、里親さんにお渡ししたゲートくん

里親さんに撫でてもらう図。
ゲートくん 迷いながら甘える
ゲートには、もう一組お問い合わせが来ていました。

そちらのご家族さんは、小さいお子さん二人とご夫婦。
猫と暮らした経験はないけれど、今後の家族の暮らしぶり等々考え、猫を迎えようと決意されての
お問い合わせでした。


たまたま、ゲートは里親さんにお渡ししましたが、こちらの希望者さんも、とても印象が良く
お断りするのが、めっちゃ残念でした。

ゲートの里親さんとしてお断りしたものの、やり取りの中ですっかり希望者さんに心惹かれたので
その後もお付き合いしていくことになりました。


ゲートとはご縁がなかったけど、ウチの募集猫さんから迎えたいとおっしゃって下さって!
いざお話を進めようとした時、希望者さんからストップが入りました。

ペット可の賃貸にお住まいの希望者さんご一家。
猫を迎える前に、念のため大家さんにご報告に向かうと「猫?アカン! 小型犬しかアカンで!!」
なんじゃそりゃー!!


大家さん曰く、猫は家を傷つけてワヤクチャにする・犬と違って傷み具合が半端ない! だからダメ!!

ふ。大家さんよー、アンタぁ真っ当な猫の飼い主が店子になったことが、ナイねんな?
ややこしい店子ばっかりやったんやな、可哀想にな〜。
大家と店子って、似た者同士らしいから、気ぃつけなはれや。




希望者さんはすっかり落ち込んだ声で、連絡を入れてくれはって、本当にお気の毒でした。

が。私とて、里親募集を始めて数年のオバハン。
この素晴らしい希望者さんを、このまま「そうですか、では…」と、ほっておきますかいな。


私には、大家業をしている親戚が居てまして、大家の心理は多少わかるし、事例も知っている。
希望者さんは明るく朗らかで、責任感がある。大家さんや不動産屋と心安く声をかける土台が既にある。
なら、勝算は充分ある。

とは言え、実際に大家さんや不動産屋と交渉するのは、希望者さんだ。
行動するかどうかは希望者さんにお任せするとして、ペット不可物件でもペットと暮らす許可を取る方法を
多少お知らせしてみた。


「…やってみます!!」希望者さんは、鼻息荒く宣言して、電話を切られた。


どうして自分は猫を迎えたいと思ったのか。
2歳半と4歳の子供さんと、ご主人とのこれからの生活プランも考え、自分の心にしっかりと問いかける。

そうこうする内に、心の中でフツフツと沸いて来た「どうしても、今、猫を迎えたい」と、結論が出た。

この時の希望者さんの熱い気持ちと闘志が、なぜか私にはハッキリ見えた(気がする)。

例えトライしてアカンかったとしても、希望者さんにもお子さん達にも、一家の信念が体感出来る筈。
それだけでも、めっけもんやなかろうか。



希望者さんは、要望書を作成し、一家揃って、不動産屋に出向いて交渉されました。

熱意だけでなく、要望書を手渡しし、こまめな報告や、大家さんによる自宅訪問の現状確認
家賃アップ等々を、伝えはった。

やるだけ、やった…。 ココまで、一家で沢山話し合い、力を合わせて頑張って来られた。
お疲れさまでしたー!!!


それが、先月の末ぐらいの事でした。

ほんで、今日。
希望者さんから弾む声で「大家さんから許可が下りました! 猫と暮らせます!!」と、電話が来ました。

やったー!! おめでとう!!!
どやー、真っ当な人間が本気出したら、こんなモンじゃい!!


「隠れて飼ってる人も居てるんですけど、コソコソ飼うのはイヤですし、猫に申し訳ないですから」
うんうん、そうやね。大事な家族と楽しく暮らすのに、なんでコソコソせんならんねん。な!


大家さんにしても、真っ当な店子が、キチンと責任を持って動物と暮らしてくれれば安心やし
他のアカン飼い主に、ガツンと言えることが出来る。

どこの大家さんもそうやけど、真っ当な店子さんに長〜く居て欲しいものよ。
希望者さんのようなご家族には、ずっと居て欲しいよねー。



さーてこれから、希望者さんと打ち合わせて、我が家の募集猫から、どの子を迎えて頂くのか検討して
頂きます。
ウフフアハハ、楽しみ〜♪

おススメは、南天くんかな。
南天くん 腕枕に満足

ミルキーくんもいいよね〜。
ミルキー おしゃれスヌード
って、気が早いな。


猫との暮らしを強く願った希望者ご一家。
おめでとうございます、近々お会い出来た時、めっちゃ話盛り上がりそうです。
楽しみ〜♪
プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる