おやすみ、ゆきちゃん〜里親募集のゴール

ゆきちゃんの里親さんから、訃報が届きました。
ユキちゃん 本当に行く?
「ゆきちゃんは5月21日に天国に行きました」

淡々とした文章なのに、里親さんの涙が止めどなく溢れているのが、見えるかのよう。
だって、本当に里親さんにベッタリん子の甘えん坊やったもんな。


ゆきちゃんは寝る時、必ずお母さんと一緒。自分から「さ、お母さん寝よう!」と誘うことも。
あ、ちなみにゆきちゃん宅は、お母さんとお姉さんの二人家族。あとは、ワンコさんです。

寒い季節は、こたつで一緒にお母さんと寝ることも、しばしば。
ゆきちゃん お母さんとシンクロ寝
お母さんのお顔と姿勢はトリミングしてますが、ゆきちゃんと全く同じ表情&姿勢です。可愛い!!!


大事なお人形さんのケース上でノビノビと寝るゆきちゃん。
ゆきちゃん 人形さんの上で
アンタ〜!! 気ぃつけなはれや!! 心なしか、お人形さんが舌打ちしてるような(笑)


新聞を読もうとすると「新聞よりアタシでしょ?」と黙ってメンチ切ってくるゆきちゃん。
ゆきちゃん 新聞よりアタシでしょ
読ませはしない…という圧を、否が応でも感じますな。


里親さん親子と、この上ない幸せな日々を過ごしていたゆきちゃん。
ゆきちゃん 亡くなる前日
辛かったであろう闘病生活も、里親さんの手厚い看護と愛情で、心は健やかだった。
良かったね、ゆきちゃん。 良い人に見初められたねえ。





ゆきちゃんは、私の職場裏で暮らしていたのを捕獲した。
当時、職場裏には沢山の野良猫が居り、せっせとTNR(捕獲・不妊手術・元居た所に戻す)をしていた。
どうしても気になる猫は保護し、ある子は飼い猫にし、ある子は里親募集を続けていた。

飼い猫になったシロタン。当時、地域のボス猫でした。
シロタン 野良時代
捕獲直前のシロタン。かなり弱ってました。だから保護出来たんやろうな。

飼い猫になって落ち着いた頃のシロタン。
シロタン 日光浴
ゆきちゃんにソックリやな。


シロタンを保護した直後から、姿を見せるようになったのが、シロジでした。
シロジと八重ちゃん 外生活時代
子猫2匹を連れて現れたシロジ。 そのシロジが、ゆきちゃんも連れて来たのでした。
シロジとユキちゃん
あいにく、野良時代のゆきちゃんの写真はなし。用心深かったもんね。


シロジとゆきちゃんの白猫同士が、サビ柄と黒猫の子猫を連れて、用意した餌を揃って食べている姿に
心を打たれて「一家4匹を捕獲・保護して里親募集する!!」と決めたんやったな〜。



保護生活を満喫して、掴んだ良縁。
ユキちゃん ニャオー!!
中々懐いてくれなかったゆきちゃんを、根気よく見守って、色々と対策すること半年。

やっと里親さんに甘えるようになり、以後は甘々な生活を過ごしたゆきちゃん。
ユキちゃん お腹モフモフ

子猫のような可愛らしさのユキちゃん

ユキちゃん ホカホカカーペット独占
里親さんと沢山の愛情を交わし合い、心豊かな生活を胸に、旅立ちました。

良かったなあ。保護主のおばちゃんやおっちゃんが望んでたんは、ソレやってんよ。



里親募集は、良縁に結ばれて終わりやない。
良縁に恵まれたその後、里親さんと保護猫が幸せな日々を過ごし、やがて病い等を得て、心安らかに看取って貰い
そのご報告を受けて、初めて里親募集の終了となる。


亡くなったことは、本当に辛く悲しい。
けど、外生活していたゆきちゃんが、もう何の心配もなく日々を過ごし、あまつさえ良縁に恵まれて
沢山の愛情を受け旅立てたことは、この上なく嬉しく喜ばしいことだ。



ゆきちゃん、おめでとう。
ほんで、また里親さんと出会いよ。待ってくれてはるさかいな。



☆やっぱりシロジやゆきちゃんは、シロタンの血縁やろうな。そっくりや。みんな外生活とおさらば出来て良かった☆






お供え お悔やみ 送料無料 あす楽対応【フラワーアレンジメント お供えの花と風シリーズ サイズE】アレンジ アレンジメントフラワー 即日 お彼岸 お悔やみ 供養 花 ギフト 命日 法事 お盆 枕花 弔事 葬式 月命日 供花 仏花 一周忌 法要 立て札



価格:
4,104円


(2018/06/10 17:24時点 )


感想:11件



里親さんの悲しみが少しでも和らぐよう、お花をお送りしました。こんなコトしか出来んでスンマセン…。

おやすみ、グレイシーくん〜緊急時の対応について

クロベエくんの飼い猫1周年のご報告が届いて、ニヤニヤして何度も読み返していたら
グレイシーくんの里親さんから、メール到着。


お、近況ご報告か? 不思議と近況ご報告って、続くモンやさかいな♪
グレイシーくん 暑いか?
「グレイシーが夕方突然倒れて、今も動けない状態です。明日朝一番で病院へ行きます」

え。 突然倒れて? 今も動けない? 明日病院行く? …今は晩の10時前。
行きつけの動物病院は、火曜日なので休診日だ。  だから何や。緊急事態や!!!


行きつけの動物病院の院長の携帯へ電話するも、生憎留守電。珍しい。
こういった有事に備えて、行きつけの動物病院の獣医さんと連絡が取れるようにしておくのが望ましいが
それが難しいなら、近隣で夜間診てくれる動物病院を知っとかなーアカン。


すぐさま、里親さんに連絡を取り、現在のグレイシーくんの状態を確認する。
その間、改めて里親さんの住所を確認しつつ、以前に心筋症を発症したターフちゃんを連れて行った病院の
所在地と連絡先を確認する。

幸い、里親さん宅の近所に、夜間救急動物病院が2軒もある。その内の1軒がターフの行った病院だ。ヨシ!!

すぐさま病院の連絡先をお知らせし、様子見をしていた里親さんご夫婦は病院へ。


グレイシーくんの様子がおかしいと一報を頂いてから、ずっと様子等をメールでお知らせ頂いてました。
里親さんが恐怖と驚きで震えているのが、目の前で観ているように、伝わる。
どうか助かってくれ…。せめて2〜3日持って、里親さんに心の準備をさせておくれ…!

願いは虚しく、病院へ着いてすぐ、グレイシーくんは旅立ってしまいました。


グレイシーくん「ゴメーン、オレそんなつもりなかったんやけど」
グレイシーくん 口臭くて悪かったな
この写真は、口臭がキツくなって、かつて暮らしていた動物病院で診察してもらっているグレイシーくん。
あんなにお世話になってたのに、獣医さんやスタッフさんのこと、忘れてたね。
今の暮らしが幸せで馴染んでる証拠やから、しゃーないですわって、獣医さんとスタッフさん達に言うたっけな。



長年、動物病院で暮らし、その見た目と懐っこさから、幾度も迎えてもらっては、お返しされてきたグレイシーくん。
やっと良縁に恵まれ、里親さんと心豊かに過ごしていました。



去年の夏だったか、里親さんとグレイシーくんの生活リズムが崩れて、関係が壊れそうになったこともあった。
ウチの旦那さんが里親さんの旦那さんを、私が奥さんにそれぞれアドバイスをした後、グレイシーくんの様子が変わり
また穏やかな暮らしが戻り、幸せな日々を送っておられました。


一緒に暮らせたのは、たった2年足らず。
グレイシーくん 残暑お見舞い
それでも、グレイシーくんが里親さんご夫婦と過ごした幸せな日々は、彼の永遠の宝物になった筈。


その宝物をこれからも持って、また毛色を変えて里親さんに迎えてもらいや。
グレイシーくんのお仏壇
里親さんは、君がずっとずっとそばに居てくれてると、信じてくれてはるさかいな。



里親さん、病院へもご報告へ行って下さいました。
グレイシーくんを迎えてから亡くなる直前までの写真が満載のアルバムに、みんな感動してはりました。
ありがとうございます。


動物病院で一生を過ごすのではなく、飼い猫として生涯を閉じることが出来たグレイシーくん。
グレイシーくん ホンマかいな
獣医さんやスタッフさん達も、悲しむと同時に、グレイシーくんが幸せに暮らせたことに感謝されてました。

里親募集を担当したことで、私達夫婦も里親さんとグレイシーくんの幸せに関われて、嬉しかったです。



グーちゃん、ありがとう。おおきにな。 
グレイシーくん グラビア風



☆元気でゴキゲンで過ごしていても、ある日いきなり病気を発症することは、実はよくあります。
日々の健康管理はもちろんですが、有事の際どこへ連絡するのか・行く段取り等、しっかり把握しておいて下さい☆


今回、里親さんにお伝えしたのは、以下の病院でした。 どちらも年中無休です。

大阪動物ERセンター 大阪市西区南堀江3-7-22 06−6536−1779
 診察時間は、夜8時〜12時までです。


大阪どうぶつ夜間急病センター 大阪市東成区中道3丁目8-11 06−4259−1212 
 診療時間は、21時〜翌5時(診療受付は4時半まで)

大阪近辺の里親の皆さん、宜しくお見知り置き下さい。

おやすみ、セティくん

4月13日。セティくんの里親さんから、悲しい知らせが届きました。


セティくん「オレなー、次の使命果たしに行くことになったんよー」
瀬戸くんサヨナラ
別に、急いで逝くことなかったんちゃうの? 里親さん、めっちゃ泣いてはったデ。


里親さんは、猫&犬と暮らしてはって、どちらも多頭飼いされていた。
1人で沢山の動物を観る大変さと楽しさは、私にも覚えがある。
それゆえに、大変さと辛さ、もどかしさも、多分こうではないかな…と想像出来ていた。


多頭飼いしている人や、保護活動している人には、経験があると思う。
自分が飼い主・保護主でなかったら、この子は元気で長生き出来たのではないかと。
飼育管理や、飼育環境に不備があったのではないかと。


冷静に自分が普段何をしているか、考えて欲しい。


帰宅したら、まず何をしてますか。

ただいま〜と挨拶しながら、猫達犬達を構う。トイレの掃除をする。器を洗って、お水を換える。ご飯を出す。
いつもと違う様子があれば、様子見を続けながら、通院したり、自宅で可能なケアをする。
そうでしょ? 


全員に名前をつけてナデナデしてるでしょう? 愛し愛されて過ごして来たでしょう?
名前を呼ぶのは、大好きやで・可愛いよと伝える意味もある事を、動物達は知っている。


それで充分なんですわ!


愛し愛されて、快適に過ごせるお家、ゴキゲンな飼い主さんと家族。
家族として一緒に過ごす動物が求めてるのは、それなんです。


だから、自分がこの子を迎えなければなんて、思わないで下さい。


里親募集を続けていると、ご縁を結ぶのは猫達本人やない?と思えることが、よくある。
セティくんも、そうだった。


せやないと、わざわざ北海道の広尾郡まで、行くかいや!
そーゆーこってすわ、里親さん。


あの子は、寝てばかりやったけど、あまり寝ずに色々ガンバっている里親さんに「寝ようゼ!」と
教えていたつもりかも知れない。

里親さんと暮らした数年が、セティくんにとって、じんわりと温かく楽しい日々であったことは間違いない。



小さな段ボール箱に、そこまでせんでもっちゅーぐらいしっかりとガムテープを巻かれていて、中を開けると
入っていた瀬戸くん。
瀬戸くん とかげ時代
母猫とも兄弟姉妹猫とも引き離され、西宮駅の男子トイレに遺棄されてました。


その後、我が家でスクスクと育ち、良縁を掴んで里親さんの元へ。
瀬戸くん もうすぐ一ヶ月

この頃から、他の猫の上に乗って、平気で寝てたな〜。
+瀬戸くん


里親さんにお渡しした日。
瀬戸くん 新しいお母さんと
遠方へのお届けだったので、張り切ってお届け記事書いたんだっけ。 
後編まで書いたん、初めてやったかも。



里子に出た子が亡くなるのは、悲しく辛いと同時に、里親募集のゴールをやっと迎えた感じです。
えぇ里親さんに迎えて貰えて、楽しく暮らせて良かったね…と、清々しい気分なのです。


生涯を幸せに過ごせて良かった。
せっちゃん、おめでとうな。 でも、本当はもっと元気で長生きして欲しかったな。
って、そんなこと、里親さんの方が思ってはるわいな。 アンタ意外に薄情やで〜。けっ!!

おやすみ、シロジ〜我が家流の看取り

4月5日。保護猫のシロジくんが亡くなりました。
シロジくん ストックのお花
シロジの胸元に置いた白い花は、とても良い香り。旦那さんがシロジらしいからと選んでくれました。

帰宅して調べたら「ストック」という花で、花言葉は「思いやり」
あまりにもシロジにピッタリで、旦那さんも私も泣けてしまいましたわ…。



猫エイズ陽性だったシロジは、3年程前から歯や歯茎の様子が悪くなり、適時治療に通っていました。
シロジ リラ〜ックス
去年からは、食欲は旺盛ながら少しづつ元気がなくなり、徐々に痩せて来ました。
終わりが始まっているのを、シロジも私達夫婦も実感しながら、この日を迎えました。


私達夫婦には、飼い猫ヨイチ、シロジの推定父猫シロタン、我が家で看取った歴代の保護猫達との経験がある。
シロジが辛くなっていく体を使いこなしながら、どう日々を過ごしたいと思っているのか、何となくわかっていた。

自分達がシロジにやってあげたい事があっても、シロジがして欲しいこと・して欲しくないことを優先する。
シロジが、やりたいけどやり辛くなってることをサポートし、日々をゴキゲンで過ごせるようにして来た。


シロジは、それはそれは甘えん坊になって行き、可愛い声で催促アピールをするようになった。
シロジ 日向ぼっこ爪研ぎ上にて
今までは、猫達から滅法好かれてシロジ本人がしたい事をするのが難しかった。


全ての保護猫が、シロジを慕っていた。
おまさとシロジ 仲良くカリカリ
シロジとご飯を食べているのは、去年亡くなったおまさちゃん

フィットくん シロジとねんね
去年、お嫁に出たフィットちゃんと。心細い子猫達は、みなシロジがフォローしてくれました。

ちりこちゃん シロジと寝る
去年、預かりしていたちりこちゃんもシロジに可愛がってもらったな。

シロジに遊んでもらう柊と南天
南天くんも、よう遊んでもらったな。

シロジ&千重 定番の寝姿
同じ場所から保護した千重ちゃんと。外生活していた頃から、千重ちゃんはシロジにベッタリ!

ご飯催促も一緒にするもんね。
シロジと千重ちゃん ご飯アピール中
おっと、脱線してもーた。


シロジが段々痩せて行く様子を観ながら、本当にして欲しい事は何かを探る私達夫婦。
結論として、積極的な治療はせず、家の中でゴキゲンに過ごしてもらう事に決めました。

明日も今日と同じく生きていくつもりで、日々楽しく暮らす。
寿命や体調をあまり配慮せず、いつも通りに過ごす。
そうして、最期の日を迎えました。


不思議なモノで、シロジは私達がどう看取るか決めたのを知ったかのように、本来の性格を表してくれました。
シロジくん …ご飯欲しい
ご飯催促しに、足元へ来たシロジ。


シロジって、こんなにアピールする子やったんやと驚く程、毎日私達に話しかけてくれました。
シロジ ご飯食べて満足
細くなっても、常に近くに居てくれました。


そして迎えた最期の日。

もう立てなくなったシロジのそばには、ノンちゃんカリンちゃんがゴロンゴロン♪
シロジの横で寛ぐノン&カリン
私達人間より、猫の方が間違いなく、正しい過ごし方を知っている。
どんな状況であろうと、昨日と同じように今日を、そして明日を迎える。
亡くなったからといって、終わりではない。 そーゆーこっちゃろな。


出勤前に、シロジのお顔や体を綺麗に拭いて、シロジ大好きやで・仕事行って来るでと言いもって撫でる。
シロジ 亡くなる日の朝
これがきっと今生での別れになる。それがわかっていても、私もシロジも満足だった。
行って来るよ。行ってらっしゃい…とお互い言い合う。


旦那さんが私を職場に送ってくれ、帰宅するとシロジは旅立っていた。
旅立ったシロジ
穏やかで満足気な表情だった。 これで良かったんだ。良かったんだよな…?

我が家流の看取りとか言っておきながら、やっぱり「コレで良かったのか?」と思ってまいますわ。




ウチの保護猫が弱りゆく姿や、亡くなる直前のやせ細った姿は、本当は誰にも見せたくはない。
でも、猫と暮らしていると、最期はこーゆー姿になるんだという事を、知って欲しい。
最近はそう思うようになりました。


こんな姿になっても、愛しいことに変わりはない。
決して、可哀想でも気の毒でもない。
どうか怖がらずに、家族の最期を迎えて下さい。お願いします。


募集記事一覧の掲載していた、シロジの紹介です。ココに残しておきます。
シロジ 本当はスリスリしたいシロジくん。
面倒見の良いイクメン。 怖がりで人は苦手でしたが、実は超甘えん坊。猫大好き。猫にモテモテマン。
平和主義なのに子猫達の運動会や女子猫のケンカに巻き込まれ、困惑する事多し。
2012年4/15に、初ブラッシングを機に、撫でられるように!今はスリスリゴロゴロの甘えん坊さん♪
口内炎の持病有りで、定期的に通院治療してましたが、2016年9月29日、口内環境改善目的で、4本抜歯&スケーリング。今後も注意してケアしていきます。
カリカリも手作り食大好き。特に、鶏のスープが大大好き!!
2010年8/25保護。当時で推定1歳ちょい。


☆全ての猫を受け入れ、拒否する事が一回もなかったシロジ。その広い心を見習いたいよ☆
          
こーゆーのも、えぇね。今はまだ、どないしょうとは思えんけど、いずれ猫達用のお仏壇欲しいなあ。

おやすみ、八重ちゃん

1月1日。腎不全でずっと頑張って来ていた、サビ柄の八重ちゃんが旅立ちました。
菊に囲まれた八重ちゃん
元旦なんかに亡くなるから、お花こんなんしかなかったで!! 
でも今までで一番お花多くなったな。フフ。可憐な小菊は八重ちゃんによく似合ってるよ。


12月の中旬までは、通院・治療しながら、自宅でも補液出来るようになり、調子は良かったです。
それが、ある日いきなり、ガクッと体調が崩れて「あ、向こう方向へシフトチェンジしてしまった…」とわかった。
恐らく年内で…と、心の準備をしつつ、いつも通りにお世話をしていました。


ガソリンスタンド勤務のワタクシ、31日まで仕事でした。
18時までの予定が少し押して、帰宅したのは20時半頃。
すぐさま、八重ちゃんの元へ行って様子見をし、お世話し、猫家事。

お顔周りやお尻周りが汚れていたので、綺麗にし、補液。
…もうお薬は必要ないね。

その後ずっと八重ちゃんのそばに居ました。
添い寝しながら八重ちゃんを撫でると、小さな声で返事するので、返事せんでいいよ気持ちわかるよと伝える。
お互い沢山の気持ちを伝え合いながら、一緒に船を漕ぐ。

しんどそうな様子の八重ちゃん。今まで看取った子に言ったように「もういいよ、逝ってえぇよ」とは言えなかった。
八重ちゃんは「ずっともっと一緒に居たい」と言うんだもん。頑張ってるんやもん。

他の用事をしたり、いつも通りの猫家事をしつつ、八重ちゃんの様子を見る。
ふと、死ぬのを待っているような感じがして、かぶりを振る。
…こんなにしんどそうやのに、頑張ってるのに、ワシ観てるだけでえぇんか?

撫でたりペットシーツを変えたりしながら、八重ちゃん可愛いね・ウチの別嬪さんと何回も伝える。
その度に、ニヤっとする八重ちゃん。

次第に様子が変わり、一声上げて逝ってしまいました。
31日からずっと一緒に居られたのは、八重ちゃんの気遣いかな。
八重ちゃんがそうしたいと思ったというより、私がしたいようにさせてくれた気が、すっごくする。


超が付くイケズで、ヤキモチ焼きの八重ちゃん。
八重ちゃん 誰がイケズやねん
それやのに、お母ちゃんのしたいようにさせてくれて、おおきにやで。


ではでは、八重ちゃんの可愛らしい写真をどうぞご覧下さい。
めっちゃくちゃ可愛いサビ柄猫なのです。自慢の保護猫です。
八重ちゃん もっとアタシを構って


みんなと一緒に寝る時は、センターが多いよね。
八重ちゃん 常にセンター

八重ちゃん みんなと寝子団子
そして、カメラ目線(笑) 自意識高い系女子やもんな。

八重ちゃん みんなと寝子団子2
ケンカをふっかける事も多かったけど、いつもみんなと寝るよね。

意外に寒がりで、ストーブつけるとノンちゃんと一緒にストーブ上に乗ったりして。
八重ちゃん ノンちゃんとストーブシェア
ノンちゃん、いつも八重ちゃんに席空けてくれて、おおきにやで。

八重ちゃんのそばに、父猫シロジや茶白の五郎蔵さんが居てる事、多かったね。
八重ちゃん ナイトに囲まれて寝る
父性を刺激するんかね、八重ちゃんは。


窓際のラック上がお気に入りで、よくカーテンに爪がひっかかってました。
八重ちゃん 爪、ひっかかってるよ!

八重ちゃん 爪ひっかかったまま寝る

八重ちゃん 爪がひっかかっても気にしない
爪がひっかかってても、気にせず寝る八重ちゃん。細かいこと気にしない派やもんな。

頑張って、よう通院してくれたな。
八重ちゃん 点滴ばっかりや

入院してる時にお見舞い行ったら、拗ねて怒ってたね。
八重ちゃん 寂しかってんからね!
淋しん坊やもんな。ゴメンやったね。


シロジを枕に寝てる姿も、可愛かった。
シロジ 八重ちゃんの枕に


こないだは、大御所のりゅう君を枕にしてたね。
八重ちゃん りゅう君を枕に

八重ちゃん りゅう君枕を堪能
今やから言うけど、りゅう君憮然としてたで。でも、ずっと枕役してくれて、りゅう君おおきにね!


ケンカっ早いけど、意外に猫付き合いも、まぁ良かった。
シロジと寝る八重ちゃん

そばちゃんと八重ちゃん 熟睡中
子猫にはキツかったけど、教育係としては良かったデ。

1人で寝るのも、好きやんな。
八重ちゃん 頂き物のベッドで休む

八重ちゃん 朝の様子
猫も、1人の時間大切。 我が家みたいに猫の数が多いと、特に必要やね。
…もっともっと自分だけを構って欲しかったやろうに。堪忍やで。

八重ちゃん「しゃーないとわかってたけど、アタシだけを構って欲しかったわ」
八重ちゃん 地震なんて知らんわ


八重ちゃん「ま、最期はずっとそばに居てくれたから、許したげてもえぇかな」
八重ちゃん あっかんべーだ
あ、そう? アンタ本当に親孝行な娘やね〜。おおきにね!


八重ちゃんは、シロジ・ユキちゃん・千重ちゃんと共に、私の職場裏で生活していました。
八重ちゃん 外生活時代
甲斐甲斐しくユキちゃんと子猫達のお世話をするシロジに心を打たれ、保護せなーと思い始めました。

野良気質の強い4匹。
保護のタイミングを計っていた時に、八重ちゃんが私に付いて道路間際まで来たのです。
往来が多く、当時は私が勤務するガソリンスタンドには、10トン車の来店が多かった。

八重ちゃんが笑顔で寄って来た様子を観て、こらアカン!保護せなーと、一気に捕獲。
八重ちゃん・シロジを同日捕獲し、一週間後に千重ちゃん、さらに一ヶ月後にユキちゃんを捕獲。
4匹が我が家で再会した時、それぞれがホッとした顔をしていた。

八重ちゃん、八重ちゃんのお陰で、シロジとユキちゃん、千重ちゃんが外生活とサヨナラ出来たんや。
ようやったな。偉いで、なんて偉い子やろう。

ようもこんなえぇ猫と暮らせて、ワシャーほんまに幸せですわ。
長生きさせることが出来んで、ホンマにゴメン…!!


募集記事に掲載していた、八重ちゃんの記事部分です。
八重ちゃん 2014年10/13サビ柄の八重ちゃん。職場裏で保護。シロジの子供。
野良時代は警戒心バリバリだったが、保護してからスリスリゴロゴロ。お客さんが来ると隠れます。
ヤキモチ焼き度は我が家で一番。スケ番っぽい所もあり。
目を合わせての会話を好みます。毛の密度は我が家で一番の濃さ。ご飯はカリカリメインです。
初期の腎不全とわかり、2014年秋から定期的に通院中。
2010年春産まれ。保護日は2010年8/25。
※2016年6月1日現在、デコルテ部分に怪我を負ったものの、完全復活!!

八重ちゃん、ウチに来てくれておおきに。可愛いよ。ウチの別嬪さん!!


プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
お買い物ついでに応援して頂くと  嬉しい&助かります!
amazonでのお買い物はこちら
Yahoo!オークション
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる